DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか - 梅田 望夫 のレビュー全39件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ち...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)で自分のブログにレビューを書く

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか

おすすめ!3.5 [3.5](39件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:100166位
  • Amazon価格:¥ 799
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480063870(筑摩書房)
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(39件) 3.5 [3.5]

 ウェブ時代をゆく いかに働き、いかに学ぶか  著者 : 梅田望夫

『ウェブ進化論』の完結編が本書にあたる。 梅田望夫の前著が ウェブの世界について、広範的に網羅されていたのに対して 『ウェブ時代をゆく』では、それぞれのテーマをより深く掘り下げている。 新たなリ… このレビューの続きを見る

あとがきで述べられているように、この『ウェブ時代をゆく−いかに働き、いかに学ぶか』は、ウェブ時代の意味を描いた『ウェブ進化論』と対になった「その時代に生まれる新しい生き方の可能性」をテーマとしている。… このレビューの続きを見る

Webやインターネット関連の職業の人に向けたものではなく、それらがこれほどに普及してきた現代の(とくに)若者へ向ける仕事論、人生論を綴ったもの。 わたしは勝手に「現代を生きる若者の中で某かの息苦しさを感… このレビューの続きを見る

「人生をうずめる」誰かがいないと、オープンソースは回らない、という格言がいいですね。 午前中は、監事様とスタッフの方に取材日程調整の件でメール。いつも迅速なお返事、ありがとうございます!なんとかスム… このレビューの続きを見る

「ウェブ進化論」に関しては私にとってそこまで興味を引く内容もなく正直あまり心に残らなかったので、なんとなくタイミングが合わなくて読みそびれていた本でした。 「ウェブ進化論」とは違い、これからどう生… このレビューの続きを見る

大ベストセラーとなった『ウェブ進化論』は、主として現在のWeb状況の解説のほうが主体になっていた感があるが、今回はそれを踏まえた上でのWeb2.0時代における"生き方"に重点をおいて説いている。

JUGEMテーマ:読書 「ウェブ進化論」に引き続き読んだ。 勉強になります。そして厳しいが良い時代だとも思える様になった。厳しいというのはやはりというか当たり前というか自分次第ということだ。 この本のな… このレビューの続きを見る

「ウェブ進化論」の梅田望夫さんの「ウェブ進化論」の続編的な本です。 齋藤孝さんとの対談集「私塾のすすめ」が非常に内容が濃かったので、別の本を読んでみたいと思い手に取りました。

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります この本は、ベストセラーになった『ウェブ進化論』の姉妹篇ともいうべき本です。 『ウェブ進化論』の紹介記事 『ウェブ進化論』は、「リアル世界」とは別の法則で動く… このレビューの続きを見る

ベストセラー『ウェブ進化論』と対になった著作で、あそこで描かれていた時代(といっても、『ウェブ進化論』は未読だが)のなかで、「いかに働き、いかに学ぶか」を述べた本。「ロールモデルが重要」という話自体は… このレビューの続きを見る

本書を読む前にネットで書評に目を通していたこともあり、「知の高速道路」「高く険しい道」「けものみち」等、独特な表現が注目されていたような印象を抱いていた。また、元コンサルタントが、今の時代を解説す… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書超理想論の本です。現状に疑問を抱いている人が読めばかなり元気付けられると思います。 なぜ、元気付けられるか、というと、とことん理想的な精神論を語っているからです。そこには瑣末なネガテ… このレビューの続きを見る

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか 就職活動中なので、とても考えさせられた本。 大きな組織で働くのか、小さな組織か。私は大きな組織でないとダメだろうな。  本で紹介されている人たちみたい… このレビューの続きを見る

webの嫌な面じゃなくて、 こういう話をずっと聞きたかった。

今年になっていくつか読んだ中で、自分の胸に響くものがあった本です。 とくに、第3章の「高速道路とけものみち」は、これからの自分の生き方、働き方をどうするべきかを考えさせられました。

小説でない本は久しぶりなような気がします。 ものすごく、難しい内容ですが、 とてもわかりやすい本だと思う。

不可避的に進んでいくウェブ進化。 インターネットが「人生のインフラ」になる時代に、利便性や自由の代償として、私たちは「新しい強さ」を身につけていく必要がある。 そのウェブ時代を生きるためのヒントが説… このレビューの続きを見る

最近、仕事が忙しいのと夜中は寒いのとでなかなか読書の時間が取れませんが、 (言い訳が多いのはよくないですね、笑) やっと読み終えました。 ご存知、梅田望夫さんの本(2007年11月初版)です。 ウェブ進… このレビューの続きを見る

