>
[Amazon] ゲゲゲの女房

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ゲゲゲの女房
ゲゲゲの女房で自分のブログにレビューを書く

ゲゲゲの女房

おすすめ!3.5 [3.5](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:69016位
  • Amazon価格:¥ 1,102
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4408107271(実業之日本社)
ゲゲゲの女房のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.5 [3.5]

ゲゲゲの女房

21:24:By 書籍メモ

  ゲゲゲの女房

JUGEMテーマ:Book review 「ゲゲゲの女房」(実業之日本社):武良布枝 わたくしの場合、本の購入はブックオフで105円のコーナーになります。 それでこういう本はよく読むのですが、大きな問題が一つ・… このレビューの続きを見る

ゲゲゲの女房

23:10:By icono pic

総集編で見てる。 毎日見ればよかったなぁ。 JUGEMテーマ:今日見たテレビの話 

『ゲゲゲの女房』を観賞。 友人の大石さんが脚本を書かれていて、同じ監督との2作目と言うことで楽しみにしていました。 最初から引き込まれ思わず見入ってしまいました。 水木さんの生き方とそれを支える… このレビューの続きを見る

製作年 : 2010年製作国 : 日本配給 : ファントム・フィルム上映時間 : 119分監督 : 鈴木卓爾音楽 : 鈴木慶一出演 : 吹石一恵 、 宮藤官九郎 、 坂井真紀&nbs… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ニュース 師走入った12月1日、先月に60語の候補が発表されて いた「2010ユーキャン新語・流行語大賞」が発表されましたね〜。 今年2010年の流行語大賞は「ゲゲゲの〜」が受賞。 NHK「ゲゲゲの女房… このレビューの続きを見る

先月、書かなきゃなーって読んだんでした。 朝の連ドラは見ていません。 隙間時間が出来た時にコンビニに売っていた唯一の小説だったので選びました。 コンビニ小説おかなすぎ。 ホームのキヨスクのミステリー三昧… このレビューの続きを見る

夏季休暇をとって旅行へ行きました。 今回は、昨年の伊勢旅行の続編とも言うべき「神話のゆかりの場所」を訪ねる旅。 昨年は「天の岩戸」で今年は「黄泉の国の入り口」です。 「伊勢に行ってきたの。」 と職場の… このレビューの続きを見る

朝ドラ、「ゲゲゲの女房」を見ています。 最初からではなく、東京での新婚生活が始まった頃から見始めました。 「ちりとてちん」以来の朝ドラです。 水木氏の漫画を読んだ事ありませんが、キャラクターはなんとな… このレビューの続きを見る

ITジャーナリストの佐々木俊尚さんのTwitterに興味深いものがありました。@sasakitoshinao「私は出演依頼や原稿依頼はTwitterでもオーケーです。逆にいきなり電話かけてくるのとかはやめてほしい。」http://twitter… このレビューの続きを見る

 巨人・水木しげると連れ添って半世紀。赤貧の時代、人気マンガ家の時代、妖怪研究者の時代、そして幸福とは何かを語る現在…常に誰よりも身近に寄り添って いた妻がはじめて明かす、生きる伝説「水木サン」の… このレビューの続きを見る

ゲゲゲの女房

12:53:By *SYK*

  こないだ初めてちょっとだけ見て、今朝久しぶりにまた見ました。 そんで今、公式サイトで今までのあらすじをがーっと読んできた。 連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』 何かええのう…。 お見合いでしかも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 してきましたよー!! 会議室!! いつものぱそでは、出来ないんだけど、 今日のは、できるじゃん!! 4番!!いい子!! で、色々観てきて、なんか、楽しかったー♪ みなさんのLOVEが、溢れ… このレビューの続きを見る

ゲゲゲの女房

15:52:By SEVENTEEN BLOG

【ゲゲゲの女房】 ゲゲゲとはもちろん鬼太郎であり、作者の水木しげるのこと。 そして本書の著者はその女房。 つまり、水木しげるの奥さんの半生記です。 観たことないけどNHK連ドラで放映中らしい。 数日前、め… このレビューの続きを見る

 著者は、『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親であり、妖怪研究の第一人者としても知られる巨人・水木しげるの夫人である。赤貧の時代、人気マンガ家の時 代、妖怪研究者の時代、「幸福とは何か」を語る現在……結婚… このレビューの続きを見る

NHK朝の連続テレビ小説が8時15分開始だったのが今回から8時になった。出勤前に見てから家を出られるようになった。 「ゲゲゲの女房」は、漫画家水木しげる夫人の武良布枝さんの自伝が原作。 引っ込み思… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ  毎日15分間の連続テレビ小説「ウェルかめ」が終わってしまったのだ〜〜始まった当初は、新しいドラマが始まったのも知らず、何気なく夫がこのドラマにチャンネルを合わせて見… このレビューの続きを見る

* 接骨院で超音波を当ててもらっている時に読んでいた女性誌で この本のことを知り、著者・武良布枝さんのインタビュー記事の、 「すべてを受け入れる」という言葉に、その場で泣きそうになりました。 そし… このレビューの続きを見る

ゲゲゲの女房

17:58:By ぶくわむ

ゲゲゲの鬼太郎の著者で知られる水木しげるさんの奥さんのエッセイです。 プロの方じゃない文章なのに、いや、プロの方じゃないからこそ?読みやすいです。すぐ読み終わりました。 極貧にあえいだ苦労時代、精… このレビューの続きを見る

関連する商品