DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed アヒルと鴨のコインロッカー - 伊坂 幸太郎 のレビュー全42件 JUGEMブログ

>
[Amazon] アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンテ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)
アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)で自分のブログにレビューを書く

アヒルと鴨のコインロッカー

おすすめ!3.7 [3.7](42件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:444859位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4488017002(東京創元社)
アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(42件) 3.7 [3.7]

< 最後のどんでん返しにハメられた! > 花の大学生活をむかえるため、アパートに一人暮らしをはじめた主人公。 そんな平凡な主人公が突然本屋強盗の共犯に!? 首謀者は彼の隣に住む青年。彼は一体何者? … このレビューの続きを見る

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気な… このレビューの続きを見る

おもしろかった。 いままで読んだ伊坂幸太郎のなかでは、すごく良かった。 登場人物のキャラが立っていて、言い回しとかもおもしろかった。  話の内容は、かなしかったけど、すごく上手く書けてるなぁ。 … このレビューの続きを見る

   「一緒に本屋を襲わないか」引っ越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年から強盗計画を持ちかけられた僕。標的はたった一冊の広辞苑!? ライトだけど、深い〜。 ちょっと切ないけど、現在と二年前の絡まりが巧みで面白かった。 人は主役であり、脇役なんだな〜なんて思ったり。 (29日読了)

小川洋子は村上春樹に影響を受けていることを公言しているんだよね。 これは彼の小説を読まずにいられないなと思うのだけど、 いまだに手が出せないでいる。 長い間考えてる。なにから読み始めようかな、って… このレビューの続きを見る

本を盗みに行かないか? 大学へ通うために引っ越してきたアパートの隣人が唐突に突拍子もない誘いを。 きっかけはボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさんでいたから。 伊坂幸太郎さんの描き出すストーリー… このレビューの続きを見る

伊坂さんの作品はとても好きですが、 この作品においては、少し苦手かもしれない。

これ、読んだの2度目。 「魔王」の時に書いたけど。 軽くて読みやすくてでも切ないラスト。 私の位置づけではマンガ的。良い意味でね。良い意味。 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった… このレビューの続きを見る

 ≪内容≫ 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は・・・たった1冊の広辞苑?!そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ。第25回英治文学新人賞受賞作。

3月に入り、やっと“痛さを感じる様な寒さ”がなくなってきましたね 私はかなりの寒がりなので、春の訪れが本当に待ち遠しいです 真夏も辛いけど、とにかく早く暖かくなってほしぃ〜〜! 暖かい方が喉が渇いて、お… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:気になる書籍 いきなりの本屋襲撃。 はじめからなぜ???となる物語です。 現在と2年前の話が交互に出てきて、最後にどう繋がるのか、 やっぱり最後は「そうだったのか〜」で終わる伊坂作品です。 ミステリーなんだけど、悲しくて切ない作品です。 登場人物が一人一人、すごくいいです。

ミステリー…なんですかね? ミステリーという概念がよくわからないのですが、こう肩肘張ってミステリーだもの!!って思わずに読むことができました。 読み応えがある割に、文章自体は軽やかなので、本腰入れて… このレビューの続きを見る

久々に再読しました。 ワタシって・・本とか映画の内容を忘れてしまうんですよね・・(汗) だから最後の最後まであらすじを覚えてるものってかなり少ないかと思われる。 これも読み終わって「そうそう!こん… このレビューの続きを見る

2年前の物語。その終結に巻き込まれた椎名。 きっかけはボブ・ディランの「風に吹かれて」だった。 ペットショップ店員の琴美が主人公の2年前。 アパートに越してきた大学1年の椎名が主人公の現在。 同時… このレビューの続きを見る

家鴨つながりということで。 そういえば、家鴨を「いえがも」って読んだお茶目なアナがいたなぁ。

「一緒に本屋を襲わないか」大学入学のため引越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年から書店強盗を持ち掛けられた僕。標的は、たった一冊の広辞苑――四散した断片が描き出す物語の全体像とは? 清冽なミステリ。 … このレビューの続きを見る

斬新なミステリー小説だと思った。 現在と過去を交互に綴るというカットバック形式とかいう形式でどんどん 過去と現在が繋がっていく様子がスピーディーで、飽きない!!! どんどん引き込まれてく!! 日本人の外人への態度や偏見。 困っている人を見てみぬ振りする日本人。 いろいろ考えさせられることもあった ブーダンって本当にいい国なのかな?? 行ってみたいな。。

PC入れ替えを機にJUGEMで再スタート! ブログ名は、伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』のパクリ。 苗字が難しく、「カモ」とよく読み間違えられることにちなんで、好きな作家さんである伊坂作品から頂戴しました。

引っ越したばかりのアパートの隣人に「本屋を襲わないか」と突然誘われ、 モデルガンを片手に裏口の前で見張る主人公。 歌を歌い終えたら、戸を2度蹴る。その繰り返し。小説か映画の主人公のような気分になりな… このレビューの続きを見る

友人から借りていたアヒルと鴨のコインロッカー、読み終えました。 面白くって時間を気にしないで読み続けていたらいつの間にか 日付が変わってました。面白かったです。 伊坂さんの本はこれと陽気なギャング… このレビューの続きを見る

