DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed アイデアのつくり方 - ジェームス W.ヤング のレビュー全29件 JUGEMブログ

>
[Amazon] アイデアのつくり方

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アイデアのつくり方
アイデアのつくり方で自分のブログにレビューを書く

アイデアのつくり方

おすすめ!3.7 [3.7](29件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:523位
  • Amazon価格:¥ 864
  • ユーズド価格:¥ 346
  • ISBN/ASIN:4484881047(CCCメディアハウス)
アイデアのつくり方のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(29件) 3.7 [3.7]

これは、あの竹内均先生が監修した本で、いやあ、この前の野口悠紀夫、赤羽雄二、そして、そうだなあ忘れてしまっているので、もう一冊今度紹介するのだけれど 要するに仕事で無くても良いのだけれど、結果と… このレビューの続きを見る

アイデアのつくり方 idea (アイデア) 2015年 04月号 アイデア・メーカー  

どうやったら新しいアイデアが手に入るのか。その答えをこの本が教えてくれる、といったら言い過ぎでしょうか。書かれていることは多くのアイデアのための本と同じです。というか、おそらくこの本が元です。初版は… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「アイデアのつくり方」ジェームス・W・ヤング/阪急コミュニケーションズ  帯には「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」との言葉があり、レビュー・感想で名著らしいと書かれており… このレビューの続きを見る

 アイデアのつくり方 本当に役立つ TRIZ 発想と企画の心理学

内定式にいってきました。 同期と会うのも3回目なので、すっかり仲良くなりました。 不思議なもので、 同期さいこー!とか、ノリがいい!とか、そういうことはいえません。でも、このままじゃいけないと… このレビューの続きを見る

岡山に出張があって、今まさに羽田のラウンジにいるのだけれど、こんなに便利でいいのかしらと思うほど、ほんとにシームレスにこうやって、インターネットにつながって、お茶を飲みながら、こんなことをしている。… このレビューの続きを見る

 徒然なるままにBlogを書いていますが、 一応、自分自身のノルマとして200回までは出来る限り毎日 起業アイディアや日々感じた事の備忘録として、 情報アンテナを360度伸ばし、無い知恵絞っています。 こんな… このレビューの続きを見る

アイデア発想の基本として取り上げられることが多い本です。非常に薄く、短時間で読むことはできるのですが、なかなか奥深い内容となっています。

 『アイデアのつくり方』ジェームス.W.ヤング(James Webb Young)が著した 書籍でアイデア作成の基礎となる原理とは ・アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない ・既存の要素を新しい一… このレビューの続きを見る

後輩のジローが本日帰国。 “海外出張へ行ったのは、私ちょっとデキる人だからです。” みたいなオーラがちょっとムカつく。 そんなオブラートも帰国早々はがされる。 「やすさんの言うとおり、水道水を直接飲む… このレビューの続きを見る

3.7

book_2010_035

22:47:By time of life

その世界のバイブルみたいですが、ちょとイマイチ・・・。 JUGEMテーマ:読書 

  景品交換所を訪れるお客様が減っています。 最近は、昼の休み時間までゼロなんて当たり前。 11時スタートで、ちょうど12時半くらいに、集中力がぶち切れます。 一日のお客様が一人とか二人とかって交換所の… このレビューの続きを見る

 靴を作りはじめてから、ペンタブレットが金槌にクリッピングパスが革包丁に変わった。長い間、手でモノを作ってなかったので脳と指先の動きがうまく連動してくれない。ものづくりのリハビリだ。考えるな!感… このレビューの続きを見る

古典的名著と言うことで読んでみました。 

 

みなさんも日々の仕事や生活の中でいろんな問題や課題にぶち当たると思います。 試行錯誤、頭を悩ましてもいい解決方法・アイデアが浮かばない・・・という経験は誰にもあるはず・・・ この本はそんな時の思考の… このレビューの続きを見る

読んだ本 696と5/6

23:14:By

ジェームス・W・ヤング著、今井茂雄訳

30分でさらっと読めるけど、 本当に心に響く本。 「アイデア」をキーワードとした 本は、最近沢山でているが、 改めて、この本が原点になっていることに 気づく。 さらに 解説の竹内 均先生の言葉が、 … このレビューの続きを見る

ネットで調べものをしている時に見つけた本です。 図書館で借りて読んでみました。 とってもシンプルな内容で、薄い本なのに内容はとても濃いです。 1988年(20年前?)に日本で発行された本ですが、 今でも… このレビューの続きを見る

なんと今から50年近く前に書かれた、広告業界向けのこの本。 今もなお読み継がれるワケは、この本が広告業界だけでなく、おおよそ仕事をする上で必要となる、既出の情報を組み替えることによる新しい価値の創造、… このレビューの続きを見る

この考察をはじめたいきさつ 経験による公式 パレートの学説 心を訓練すること 既存の要素を組み合わせること アイデアは新しい組み合わせである 心の消化過程 つねにそれを考えていること 最後の段階 二、三の追記

正直、読みにく〜〜い本です。 が、要点を掴めば「なるほど!」ものです。 技術を身につけるには、その原理と方法を知る必要があります。 アイデアを作り出す技術も同様で、本書はその原理と方法だけが書かれて… このレビューの続きを見る

最近よく「考える事」の大切さを耳にしたり感じたりする事がよくあります。 「とりあえず・・・」とか「ためしに・・・」という言葉。 その背後にプランがあるのかないのかで、結果は物凄く変わってくるなー、とようやくわかり始めました。 もっと勉強せねば。

2か月ぶりの更新。 うっかり1回で終わるとこだった 6月位にある先生に薦められた本。 やっと最近購入して読んでみました。 ・・・ 正直、もっと早く読んでおけばよかった、と後悔。 今まで(特にこ… このレビューの続きを見る

こんにちわ、熊本の看板屋でございます。 しかし、毎日毎日言いたくないんですけど。 暑い! なんか、熊本で長年暮らしているわけですが、だんだん耐えられない暑さに なってる気がしますよ^^; 昨… このレビューの続きを見る

ここに移ってくる前のブログで 「努力することができるのも才能である」というエントリを 書いたことがあったのだけれど そのことをふと思い出す本だった。 スゴイ人たちは、スゴイ努力をしている。 その人… このレビューの続きを見る

 

関連する商品