DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 図書館の神様 - 瀬尾 まいこ のレビュー全16件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 図書館の神様 (ちくま文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

図書館の神様 (ちくま文庫)
図書館の神様 (ちくま文庫)で自分のブログにレビューを書く

図書館の神様

おすすめ!3.8 [3.8](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:43266位
  • Amazon価格:¥ 540
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480426264(筑摩書房)
図書館の神様 (ちくま文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.8 [3.8]

思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。…「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!…清く正しくまっ… このレビューの続きを見る

初出2003年12月、マガジンハウス社より。 「雲行き」は『鳩よ!』(2002年5月号、マガジンハウス)に掲載。 2009年7月ちくま文庫にて文庫化。 (再読時の感想) 再読。懐かしく読めました。。過去の事件にて… このレビューの続きを見る

読書ブログで人気のある 瀬尾まいこさんを読んでみる。 『 図書館の神様』 やる気のない新任教師(しかも不倫中)の部分はリアル。 文芸部の生徒や弟のやわい所は非現実的。 『戸村飯店青春100連発』 この… このレビューの続きを見る

 おなかがすいてたまりません、かじこですどもども。最近、異常におなかがすく。月一メンテナンスの時期っていうのもあるんだろうけど、それにしても異常な気がする。まぁ食事をおいしく取れるのはいいことな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書私の夏の課題図書(笑)瀬尾まいこの「図書館の神様」 読みました。薄っぺらな本なので、あっという間に読めると思って、あっという間に読んでしまったのですが、2回も読み直してしまいました。… このレビューの続きを見る

若い女性の一人称でつづられる平易な文章で、内容がすーと頭に入ってきます。主人公である高校の新米教師・清は、部員が一人しかいない文芸部の顧問になるのですが、その唯一の部員である垣内君と接することで、影… このレビューの続きを見る

主人公は、清く正しい青春をバレーボールに捧げてきた、その名も清(きよ)。 あることがきっかけで、夢をあきらめて教師になるべく、海の見える中学校に赴任する (教員採用試験に受かっておらず、臨時雇いではある… このレビューの続きを見る

一人の大きな愛もいいけど、たくさんのささいな気持ちも悪くない。瀬尾さんの作品は、あたたかい。傷を負ったものをやんわりと包み込む感じ。ひょんなことから文学部の顧問になった主人公がそこから少しずつ自分を… このレビューの続きを見る

一人の大きな愛もいいけど、たくさんのささいな気持ちも悪くない。瀬尾さんの作品は、あたたかい。傷を負ったものをやんわりと包み込む感じ。ひょんなことから文学部の顧問になった主人公がそこから少しずつ自分を… このレビューの続きを見る

3.8

図書館の神様

17:47:By

思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、 驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。 「垣内君って、どうして文芸部なの?」 「文学が好きだからです」 「まさか!」 清く正しくまっすぐな青春を… このレビューの続きを見る

 図書室の神様/瀬尾まいこ ちくま文庫

JUGEMテーマ:写真日記 主人公のキヨ先生と同年代で、なおかつ高校に教育実習に行っていると言うこともあるし、中学高校時代は、学校の休み時間は図書室で読書ばっかりしていたけど、ダンスの研究所に行くと汗水流… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】文学の興味がないのに文芸部の顧問になってしまった清。小説どころか漫画すらあまり読まない清は、文芸部といってもどんな活動をすればいいのかわからなかい有様であった。仕方なく、文芸部唯一… このレビューの続きを見る

図書館の神様瀬尾まいこ著ちくま文庫瀬尾まいこの小説ならびに映画は過去のエントリでも紹介した通りである。基本的に、この人あんまり好きじゃないんです。死を軽々しく描いているように思えるからです。今回も、… このレビューの続きを見る

9/23

00:10:By ナポリタン

この本、7月にどこかで裏の紹介文を読んで「あ、読みたい」って思ったのですが、 その時は多分財布持ってないかなんかで買えなかったんですよね。 また今度買おうと思って、それから本屋行く度に何か見つけられな… このレビューの続きを見る

3.8

図書館の神様

04:27:By 36. 5°

 いやされるよね。 主人公が仕事に対して迷っている感じとか、そういうのが良いな。 エッセイにモデルとなった実在の男の子が出てきてどうしても読みたくてあわてて読んだ。 ・・・夏は、本当にたくさん本が出版されるよね。読みたい本がたまってますよ。

関連する商品