>
[Amazon] 教養としての大学受験国語 (ちくま新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

教養としての大学受験国語 (ちくま新書)
教養としての大学受験国語 (ちくま新書)で自分のブログにレビューを書く

教養としての大学受験国語

おすすめ!3.7 [3.7](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:66715位
  • Amazon価格:¥ 990
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480058532(筑摩書房)
教養としての大学受験国語 (ちくま新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.7 [3.7]

 教養としての大学受験国語  著者 : 石原千秋

完全な教養・うんちく本か、完全なエンターテイメント本が好みのくろかわです。 例えるならドキュメンタリーかハリウッドか、的な。アメコミ原作映画大好きです。 でも、今回の本は完全な教養本。自分内教養部門ラ… このレビューの続きを見る

頭遅い

11:30:By Hamming Bird

最近読んだ本とか読んでる本。 yomyom9、大学受験のための小説講義・教養としての大学受験国語。 いやぁ、小説はまだ読めるんだけど、なんとか論とかは結構難しいなぁ…。 大学受験用って事は、高校を終えるころの年… このレビューの続きを見る

高校・大学生の学力低下が社会的に問題になっているが、憂うべきなのは知識量の低下よりも、自ら考えるための思考力の低下である。大学受験国語は、限られた条件の下での出題とはいえ、高校の「国語」よりもはるか… このレビューの続きを見る

私が受験時代に最も得意としていたのは「現国」だった。 全国2位で偏差値が90台だったことがあるというのをいつも生徒に自慢している。 自分で塾を始めてから論理エンジンやセンター国語の無料補習などを… このレビューの続きを見る

関連する商品