初伊坂作品がたまたま図書館にあったコレでした。 友人の話で、著者の名前は知ってましたが実際読むのは初めてです。 で。 …現在と2年前の話が平行して続くわけですが、終盤に近づくにつれそれらがだんだん繋がっていくのはもう惚れます(? 作りこまれている割に明快でホント面白いであります。 他のも読んでみたい所存、です。

密かに本読んだり、映画見たりしています。 本は恩田陸と伊坂幸太郎メインであとマンガ(笑) ちなみに最後に読んだのがこの本↑ 伊坂作品は「グラスホッパー」を(もちろんタイトルに惹かれて・笑)立ち読みで… このレビューの続きを見る

うー。。。 さっきよみおわったんだけど、 神経がたかぶっちゃって、とてもじゃないけど寝られないよ あったかさっていうのかな、ものすごく感じて、 じわーってこみあげてきて、あふれちゃうものがありま… このレビューの続きを見る

うー。。。 さっきよみおわったんだけど、 神経がたかぶっちゃって、とてもじゃないけど寝られないよ あったかさっていうのかな、ものすごく感じて、 じわーってこみあげてきて、あふれちゃうものがありま… このレビューの続きを見る

初めての伊坂さんの本を手に取りました。 すごく面白かったー。ストーリー展開も面白いし、人の心の動きの表現が面白い。前半部分で先が見えたような気がしたけど、全く読めない展開でした。最後の話の運び方も私好みでした。他の作品も読んでみたい!

「一緒に本屋を襲わないか」大学入学のため引越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年から書店強盗を持ち掛けられた僕。標的は、たった一冊の広辞苑――四散した断片が描き出す物語の全体像とは? 清冽なミステリ。 … このレビューの続きを見る

悪魔めいた長身の青年に誘われて、僕はたった一冊の広辞苑を盗むために本屋を襲撃する。 映画化したとのことですね。 映画の評価が非常に高くて気になります。 現在と二年前の二つの時間軸が順に語られて、… このレビューの続きを見る

先週、映画アヒルと鴨のコインロッカーを観てきた。 もともと、伊坂幸太郎の作品を読んでいただけに、 相当期待していった。 前に映画化されていた陽気なギャング〜は、 全然ちがった感があって、おしゃれ… このレビューの続きを見る

初・伊坂作品!読みたい読みたいと思っていたのですが、ずっと手つかずのままでした。彼の作品は人気があるので図書館でもなかなかお目にかかれませんし。 そんな私に本好きのある人が、数ある伊坂作品の中から選… このレビューの続きを見る

文庫本を買おうと思っていたんですが 旦那チャマが単行本をプレゼントしてくれました 本当に活字は苦手分野で 最初「最後まで読めるかな?」と不安でした 真ん中くらいまでは、 夜寝る前にちょっとずつ読んでたり… このレビューの続きを見る

お友達のサイトで、レビューを見て文庫を探していました。昨日、ようやく購入。 ディランのメロディが頭の中に、ずっと流れてました。乾くるみ著のイニシエーションラブの意外な結末より、こちらのほうがテンポもストーリも性にあう気がします。(この作家の作品では、リピートがお気に入り。)面白かったので、読書熱が復活しそうです。不思議なタイトルにも納得。^^

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」観て来ました。 今週一杯で公開は終了なので、今日しかみるチャンスがなく 忙しい中、ムリムリ行ってまいりました。 原作はこの間買ってから、まだ出だししか読んでな… このレビューの続きを見る

またまた伊坂作品です。 大学入学早々、アパートの隣住人・河崎に誘われたのはなんと書店襲撃! 盗み出すのは広辞苑1冊…なぜそうした奇行に走るのか? 二年前のペット虐待事件に関係しているらしいが…。

気になった映画の原作だった事と友人のすすめと古本屋さんで売っていた事のトリプルで、読んでみた、この本。 現在と二年前のお話が同時進行し、謎だった部分が明らかになっていくという面白い話の進み方でさくさ… このレビューの続きを見る

某地域で先行上映中のこの映画を観てきました。 せっかく招待券をもらったから、どの映画にしようか悩んだけどたまに邦画も観ようと思ってコレにしました。何の予備知識も入れずにポスターに出ている3人の出演者… このレビューの続きを見る

オール仙台ロケで地元では話題の今月公開(仙台では)の映画 「アヒルと鴨のコインロッカー」の原作本を買いに あの!ブックスなにわ塩釜店へお昼休みに行ってきました。 「ブックスなにわ 塩竈店」は映画のロケ… このレビューの続きを見る

友人から借りて読みました。カットバック形式で現在の話と2年前の話が交互に展開され、物語が徐々に重なっていくという感じです。序盤は展開が緩かったのであんまり入り込めなかったですが、中盤辺りからグイグイ引き込まれました。伏線の拾い方とかも面白いですね。著者の他の作品も面白そうなので読んでみたいと思います。

「現在」大学進学のために仙台に引っ越してきた椎名は、アパートの隣の部屋に住む河崎に、いきなり一緒に町の本屋を襲おうと誘われた。おなじ階に住む「アジア出身の丁寧語で喋る外国人」が辞書を欲しがっているの… このレビューの続きを見る

かみさまのとじこめかた

22:04:By

大分前ですがアヒルと鴨のコインロッカー、読み終わりました。 いつのまにか文庫判で出ていたので購入。 なにやら映画化するらしいので小説ならではのトリックはどうやって映像にするのか激しく気になります。 鳥葬怖い。 もはやレビューじゃねぇやコレ。

登場人物が最高です。

関連する商品