>
[Amazon] ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちく...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)で自分のブログにレビューを書く

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

おすすめ!3.6 [3.6](39件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:16582位
  • Amazon価格:¥ 864
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480062858(筑摩書房)
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(39件) 3.6 [3.6]

●本日の読書 ・「ウエブ進化論 〜本当の大変化はこれから始まる〜」梅田望夫/ちくま新書 ISBN : 4-480-06285-8 「下流社会」「人は見た目が九割」以降、新書は各論ばかりで総論がなくつまらないものと決め… このレビューの続きを見る

 ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる  著者 : 梅田望夫

『ウェブ進化論』

13:58:By Proc Blog

 JUGEMテーマ:読書今年6冊目。

グーグルがウェブの世界を 席巻するまでの流れを簡潔に説明してある。 IT 革命からハードやソフトのチープ革命を経て Web 2.0 時代への突入を非常に分かりやすく明瞭。 マイクロソフト、アマゾン、ヤフーと… このレビューの続きを見る

 おはようございます。休日も早起きに挑戦中のむるです。今日も朝から一人読書会してます(笑)それでは先日に引き続き、最近読んだ本&読みたい本というお題で今日もサクッと行ってみましょう。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる 満足度 ★★★ 果たして、ちゃんと理解できたのか、、、 一度読んだだけでは良くわからない部分もあり。 ウェブ進化論 ウェブ進化論。著者はWeb2.0となる世界… このレビューの続きを見る

今日は近々締切の迫っているレポートについて考えていることをダラダラと、でも手短に書いてみます。僕が言いたいのは1つで、「まあ落ち着け」ということです。ふざけているでしょうかwそれを1、マスメディアの報… このレビューの続きを見る

 ある日ブックオフに行ったところ、この本が100円で売られていたので、特に躊躇うことなく買ってみました。この本は有名であり、すでに多くの議論がなされていると思うので、僕が何かを言うことはできないので… このレビューの続きを見る

web進化論 本当の変化はこれから始まる梅田望夫転職して環境も変わったことから休日の勉強が非常にウェイトが高くなってます。on offの付け方をきっちりしないとダメだな。休むときは休む。勉強するときは勉強する… このレビューの続きを見る

 第1回目に12月のゼミ展のテーマ設定し、今回は2回目。僕はインフルのため欠席していたためこの日からゼミがスタートしました。決まったテーマは「ボーダー」。なので、まず自分の思いつく限りのボーダー… このレビューの続きを見る

■以下、本文より 組織を興したあと私は、「シリコンバレー人として活躍する日本人たち」を訪ね歩き、彼ら彼女らの来し方から何か学びたいと思った。そんな行脚を一年半ほど続けるうちに、日本という国は「いったん… このレビューの続きを見る

サービス名はてなダイアリー price無料(有料オプションあり、でもつかってない) このサービスについて知っていること本社は現在京都にある。社長は京大卒で76世代の近藤さん。かつて自転車レーサーだっ… このレビューの続きを見る

 ウェブ進化論 梅田望夫さんの書かれた本です。これは、とにかく読みましょう。これからの時代を今までの時代と比較しながら、書いてくれています。この内容が正しいとか正しくないかとかではなく、すでに社… このレビューの続きを見る

ドイツ映画『善き人のためのソナタ』は、旧東ドイツの諜報機関シュタージ(国家保安省)の実態を真っ向から描き出したはじめてのドイツ映画として話題になり、今年(2007年)アカデミー賞の外国語映画賞を受賞。日本… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 復活。 だからというわけではないがこの本を。 今更ですが ようやくオープンということがどいうことかがわかった気が・・・。 ここでもっと勉強です。

JUGEMテーマ:読書 いまさらですが、今読んでいる本です。 なかなか・・・面白いです。

読むのにめっちゃ時間かかった。 かるく2週間?? レバレッジリーディングとか読んでおきながら…笑 2006年に書かれた本なのに,しかも私のなかで変化がめまぐるしいイメージのあるIT系の本なのに,内容は2008年の今読んで… このレビューの続きを見る

この本は2006年に1度読んだ本なんですが、久しぶりにまた読みたくなって手に取ってみました。 今でも十分に学ぶべき事ができ、また、学ぶことが多い本ですね。 このウェブ進化論によって、日本には「ネットのあちら側」「ネットのこちら側」という概念が一般的に広まりました。 僕もこの本を読んでから、はてなとかちょっと注目するようになりましたからね。

