>
[Amazon] 教養としてのゲーム史 (ちくま新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

教養としてのゲーム史 (ちくま新書)
教養としてのゲーム史 (ちくま新書)で自分のブログにレビューを書く

教養としてのゲーム史

おすすめ!4.2 [4.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:366184位
  • Amazon価格:¥ 799
  • ユーズド価格:¥ 162
  • ISBN/ASIN:4480066233(筑摩書房)
教養としてのゲーム史 (ちくま新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4.2 [4.2]

 最近、ゲームの作家さんに注目する機会が多く、ぼくがかつてどういうゲームの物語にはまっていて、それを書いたのは誰なのかなあと振り返ってみることにしました。 1987年 ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島(任… このレビューの続きを見る

 教養としてのゲーム史  著者 : 多根清史  分類 : 797.9

7:30起床。8:00から練習。 今日の分。 mixiニュースで、海外ゲーマーが選ぶのちのジャンルを決定づけたゲームは?みたいなキャプションの記事があった。 JRPGはFFって書いてあったけど、JRPGはドラ… このレビューの続きを見る

ドラクエ10発表後のスクエニ株の大暴落は、ある意味、象徴的な出来事だと思った。 3DSの緊急値下げに任天堂の株価の暴落、 WiiUの市場の冷めた反応、 で、今回のドラクエの件。 時代は変わった、と、そう思い… このレビューの続きを見る

マジで胸が熱くなるエピソードが満載です。 アタリ社のビデオゲーム「ポン」の膾炙から始まったゲームの歴史… ポン→ブレイクスルー→インベーダー→ギャクシアン→ギャラガ この系譜を追っていく話だけでも熱い… このレビューの続きを見る

関連する商品