発売日に買って読み始めて、NY旅行の飛行機の中で読み終わった本。やっぱり、ひとつひとつ自分のものにしていかないと、本を読む意味がないと思ったから、この課題やらテスト勉強で忙しい時期だけど、この本にかん… このレビューの続きを見る

まず印象に残ったくだり。 「成功するかどうかは、人生をうずめている奴が一人いるかどうか」 力のある言葉だと思った。 全体的に言葉に力のあるくだりが多い印象をうけた。 「けものみち力」 「正しい… このレビューの続きを見る

社会構造が大きく変化し、価値観の大きな転換点である現代において、ウェブ社会を活用した新しい生き方を提示しているという点で価値ある一冊だと思います。 好きを貫くための専門性や、専門性と強みを組み合わ… このレビューの続きを見る

著者が「後にITが世界を大きく変えた時代と総括されるだろう」と予想する1975年〜2025年の半世紀はちょうど僕が生まれてから50歳になるまでの50年。今はその真っ只中。 ネットは基本的には弱者と親和性が高く平等… このレビューの続きを見る

大ベストセラーとなった「ウェブ進化論」は、主として現在のWeb状況の解説のほうが主体になっていた感があるが、今回はそれを踏まえた上でのWeb2.0時代における”生き方”に重点をおいて説いている。 ウェブ進化とおいて、われわれは「一身にして二生を経る」時代に生きるという。 ところが世の中はいまだに....

ベストセラー『ウェブ進化論』で、グーグルやブログなど、進化するインターネットの世界をわかりやすく紹介した梅田望夫氏。本書はその続編ともいうべきもので、進化したインターネットの世界で、われわれ(特に若… このレビューの続きを見る

読んだの自体は少し前なのだけど、ITProに梅田望夫×まつもとゆきひろ対談「ウェブ時代をひらく新しい仕事,新しい生き方」が掲載されたこともあって書いておく。 平行してクリフォード・ストールの『インターネッ… このレビューの続きを見る

IT系人生読本。だれでも高速道路にのって、ある程度の先端まで行ける時代。けれどもやっぱり、突き抜けてトップに立ち、飯を食えるのはいつもごく一部。では、それ以外のそこそこ優秀な人たちはどうすればいい?と… このレビューの続きを見る

◆『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか』(梅田望夫) ちょうどいいタイミングでこの本に出会った。 私がここ最近迷ったり悩んでいたりしていたことに、一つの示唆を与えてくれた本。 「好きなこと… このレビューの続きを見る

"自らのコモディティ化に対してだけはParanoid であるべき” これは、自分に対して大きな警告をならしている一文でした。「この先、大渋滞にはまるだろうなあ、だからやめておこう」ではなく、とりあえず行けるところまで行ってみる。 とりあえず高速道路に乗ってみます。

<感想>★★★★  面白く、一気に読んだ。ネットの可能性に対し、楽観主義でよいと思う。ということで愉しんで読めたのだが、少し気になったことがあるので、そのことについて少し書いてみたいと思う。  ずばり… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 自分が納得できる 好きなことしか、やりたくない。 その代わり、それができる環境づくりや、準備には 人並み以上のエネルギーや、時間を費やすことも厭わない。 いくつかの職場を経験し、 そ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 本日、丸善丸の内本店で行われた梅田望夫さんの講演に行ってまいりました。 最初から余談で申し訳ないのですが、講演は8時ジャスト、質疑応答も8時30分ジャストに終わったのが「プロだ…」と… このレビューの続きを見る

オススメ☆☆☆☆ やはり悪い面ばかり見るのではなく、よい面を語りましょうよ♪ この人の楽天的な発想が好き!!

発売になったと知ってから買うまでワクワクしっぱなしでした。ウェブ進化論のときは著者の名前はもちろん本の内容を知らずに読んで、今がどんな時代なのか、そして今が時代の大きな転換期に入っているんだというこ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:インターネット  『けものみちにけものが、わんさか出て来た時、   高速道路が、スイスイだったとしても、   楽しい自信がありますか?』   当ブログのタイトルの元ネタになっているの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 梅田さん将棋が趣味なんだ 作家志望への外国語の変わりに求めるウェブ・リテラシのハードルが高いなぁ この本は完結編と言うことで ツッコミ所が少ないというか親身の指導というか これから… このレビューの続きを見る

発売を楽しみにしていたこの本、 昨日のお昼休みに丸善・丸の内本店まで足を伸ばし購入しました。 (講演&サイン会の整理券、いただきました。楽しみです〜) 文字が光って見えるくらい楽くて面白かったです… このレビューの続きを見る