DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 自分の小さな「箱」から脱出する方法 - アービンジャー インスティチュート, 金森 重樹, 冨永 星 のレビュー全39件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 自分の小さな「箱」から脱出する方法

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の小さな「箱」から脱出する方法で自分のブログにレビューを書く

自分の小さな「箱」から脱出する方法

おすすめ!3.8 [3.8](39件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:668位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 580
  • ISBN/ASIN:4479791779(大和書房)
自分の小さな「箱」から脱出する方法のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(39件) 3.8 [3.8]

  昨日は清原明音ちゃんと収録! カメラマンであり、整理術の達人♪     ありがとうございました。 「拓巳大学」で配信したいと思います! 12月24日にオープンしますよ… このレビューの続きを見る

凄いことはアッサリ起きる! 夢実現プロデューサー山崎拓巳の朝タク!   第17回【箱から脱出する朝・・・奇跡のやる気】 陶山浩徳さん@梅田 蔦屋書店    2016/12/17(土)   … このレビューの続きを見る

  体操男子、金メダル!凄!!!   そして・・・   博多の楽しい仲間たち!(笑)     おかべさん、博多絶大ボスキャラ!!!     よ… このレビューの続きを見る

こんばんは。 本日、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会から6月に行われるラグビーの日本代表対カナダ代表戦と「リポビタンDチャレンジカップ2016」の対スコットランド代表戦に臨む日本代表スコッド(候… このレビューの続きを見る

「できる」と思う。 「できない」と思う。 「やろう」と思う。 「やれない」と思う。 全てはうまくいっている。 そんな言葉が降りてくる。 「諦めよう」と思う。 「続けよう」と思う。 「大好き… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 どうもカツケンです。 自分の小さな「箱」から脱出する方法 読んだよ。 朝日新聞で五郎丸歩選手(ラグビー日本代表)が紹介したらしく、2006年に第一刷発行されてるに… このレビューの続きを見る

両親に腫れ物として扱われ、親子関係も築けない可哀想な子を演じるために両親に腫れ物として扱わせ、親子関係も築かせないようにしてたのか。ああ、なるほど…ってならないよなー。そんなに素直にはなれないよな。電… このレビューの続きを見る

TLで面白いと見かけて、Amazonで買ってしまいました。 SEやってるのに、つい最近Amazonを使い始めた軟弱者です。 それにしてもAmazon危険です。スマートフォンにAmazonの Androidアプリを入れたのですが、これが… このレビューの続きを見る

自分の小さな「箱」から脱出する方法

 家の本の整理整頓してたら、いい本いっぱいでてきました〜(笑)というか、まあいいや、を手放しているので、いい本ばかり残っています。この本は一度別の出版社からでて、絶版になっていまのかたちで出版さ… このレビューの続きを見る

日本版の「小さな箱から脱出する方法」が話題になっていたので。他人に対する批判、っていうのは全部自分の悪いところへの批判と同じ事だから(自分の嫌いな部分を外から見せつけられるのが嫌)、苛々するのはよく… このレビューの続きを見る

読書会の課題図書。「箱」という概念は面白かった。日常生活で「ムカッ」とくることがよくあるけれど、その時には「『箱』に入ってるんだなあ」と気付くようになったのがこの本を読んだ成果だと思う。 本の例… このレビューの続きを見る

 今日は歌ってきたです。いつも、ライブ最中、日本酒を抱えてやるのですが、な、な、な、なぁーんと、日本酒を手放してライブやりました。やっぱり、途中で緊張と緊張からくる震えでピアノミスタッチがありま… このレビューの続きを見る

 「自分の小さな箱から脱出する方法」 何年も前に買ったのですが 読まずにずーっと本棚に並んでいました。 最近になって読みたくなり、病院での待ち時間などを利用して読み始めました。 意外と面白い! と… このレビューの続きを見る

 自分の思考パターンは、生まれてこのかた、様々な学びによって形成されてきたものである。同様に、人間関係におけるパターンも、いつの間にか無意識のうちに身につけてしまったものである。夫婦、親子、会社… このレビューの続きを見る

いわゆる自己啓発本に当たるようですが、読み物として結構面白かったです。 行動の基準、もとい考え方の基準を何処に置くかによって何がどう変化するか、というような。 読んでみれば確かに納得できる部分が多かっ… このレビューの続きを見る

 大多数の人はそうだと思うんですが、正しいのは自分で、私をイラつかせるまわりの人が間違っているのだ、と。いままで疑いもせず思っていた考えが根底から覆される書です。 どうもわたしたちの脳は、自分の行… このレビューの続きを見る

自分の小さな「箱」から脱出する方法 ★★★★★ こういう本は一回は読むべき。と勝手に思う。 私は、この本に出合えてよかった。と心から思えました。 本書の小さな「箱」とは、自分の心の状態(閉じられた… このレビューの続きを見る

