>
[Amazon] つっこみ力 (ちくま新書 645)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

つっこみ力 (ちくま新書 645)
つっこみ力 (ちくま新書 645)で自分のブログにレビューを書く

つっこみ力

おすすめ!3.3 [3.3](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:246196位
  • Amazon価格:¥ 770
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480063471(筑摩書房)
つっこみ力 (ちくま新書 645)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.3 [3.3]

残念ながら土地ってのは、売るか貸すかしないかぎり、一銭にもならないんですよ。自分がいま住んで、暮らしている土地が値上がりしたからって、そうおいそれと売るわけにはいかないでしょう。 (中略)  自分の土地が上がったってことは、周りの土地もみんな値上がりしてますから、新しい家なんか高くて買えません。   JUGEMテーマ:読書  

欧米では、住宅ローンは基本的に、家そのものだけを担保としています。もしローン返済途中でお手上げになったら、ローンを借りた銀行などに担保の家を差し出して、その時点でローン返済は終了となります。(中略) 欧米では住宅ローンは、おもに家の資産価値に対して貸すもので、日本の住宅ローンは、おもに人の支払い能力に対して貸すものだという違いです。   JUGEMテーマ:読書

日本の庶民派マイホームに夢を託し続けるようになりました。家を手放してもなお、借金が残るくらいなら、いっそのこと自殺して保険金でローンをちゃらにして、家族に夢を残すのが男の甲斐性だ、みたいに思い詰めち… このレビューの続きを見る

 いまの日本は、しあわせです。養老孟司さんは、ホームレスでも飢え死にしない豊かな社会になったのに、失業率が高いと騒ぐのは、わけがわからんと書いていましたけど、まさにそこが、不思議なんです。   JUGEMテーマ:読書

理論的には、失業者の絶対数が減れば、当然、失業率は下がりますよね。てことは、失業者がどんどん自殺すると、失業率が下がって、景気が回復したように見える、という悪魔的なシナリオも成り立つんです。   JUGEMテーマ:読書  

 さて、投書する際に無職と書くことに抵抗のある見栄っ張りがたくさんいることはわかりましたが、彼らが取る手段としてもっとも多いのは、なにかわかりますか。(中略) 一番多いのが、元教師・元校長で、(中略)教育問題と関係ないネタでも、元教員と名乗るのですから、教員のみなさんのプライドの高さといったら、尋常せはありません。   JUGEMテーマ:読書

 昔からよく、職人は自分の道具箱の中を他人に見せないといわれてます。(中略)小関智弘さんは長年の職人としての経験からそれに異を唱えます。隠しているのは優れた技ではなくて、技の貧しさだというんですね。下手くそな職人ほど、手前の腕を見破られるのをおそれて道具を隠すんです。  わかりにくい説明をする学者も、これと同じじゃないですか。   JUGEMテーマ:読書

 つっこみ力  著者 : パオロ・マッツァリーノ

つっこみ力

22:46:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  超・笑った。何っじゃ、こりゃ!! 情報学の中の1冊として紹介されていたんだがね、筆者の名前から経歴からあやしすぎるし、中身は更に抱腹絶倒で、何って説得力だ! 結局、情報を吟味するってのは、つっこみ力に他ならんのだよ。うわあ、すっきり。

お笑いの本じゃありません。真面目なことに面白おかしくつっこみを入れようって話です。まぁ、お笑い大好きな感じだけどね。この「パオロ・マッツァリーノ」という著者は「スタンダード 反社会学講座」(http://ma… このレビューの続きを見る

3.3

目が痛い

22:24:By ほどほど日記

つっこみ力 (ちくま新書 645)パオロ・マッツァリーノ筑摩書房発売日:2007-02-06ブクログでレビューを見る»私もないなあつっこみ力。愛と勇気とお笑い。「世間知」て言葉を初めて知りました。それを知らんのが… このレビューの続きを見る

つっこみ力

20:41:By 教養バカ一代

 自称イタリア生まれのパオロ・マッツァリーノ氏による社会学の本。「つっこみ力」というタイトルではあるが、漫才の本ではない。2006年夏に家政法経学院大学宝塚記念小講堂で行われた、著者による講演会を収録し… このレビューの続きを見る

3.3

つっこみ力

10:35:By 野良犬の時代

 前からずっとずっと読みたくて読みたくていたパオロ・マッツァリーノさんの本 プロフィールからしてぶっとんでる 分かりやすい語り口なので気軽に手にとっていただきたい 人は正しいことをしていてもおもしろくなければ興味をもってもらえないし、わかりやすさを追求することすることは相手に愛をもって接することだと言っていてそこはなんだかすごく共感したなぁ

ニコニコ動画やサイトに字幕をつけるのは かなり広まりましたが、たまに仕事で入ってくる メールにもツッコミを入れたくなります。 直接返信にすると偉い人相手だと そんなことはできません。 とくに大量にCCのついたメールに アフォでバァカな内容だったりすると 特定の人(偉い人)だけCCを外して 容赦ないツッコミの字幕がながれたら おもしろいな。

この方の名前をはじめて知ったのは、『反社会学講義』(まだ読み途中)で、表紙が印象的で頭に残っていました。 外国の方と思っていたら、日本人なのですね(気づくの遅い)。 ”つっこみ力”。 ネーミングがい… このレビューの続きを見る

自称イタリア人であるパオロ・マッツァリアーノの正体は・・・?

「メディアリテラシー」とか言わないで「つっこみ力」を。 分かりやすさと、お笑いと、愛を。 データはあくまでもツールであって、判断するのはヒト。

『つっこみ力』

13:33:By 浪人巡礼

Kindle版はこちら   評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください 本書は、謎のイタリア人(?)戯作者、パオロ・マッツァリーノ氏による社会科学エンターテインメントの第三弾です。 今回… このレビューの続きを見る

どこの書店でも平積みで「よく売れてるな〜」と思ってはいましたが、 てっきり“お笑い系”の本だと思って買わずにいました。 先週「王様のブランチ」で松田哲夫さんオススメの1冊で紹介されていたので読んでみた… このレビューの続きを見る

人は正しさだけでは興味を持ってくれません。人はその正しさをおもしろいと感じたときのみ、反応してくれるのです。 この2行で十分だと思った。いや、おもしろかったけど。

つっこみ力

20:57:By 金魚のアレコレ

タイトルが気になる。 ものすごく気になる。 関西人の血か…。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品