DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed タルト・タタンの夢 - 近藤 史恵 のレビュー全31件 JUGEMブログ

>
[Amazon] タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)で自分のブログにレビューを書く

タルト・タタンの夢

おすすめ!3.5 [3.5](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:421812位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 156
  • ISBN/ASIN:4488012280(東京創元社)
タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.5 [3.5]

ビストロ・パ・マル・・は カウンター 7席 テーブル  5つ フランスの家庭料理っぽいメニューが 人気の小さなレストランです 店長で料理長の 三舟 忍 料理人の志村洋二 ソムリエの金子ゆき そして… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】下町の片隅にあるとある小さなレストラン「ビストロ・パ・マル」。そこは、カウンター7席、テーブル5つのこじんまりとしたフランス料理店なのであったが、そんなお店には、日頃、ちょっと謎を… このレビューの続きを見る

美味しそうなフランス料理を食べながら、読書している気分になりました!! 小さな謎が散りばめられた日常のミステリー。 無口なシェフの 謎解きの語り口が良いです。 JUGEMテーマ:読書 

とにかく出てくる料理がおいしそう。食べ物描写の多い小説大好き!フレンチいいなあ、肩肘張らない感じのビストロで食べたい!という欲望が喚起されました、まんまと・・・。お話自体は他愛のないものが多く、小さな下町のフレンチ・レストラン「ビストロ・パ・マル」を舞台に無口なシェフが些細な謎を解く、いわゆる「日常の謎」系統、日本版コージー・ミステリという感じ。頭からっぽにして読める。

 四月に機会をいただき、“第二回キキコトバ「タルト・タタンの夢」より〜ロニョン・ド・ヴォーの決意〜”(長い/笑)という公演を見に行きました。あとで本も読もうとおもっていたのですが、ようやっと読めました。公… このレビューの続きを見る

「青葉のころ」はそれほど好き!!と思わなかったんだけど、「天使はモップをもって」シリーズが面白かったので、他の本も読みたくなって、とりあえず図書館でこの本を借りてみました。面白い!!!(笑)「天使はモップをもって」と似たような感じのお話でした。舞台はフランス料理のお店。高い、気取ったお店じゃなくて、小さな料理店。そこの店長のシェフがお客さんが持ってきた日常の謎を解き明かします。

3.5

タルト・タタンの夢

19:55:By memo

内容(「BOOK」データベースより)カウンター七席、テーブル五つ。下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルのシェフは、十年以上もフランスの田舎のオーベルジュやレストランを転々として… このレビューの続きを見る

カウンター七席、テーブル五つ。下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルのシェフは、十年以上もフランスの田舎のオーベルジュやレストランを転々として修行してきたという変わり者。無精… このレビューの続きを見る

「タルト・タタンの夢」近藤 史恵 212p東京創元社 目次 タルト・タタンの夢 ロニョン・ド・ヴォーの決意 ガレット・デ・ロワの秘密 オッソ・イラティをめぐる不和 理不尽な酔っぱらい ぬけがらのカスレ … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ●タルト・タタンの夢/近藤史恵 ●東京創元社 ●1575円 ●評価 ☆☆☆☆ 下町の片隅にある小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」。 この店の無口なシェフの料理は気取らず、真のフランス… このレビューの続きを見る

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは実は名探偵でもありました。常… このレビューの続きを見る

  下町の片隅にある小さなビストロ、パ・マルのシェフは三舟忍という。 長めの髪を後ろで結び、無精髭をはやして、無口なありさまはシェフコートを着ていてもサムライのようなありさまである。十年以上も修… このレビューの続きを見る

小さなフランス料理店、ビストロ・パ・マルは今日も満席だ。 無口で侍風のシェフ三舟さんに人当たりのいいコックの志村さん、 俳句好きなソムリエの金子さんにギャルソンのぼくの4人で この店を回している。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 カウンター七席、テーブル五つ。 下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルのシェフは、

おいしいものを おいしくいただける それはとても しあわせ なこと いつだって いろいろあるけれど たのしいことばかりじゃないって わかっているけれど だからって せっかくの しあわせ を遠ざけるようなことないでしょう? ほら そんな、つまらなさそうな顔してないで さあ、遠慮なく おいしいものは おいしくいただきましょう ・ ヴァン・ショーをあなたに

【読了】近藤史恵「タルト・タタンの夢」(東京創元社)     スタッフ四名の小さなビストロを舞台に、料理長を探偵にして     フランス料理のメニューが絡んだ、ささやかな謎が展開されるミステリ。     … このレビューの続きを見る

東京下町の小さなフランス料理店「ビストロ・パ・マル」。 無口なシェフ三舟と外交的な料理人の志村。 ソムリエの金子とギャルソンの高築の4人で営業している。 今日も繁盛のパ・マルで、不可思議な事件を語っ… このレビューの続きを見る

3.5

タルト・タタンの夢

09:26:By

JUGEMテーマ:読書下町にある小さなフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。 三舟シェフと料理人の志村さん、ソムリエの金子さんとギャルソンのぼく、高築の4人だけできりもりされている過程的なフレンチレ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは実は名探偵… このレビューの続きを見る

3.5

タルト・タタンの夢

21:22:By OT18-33

出版社 / 著者からの内容紹介 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは… このレビューの続きを見る

おもしろかった! 同じグルメ・ミステリーでも「禁断のパンダ」には無いものがあるよ。おいしい食事には不可欠なもの、すなわち、幸福な会話。黙ってガツガツ食うだけの食事なんて下品だってブリア・サヴァランが… このレビューの続きを見る

タルト・タタンの夢 著者/近藤史恵 従業員四人の小さなフランス料理店、ビストロ・パ・マル。味は絶品だが、メニューは気取ったものではなく、フランスの家庭料理をアレンジした気安さが人気だ。 訪れるお客… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  近藤さんというと、大昔に1冊か2冊、読んだ記憶があるのですが、なんだか 肌が合わない感じで、それきり手に取ったことはありませんでした。しかし、 この本は何か、好みに合いそ… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは… このレビューの続きを見る

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは実は名探偵でもありました。常… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読んでいてこんなに楽しい気持ちになったのは久しぶり! 心地よい気持ちのまま最後には泣いていました。 ビストロで起こるミステリの短編集ですが、 ミステリと言っても殺人が起こるよ… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは… このレビューの続きを見る

ホットワインのことを、フランスでは「ヴァン・ショー」 と言うんですね。風邪をひいたときや寒い夜に、 よく飲まれているそう。 短編集「タルト・タタンの夢」(近藤史恵 著)を読んでいたら 季節が夏の… このレビューの続きを見る

 彼女は黙ったまま、目の前の皿を見つめていた。  白い皿の上で、アイスクリームは静かに溶けていく。まるで、魔法が解けるように。(「タルト・タタンの夢」より)  ベージュの柔らかな色合いの表紙と温かみ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 出版社 / 著者からの内容紹介 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばか… このレビューの続きを見る

 ギャルソンの高築が勤めるフレンチ・レストラン「ビストロ・パ・マル」は、従業員4人と規模は小さいが、フレンチ好きの常連が多く、味は確かな素敵な店だ。三舟シェフは無口だけれど、客が持つ悩みやちょっとした… このレビューの続きを見る

関連する商品