>
[Amazon] 無花果の実のなるころに

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

無花果の実のなるころに
無花果の実のなるころにで自分のブログにレビューを書く

無花果の実のなるころに

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:947143位
  • Amazon価格:¥ 90,151
  • ユーズド価格:¥ 1,499
  • ISBN/ASIN:4488024718(東京創元社)
無花果の実のなるころにのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

父親の転勤に伴い・・ 神楽坂で多喜本履物店を営む 祖母と暮らす事になった望。 代々男が料理をする習慣のある 滝本家では、祖父が三か月前に亡くなって 祖母が父親と望がいっぺんにいなくなったら 干乾び… このレビューの続きを見る

 中学生の望は、元芸者の祖母・お蔦さんと神楽坂に暮らしている。我がままで気が強くて、でもとても頼りになるお蔦さんに振り回される、望の温かで少しだけ波乱のある日常。 お蔦さんがいい!カッコイイです。 望くんも人に頼るだけじゃなく、しっかり自分の足で立っている。 神楽坂に行ってみたくなりました。

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ 父の転勤に同行せず、神楽坂の祖母と暮らすことを決めた中学二年生の望。 包丁も持てない祖母は面倒くさがりで、気が強くて、決して世話好きには見えない。 でも… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 父の転勤に同行せず、神楽坂の祖母と暮らすことを決めた中学二年生の望。包丁も持てない祖母は面倒くさがりで、気が強くて、決して世話好きには見えない。でも「お蔦さん、お蔦… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 父の転勤に同行せず、神楽坂の祖母と暮らすことを決めた中学二年生の望。包丁も持てない祖母は面倒くさがりで、気が強くて、決して世話好きには見えない。でも「お蔦さん、お蔦さん」と誰から… このレビューの続きを見る

関連する商品