JUGEMテーマ:注目★BOOK 2年前くらいのベストセラーです。 今更な感がありますが読んでみました。 大学では未だに勧められる一冊です。 自分がそういう分野にいるからでしょうが。 ただ、教科書というよ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:コンピュータ 今年読んだ24冊目に当ります、ウェブ進化論。 発売は2006年でしたが、今読んでも「なるほど、これからやってみよう」と思える内容が書かれています。今ウェブの世界で起きていることを… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス 言わずとしれたWEB2.0の火付け役

ITについてもう少し詳しくなりたいと先輩に相談したら、梅田望夫の一連の著作を紹介された。 梅田さんは、シリコンバレー在住で、(株)はてな取締役。 はてなダイアリーというブログを使っている人も多いと思うけ… このレビューの続きを見る

   おととしのベストセラーの本だったかな。本のタイトルをちょくちょく耳にしていたので今更ながら読んでみることに。  チープ革命、オープンソース、Web 2.0‥。ネットの「あちら側」――サイバースペース? … このレビューの続きを見る

『ウェブ時代をゆく』に刺激を受けたので、知人から借りて読みました。 人生論に焦点を当てた『ウェブ時代をゆく』とは趣が異なり、 こちらはウェブの進化によって生まれるサーヴィスや技術の可能性についての説… このレビューの続きを見る

3.6

ウェブ進化論

11:08:By emonblog

ついつい気を抜くとどんどん月日は流れ、大変な事になってるね。 お疲れ様です。えもんです。 どうも日々の疲れに全力で負け、毎日がぐだぁって進んでる感じがします。正直夜遊びに行けない。無理。 転職… このレビューの続きを見る

キーワードは「不特定多数無限大」。 インターネットの発達により、不特定多数無限大が簡単に実現できるようになった。そのことにより、情報の流れが従来は選ばれた者からの一方的な情報発信の世界であったが、今… このレビューの続きを見る

ウェブ進化論

21:54:By // M-up //

web2.0だのロングテール理論など難しい言葉覚えるより 今ネットでなにが起きているか感じることが大事 それを感じさせてくれる本がコレです。

ドイツ映画『善き人のためのソナタ』は 旧東ドイツの諜報機関シュタージ(国家保安省)の実態を 真っ向から描き出したはじめてのドイツ映画として話題になり、 今年(2007年)アカデミー賞の外国語映画賞を受賞。 … このレビューの続きを見る

他社コンサルティング会社の方々と食事に行く機会がありました。 そこでは、日常の他愛もない話から、現代社会の問題や改善点、 各人の今後の活動方針などについて語り合ったわけですが、、 そのなかで、「効… このレビューの続きを見る

美日記とは若干ちゃいますが、 本職のマーケティング関連の本のレビューを…。 ---------------------------------------------------------------- ちょっと前に読んだ本ですが、思うところあり再読してみまし… このレビューの続きを見る

今更という感じはするが、一応この本を読んだ感想を書き留めておきたいなと思ったので。 ITの進歩によって世の中は格段に便利になったと思うし、これからもその技術の恩恵にあずかる場面は増えていくだろうと思… このレビューの続きを見る

この本は1年以上前に出版されたものでけっこう流行った。 web2.0という新たなパラダイムに突入した現在では今までの常識が通用しなった。例えばパレートの法則(別名2:8の法則)なんてものが当てはまらなくなってき… このレビューの続きを見る

WEB2.0ブーム火付け役ともいえる1冊。必読ですね。

WEB2.0時代の幕開け、ここから大きなパラダイムシフトが始まります。○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○××□□○○×… このレビューの続きを見る

グーグル ロングテール ブログ など ちくま書房

以前ブログを書いていたことがあったのですが、 個人を特定したがる友人がいたり、 思っていることを思うように書けなかったりで、 やめてしまっていました。 私の中からブログというものがすっかり抜けてし… このレビューの続きを見る

この本には、グーグルという企業がいかに凄いのかが書かれています。 どれくらい凄いのかというと、 「全世界の天才を集めて組織されている会社」と表現すればわかりやす いでしょう。 ウェブ上のシステム… このレビューの続きを見る

読んだ。ネット上の彼のコラムは結構読んでいたんだけれども、いくつか新しい情報あり。オープンソース的アプローチによるコレラ治療法探しとかは、素直に感動した。だがしかし。彼も指摘しているとおり、このアプ… このレビューの続きを見る

関連する商品