>
[Amazon] 星間商事株式会社社史編纂室

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

星間商事株式会社社史編纂室
星間商事株式会社社史編纂室で自分のブログにレビューを書く

星間商事株式会社社史編纂室

おすすめ!3.4 [3.4](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:842116位
  • Amazon価格:¥ 1,650
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:448080420X(筑摩書房)
星間商事株式会社社史編纂室のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.4 [3.4]

同人誌の部分はなんとなくクスクス笑ってしまった。 ただ同人誌をテーマに持ってきたのはいいが、 伏線が大雑把で曖昧な部分もあり、盛り上がりが欠けたかな。

JUGEMテーマ:読書 星間商事が、戦後復興機運にのって、 東南アジアの小さな島国で、どんな手法で商戦を勝ち抜いてきたのか、 それを 社史編纂という名目で、世に知らしめようとする本間課長たちと それを阻止す… このレビューの続きを見る

「消えることのない愛情の光を、だれかの胸に灯せる人間が、いったいどれぐらいいるだろう。」 今回はとにかく三浦しをんの趣味爆発、と言った感じ。これまでは陸上・文楽・林業と、今まであまり触れる機会の無か… このレビューの続きを見る

 損得を度外視して熱中しちゃうのが、オタクの特徴ですから。

腐女子には時々心が痛いわ…。 活動はしていなくても、昔通った道…。 コミケとか懐かしいですねー日記を見たら、去年行っているようなんですが、もう遙か彼方の昔の話のように感じられます。 あんなにも通い詰… このレビューの続きを見る

三浦しをんさんにしては珍しくコメディ色の強い物語。 すいすい読める。面白かった。 様々な(脈絡の無い)事業を行う中規模商社、星間商事株式会社。 その社史編纂室に主人公の川田幸代は配属されている。 … このレビューの続きを見る

川田幸代。29歳。独身。腐女子(自称したことはない)。社史編纂室勤務。彼氏あり(たぶん)。仕事をきっちり定時内にこなし、趣味のサークル活動に邁進する日々を送っていた彼女は、ある日、気づいてしまった。この… このレビューの続きを見る

星間商事の社史編纂室にとばされた幸代たちが、 社史を作っていたら空白の期間がでたきたのでなんだろうこれは?ってところから話が始まる。 それから、オタク仲間との友情と、 旅好きな彼氏とのこと。 空白期間… このレビューの続きを見る

 三浦しをんを2冊借りてきた『神去なあなあ日常』とこれこれ、のほうは腐女子である彼女の能力をフル活用?されていてかつその領域に足を踏み入れてない人出も楽しめるなかなか絶妙な感じに仕上がっているコ… このレビューの続きを見る

三浦さんが嬉々として書いたのであろう、オフィスものでありながら三浦さんの趣味全開な同人誌の世界。 もうね、会社の隠したい過去とか、弱い脅迫とか、無理矢理ねじ込ませた感のある同僚同士の恋愛とか、全て… このレビューの続きを見る

内容紹介、 川田幸代。29歳。会社員。腐女子。社の秘められた過去に挑む―。本間課長は言った。「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」その真意はいかに? 風雲急を告げる社史編纂室。恋の行方と友情の行方は、五里… このレビューの続きを見る

社史編纂室に在籍する主人公は腐女子の物書き、そんな彼女に理解があるのか興味がないのか彼氏は世界を旅する気ままな野郎、社史を巡りうごめく社内の黒い影、同じサークルの一人は結婚を機に脱オタク宣言しサーク… このレビューの続きを見る

 社史編纂室勤務、川田幸代。29歳。平日はなにくわぬ顔で仕事に励み、休日は同人活動に闘志を燃やす腐女子。  いまいちやる気のない上司や同僚に頭をかかえ、同棲している恋人は同人活動に理解はあるもののふら… このレビューの続きを見る

するりと読めてしまった三浦しをん。なに、この人。天才?それとも私との相性がすこぶるいいのか?圧倒的に前者だと思うけどね!今回はまたちょっとコアなお話だった。オタクの世界って凄いぜ・・・!高校時代、ま… このレビューの続きを見る

「腐女子」という言葉が、世に広まってしまって肩身の狭い思いをしている中の1人です。 執事にキャッキャしているのも腐女子、マンガが好きな女はとりあえず腐女子、と世間では認定されているのですが、声を大にし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 三浦しをんさんがオタクなのは有名ですが、この物語のヒロインは、オタクの趣味を 満喫 している人で、そのリアリティぶりはさすがです。趣味のために、あえて左遷 人事も飲み込んだヒロ… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】星間商事株式会社社史編纂室に勤める川田幸代は、コミケに参加するのが大好きな腐女子であったのだが、ある日、そのことが課長にバレてしまう。しかし、何を勘違いしたのか課長は、課としてその… このレビューの続きを見る

ない時はない、ある時はおまとめドン!になるのでしょうか。 夏から秋にかけて発売された新刊各種を半年〜一年待ちの気持ちで ポチポチと予約しておいたのが、次々と入荷されて困ってるんですけど! 全く違うタイ… このレビューの続きを見る

「川田くん」 と、本間課長は厳かに口を開いた。「きみ、腐女子というやつだな」 (本文より) このタイトルで、主人公が腐女子のアラサーだなんて、誰が思うでしょうか。 私は思いませんでした。三浦さん… このレビューの続きを見る

あらすじ(Bookデーターベースより)川田幸代。29歳。独身。腐女子(自称したことはない)。社史編纂室勤務。彼氏あり(たぶん)。仕事をきっちり定時内にこなし、趣味のサークル活動に邁進する日々を送っていた彼… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 ● 星間商事株式会社社史編纂室 / 三浦しをん  ● 筑摩書房  ● 1575円  ● 評価 ☆☆☆☆ 星間商事株式会社は1946年に創立した中規模商社 2006年が会社が出来てちょうど60年であり、 そ… このレビューの続きを見る

 あらすじ: 川田幸代。29歳。会社員。腐女子。社の秘められた過去に挑む―。本間課長は言った。「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」その真意はいかに?風雲急を告げる社史編纂室。恋の行方と友情の行方は、五… このレビューの続きを見る

キャラがたっていて面白いです。テンポが良くてサクサク爽快な一冊。

企画部でバリバリ働いていた幸代が飛ばされたのは メンバーわずか5人の社史編纂室。 ヤリチン矢田とセクシーみっこちゃん、本間課長と幽霊部長だ。 このゆるゆる部署でひとついいことがあるのは 幸代の趣味である同… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 川田幸代。29歳。会社員。腐女子。社の秘められた過去に挑む―。本間課長は言った。「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」その真意はいかに?風雲急を告げる社史編纂室。恋の行方と友情の行方は、五里霧中。さらには、コミケで人気の幸代の小説も、混乱に混乱を!?これでいいのか?わたしの人生。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

JUGEMテーマ:読書 今日は、妹と行った大型ショッピングモールに入っている本屋さんで、この本を見つけま した。   さすが、県庁所在地にある本屋さんです。富岡の本屋さんは、見つけても なかったですか… このレビューの続きを見る

今日はいくらか過ごしやすく… でも晴れじゃなく…重い曇りでした。 ホント、晴れないね。 足の痛みは治まらず家事のみの生活です。 本が進む、進む。 トイレいつもきれいにしとかなきゃな。と改めて。

関連する商品