>
[Amazon] 中国が世界に知られたくない不都合な真実

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

中国が世界に知られたくない不都合な真実
中国が世界に知られたくない不都合な真実で自分のブログにレビューを書く

中国が世界に知られたくない不都合な真実

3 [3](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:40197位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 170
  • ISBN/ASIN:4413037855(青春出版社)
中国が世界に知られたくない不都合な真実のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3 [3]

 中国の情報収集活動は、このように一人の確実な工作員に目的の情報を手に入れさせるのとは違い、人脈構成による情報収集活動の組織化を目指しています。その末端にあって日本人と接する中華パブのホステスや中国… このレビューの続きを見る

 実際のところ、レアアースの加工技術では日本が世界一。日本は安価で質の悪いレアアースを大量に買ってこれを生成加工し、製品化して、世界に輸出しているのです。これらの日本の精密機器を購入しなければ、中国… このレビューの続きを見る

 現代日本のマスコミには、私たちがありがたがるほどの価値があるのでしょうか? 私自身は、くだらない番組の中から比較的ましな番組を探す煩わしさや、購買意欲をあおるだけのコマーシャルに辟易し、ここ10年以… このレビューの続きを見る

 尖閣諸島領有問題に関する中国現地のニュースや軍事評論家、軍事マニアの論調を見ていると、すでに尖閣諸島は問題の中核ではなく、沖縄を中国領として回復できるかどうかということに論点が進んでいます。これは「憤青(憤怒青年=中華ネトウヨ)」や軍事評論家、軍事マニアに限ったことではありません。中国ではすでに小学生にも、「沖縄は中国の領土」だと教えているのです。

 日本人はいかに生きるかに重点をおきますが、中華民族は「生きる」ことこそがすべてであり、「勝ち残る」ことが強さの証明。その強さをもって、「中」心の「華」であり続けることこそが、中華のアイデンティティなのです。

関連する商品