>
[Amazon] この女

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

この女
この女で自分のブログにレビューを書く

この女

おすすめ!3.5 [3.5](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:396330位
  • Amazon価格:¥ 8,460
  • ユーズド価格:¥ 62
  • ISBN/ASIN:4480804315(筑摩書房)
この女のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.5 [3.5]

3.5

「この女」森絵都

02:51:By scribble

震災後15年して見つかった小説。そこにはある青年と彼の人生を変えた女の姿が。釜ヶ崎の地をめぐる陰謀に立ち向かう彼は、小説の作者でもあった。冒険恋愛小説。森絵都の本を久々に読む。タイトルが今いち内容と… このレビューの続きを見る

この難しい内容をよくもこれまで!と驚いた。 さすがとしか言いようがない。 森さんの長編小説は久しぶりに読んだ気がするし、 もともと児童文学出身だから今までの作品は あたたかく、ほんわりとした雰囲気… このレビューの続きを見る

3.5

この女

07:27:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書 

震災後15年して見つかった小説。そこにはある青年と彼の人生を変えた女の姿が。釜ヶ崎の地をめぐる陰謀に立ち向かう彼は、小説の作者でもあった。冒険恋愛小説「内容紹介」よりやっぱり、森絵都は好きだなぁと思う… このレビューの続きを見る

とてもよかった。森絵都さんの小説って感じが全然しなかったけれど、これはこれでいいなって思いました。 comment  trackback

この女

09:46:By nhosan's works

阪神大震災15年後に見つかったある青年が書いた小説震災が起こる直前までに青年がある女性の人生を小説に書き書いていく自分とのかかわりの物語2人にも直前までの人生がありそして新しく人生を歩みだしていくそ… このレビューの続きを見る

3.5

雨ですね

19:51:By ブックエンド

今日読んだ本 森絵都/この女 オムライスが食べたくなりますね。 今日のご飯 朝食/メープルブレッド、ミネストローネ、アロエヨーグルト 昼食/お弁当(ベーコンとインゲンの炒めもの、ぶりの塩焼き、青菜と油揚… このレビューの続きを見る

3.5

この女 森絵都

16:28:By dot

 内容(「BOOK」データベースより) 甲坂礼司、釜ヶ崎で働く青年。二谷結子を主人公に小説を書いてくれと頼まれる。二谷結子、二谷啓太の妻。神戸・三宮のホテルに一人で住み、つかみ所がない女。二谷啓太、チ… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 釜ヶ崎に住み日雇いのバイトで生活をしていた甲坂礼司は、ある日、友人である大輔の紹介により、とある女性を主人公にした小説を書くことになった。その女性とは、ウエストホテルを経営する社… このレビューの続きを見る

3.5

この女

14:31:By The Samantha Times

あらすじ: 甲坂礼司、釜ヶ崎で働く青年。二谷結子を主人公に小説を書いてくれと頼まれる。二谷結子、二谷啓太の妻。神戸・三宮のホテルに一人で住み、つかみ所がない女。二谷啓太、チープ・ルネッサンスを標榜する… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般   ● この女 / 森絵都  ● 筑摩書房  ● 1557円  ● 評価 ☆☆☆。 あんたのヒロイン、なかなかのタマやな---。 釜ケ崎で働く甲坂礼司はホテルチェーンのオーナー二谷啓太に、 妻をモ… このレビューの続きを見る

この女

14:45:By ぶくわむ

森絵都『らしい』作風やジャンルというものを私は分からないのだが、なぜだか中学生の頃に出会って以来森絵都の作品が大好きだ。 本作は、主に1994年から1995年の大阪・釜ヶ崎と兵庫県・神戸を舞台としている。… このレビューの続きを見る

「震災後15年して見つかった小説。そこにはある青年と彼の人生を変えた女の姿が。釜ヶ崎の地をめぐる陰謀に立ち向かう彼は、小説の作者でもあった。冒険恋愛小説」 (出版社紹介文より) まさに「この女」というよ… このレビューの続きを見る

「この女」森絵都

19:48:By ナナメモ

JUGEMテーマ:読書 甲坂礼司、釜ヶ崎で働く青年。二谷結子を主人公に小説を書いてくれと頼まれる。二谷結子、二谷啓太の妻。神戸・三宮のホテルに一人で住み、つかみ所がない女。二谷啓太、チープ・ルネッサンス… このレビューの続きを見る

3.5

この女

22:24:By 読書三昧

森絵都さんの作風、なんかすごく変わったの? 児童文学っていうイメージがあったので、冒頭からち「あれ?」って思いながら読んでました。 が、読み終えた感想は、いい。 こういうのも書くんですねって。 阪… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品