>
[Amazon] 14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に
14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君にで自分のブログにレビューを書く

14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:141409位
  • Amazon価格:¥ 1,430
  • ユーズド価格:¥ 147
  • ISBN/ASIN:4418082182(世界文化社)
14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君にのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

積読解消

18:14:By saitama note

  さらに宮台本積読2冊。ゼロ年代以降、政治哲学色がかなり色濃くなっている印象。その他、効率のよい勉強や仕事を教えることよりも、勉強や仕事ができるすごい奴に「感染」せよ!という主張が主。すごい奴だ… このレビューの続きを見る

【今日の一冊】:県立図書館には子供向けの棚にあってなかなか発見できなかったのですが、ようやくレンタル。う〜ん、名著です! 本日は助成金の申請&長岡造形大学大学院修了研究展のために、久しぶりに古町… このレビューの続きを見る

14歳からの社会学

22:41:By モノ

簡単そうなので読んでみた。 確かに読みやすかった。 ただ、自分の中の何かが始まるようなことはなかった。 一言にまとめると、恋愛すればはっぴー!だもん。 あと、これ読んで学級崩壊したらどうしてくれる。 まぁ… このレビューの続きを見る

14歳からの社会学

18:28:By Bokunanote

 少し前に読んだ本社会学の何たるかが分かりやすく書かれている…でも恥ずかしながら既に30代の私にちょうどよいくらいの内容でした…先日の単純な脳、複雑な「私」も高校生に話をするというないようでしたが私に丁度よい内容でした…そういえば、政治のニュースや国際情勢はNHKの週刊子どもニュースをみて「そういう事か!」と理解したりする…はあ、中学から高校にかかけてもっと勉強していれば良かった。

宮台さんの本をちゃんと読むのは 初めてかもしれない。 名前は存じ上げているのですが……。 久々に来た自分の中での社会学ブーム。 頭がカタくなっているのか、 読むのに時間がかかりましたが あれこれ気になっていた事象が きゅーっとまとまっていく感じがしました。 感想については、また追記します。とりいそぎ。

 宮台本にウルッときたりしている。僕の周りは宮台好きでない人が多かった、かつ僕が読んでいた数少ないはずの本がことごとくアンチ宮台だったことから、長い間勝手に食わず嫌いだったのだが、うーんこれは。… このレビューの続きを見る

  2008年はこの本で終わり、2009年はこの本から始める。  よりによって宮台真司かよwとか言われそうですが。  心の中でちょっと泣いた  ことは正直に報告せねばなるまい。 --  「〓才からの」シリーズ… このレビューの続きを見る

 読み終わってからの感想は正直に書くと「ああそうだ、これは社会学の本だったんだ。やっぱりお勉強は好きじゃない」だ。私に興味があることは日常生活に湧く疑問の具体化とそれの解決策。日常レベルで「何が… このレビューの続きを見る

 今日から読み始めました。 まだ20Pしか読んでませんが、ターゲットが14才ということで、 他の宮台著の本と比べると、かなり読み易いです。 わたくし、御年(おんとし ってこれで良いの?)27才ですが、 文体… このレビューの続きを見る

関連する商品