可愛いイラストでつづられた、自己欺瞞という名の箱から出る方法。 あ、このイラスト見たことある!と思ったら、死にカタログの方のイラストでしたね。 とても好きなイラストでほのぼのします。わかりやすいし。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス書JUGEMテーマ:読書ストーリー仕立てです。 「箱」とは、自分の殻を破るとよく言われますが、その「殻」と近いニュアンスだと思います。 人はそれぞれ「箱」に入ったり、出たり様々な状況… このレビューの続きを見る

面白い本を借りて読みました 貸してくれたのは、夫です 夫に勧めて下さったのは、DV防止教育センターの講師の方です ビジネス書といえば、ビジネス書なのでしょうけど、驚く程に深く大きなことが書いてありました… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本早いもので6月ですね 明日から、また新しい私の始動です 不安の方が大きいけど、 自分を信じて頑張るしかないですよね 27年目の自分と向き合い、逃げ出さないこと… それだけです 応援してくだ… このレビューの続きを見る

タイトル:自分の小さな「箱」から脱出する方法  人間関係のパターンを変えれば、うまくいく! 著者名:アービンジャー・インスティチュート ページ数:268P 読む目的:人間関係をもっと良くする 読… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス  人間関係の改善に、大きな気づき、変化を与えてくれる本。この書では、自分を欺いている時に、「箱の中」という表現をしてます。自分を欺いている=自己欺瞞。僕は本を読むとき、速… このレビューの続きを見る

こっちを立てればばあっちが立たず・・・・ 人間関係は難しい・・・ 特に会社での人間関係は・・・微妙である 馬が合わない人・・・・ 嫌いな人・・・・・ うざい人・・・・・ 仕事をしていく上で避けて通れない・・・ ”うまくいかないなぁ〜”も〜

タイトル:自分の小さな「箱」から脱出する方法  著者名:アービンジャー・インスティチュート ページ数:268P 読む目的:人間関係をもっと良くする 読んだ時間:90分 読んだ感想を一言:自分への裏切りに対… このレビューの続きを見る

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』 読んだのはかなり前。読んだことの備忘録に。 自分の本心が「やるべき」「やった方がいい」と思っていることを、 様々な理由をつけて「やらない」。 それが自分に… このレビューの続きを見る

なんか、また余計な事を言いそうです・・・・ どうでもいい事に、首を突っ込みたくなる 野次馬根性です・・・・ 見過ごせば良いことなのに、 変に正義感を出してしまうというか、 おせっかいというか・・・・ 人間の器が小さいのでしょうか・・・・ 納得のいくまで結論がでなければ 気のすまないB型気質です・・・・

3.8

book_2008_015

00:47:By meganeblog

GWの出張の移動の新幹線で読みました。 期待してませんでしたが、内容は◎でした。 自己啓発系の内容なら嫌だなと思っていましたが、全く違っていました。 人に対して感情が生まれるプロセスを少し大袈裟に言うと科学的に扱った良書です。 JUGEMテーマ:読書

まいったね。この手の自己啓発本をここまで情熱的に一気に読み切ったのは初めてかも知れない。 箱というキーワードに全てが入っているというのがいい。なんだろうな、上座部仏教にはまった時と同じ感じがする。… このレビューの続きを見る

久しぶりにすごい本にあった。 まさか、ビジネス系の書籍で、 そんな出会いがあるとは思わなかった。 カーネギーから、からはじまり、 齋藤一人、ジャックウェルチ、大前研一等々、 自己啓や、ビジネススキル、コ… このレビューの続きを見る

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本がとても面白かった。 人間関係に悩んでいる人、自分のことがわからない人が 結局、どんな本を読んでも、どんな賢者に聞いたとしても、 結論は「あなたの考え方次… このレビューの続きを見る

今日は【コミュニケーション】を勉強。 独学で勉強していた交流分析が出てきた。割と覚えていたのでさくさく進む。 「ソーシャル・スタイル」っていうのは聞いた事なかったけど、また一つ(自分にとって)新しい考… このレビューの続きを見る

これ、良い本だねー。佐藤君ありがとう。 いろいろ耳がいたい話がいっぱい! これをちゃんと克服するっているのは、 人間である限り究極的には無理なのかもしれないけど、 バドの言うように「よりよくなろうと思う」ことが重要なんだなーと。

自分購入用備忘録 ・・・ノーマークでした。

よりよきビジネス、人間関係、家庭生活のために、時には、もしかしたら自分は今「箱」に入っているのではないかと疑ってみることが大切です。 あなたをとりまく人間関係のトラブルを、一挙に解決する考え方を紹介… このレビューの続きを見る

非常に感銘を受けた。

自分でしらないうちに作り上げた枠を取っ払う方法が書いてあります。 こだわらない、こだわらない。 自分の中にこもらない。 どちらかというと、日本的な考えではありません。 アメリカンっぽい考え方です… このレビューの続きを見る

関連する商品