DB Error: connect failedDB Error: connect failed 慟哭 - 貫井 徳郎 のレビュー全31件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 慟哭 (創元推理文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

慟哭 (創元推理文庫)
慟哭 (創元推理文庫)で自分のブログにレビューを書く

慟哭

おすすめ!3.4 [3.4](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:17642位
  • Amazon価格:¥ 802
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4488425011(東京創元社)
慟哭 (創元推理文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.4 [3.4]

慟哭

23:37:By DB Error: unknown error

連続する幼女誘事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……… このレビューの続きを見る

慟哭

21:24:By かきなぐりR

ミステリとしてなら楽しめます そんな訳で、これから読まれる方、気になっている方にはオススメです☆ 以下、続きにて

面白い面白いと周りから言い続けられていた慟哭、やっと読みました。えっ?あっ?あーーーーっ!ってなりました。

3.4

慟哭

14:58:By DoWhat10!

 デビュー作でこのクオリティってすごい。  「天使の屍」より面白かった。

慟哭

11:27:By lamp

  驚愕のラスト!どんでん返しがあるぞ。 という前提で読み進めたので 途中もしかしてこの人が…と。 衝撃はあったけど、最初に期待しすぎたかも。 しかも後味よくない。 慟哭―どうこく。悲しみのあまり、声をあげて泣くこと。

慟哭

21:19:By ぶくわむ

作者さん、どうお読みするのだろうかと気になっていた方でした。 ぬくいとくろうさん、だそうです。はじめまして。 連続幼女誘拐事件を軸に、警視庁の捜査一課長佐伯と、ある悲しみを胸に抱き新興宗教に通う松… このレビューの続きを見る

3.4

慟哭

16:04:By k.mのレビュー

○ストーリー 連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判をうけて懊悩する。異例の昇進をした若手キャリアの課長をめぐり、警察内に不協和音が漂う一方、マスコミは彼の私生活に関… このレビューの続きを見る

慟哭/貫井徳郎

20:36:By o t o g i

 同時進行していく、宗教団体と連続幼女誘拐事件の話。どうつながっていくのかなと思っていたら、まさかのラスト。面白かったです。 読みながらおぉ〜とつぶやいてしまいました。笑

3.4

慟哭

06:34:By My reading diary

感想は───結末に驚きました。 読み終わった後は、なんとも言えない後味ですが(苦笑) これから私は貫井さんの作品を読みまくるに違いない。 寝不足の日々決定。

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 もっとも悪質な事件である幼女殺害。 捜査する側と、犯人と思われる男の行動が順番に語られていく。 宗教という糸に絡められていく、その心情がとても丁寧に書かれていて、 あ… このレビューの続きを見る

3.4

慟哭

09:26:By bookshelf -13-

ラストの結末に思わず「え?」と声が。 確かに途中「もしかしたら」という思いも湧きます。 それでも驚きます。 今まで読んだことのないタイプのミステリーでした。 宗教と幼児殺害といった 一見無関係なようで危なくも繋がってしまい得る題材も 自然に世界に引き込まれていくには十分でした。 初めて見るような難しい漢字が結構あったけどw、 読み易い文章とリズミカルな展開とで、一気に読めました。

慟哭

12:40:By 受賞本

 慟哭  著者 : 貫井徳郎  受賞歴 : 第4回鮎川哲也賞 ノミネート

最近読んだ本の中で一番、面白かったです〜「慟哭」 

慟哭

22:41:By kb

続発する、幼女連続誘拐殺人事件。 犯人を捕まえることに躍起になる警察。だが捜査は一向に進展せず、やがてマスコミ、世論を巻き込んでの大事件へと発展する。 主要な登場人物は二人。 冷徹で実直な人柄だが、… このレビューの続きを見る

3.4

慟哭 / 貫井徳郎

23:16:By ari's Bookmark

連続する幼女誘事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 連続する幼女誘拐殺人事件。 その事件を解決すべく、佐伯警視を初めとする警察は 捜査に全力を注ぐのだが、その成果は虚しく 連続殺人を食い止められずにいた... 一方、大きな悲しみを抱えた男… このレビューの続きを見る

3.4

慟哭

22:25:By Sign

これはすごいよ。

JUGEMテーマ:読書 んーーーー衝撃。 また宗教の怖さも浮き彫りに。 何事も思い込みや、のめり込みすぎると怖い。 交互に書かれる二つの舞台。 時間が交差して、殺人者になっていく過程が恐ろしい。 誰も止められないのか。 ランキング参加しています。 ↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。 JUGEMテーマ:読書

ひさびさに、ミステリー小説で驚かされました〜〜!!! 上司も小説を読んでて、おすすめ聞いたら この「慟哭」を奨められたんです! 最後の衝撃のエンドは、 もぉぉぉぉ!!!!… このレビューの続きを見る

文章のトリックってやつでしょうか? 読んでいくほど、錯覚をしてしまいます。 連続誘拐犯はだれなのか? 親の気持ちは子を持たないとわからないのかもしれないし、 それは自分には想像もつかない世界なのですが、 それでも、悲しく、むごい気分になりました。 。。。

3.4

慟哭

01:12:By *本*わずらい

どこかの書評で面白いと言うのををみて購入。 久しぶりに面白いミステリを読みました。 本書は10年以上前の作品なので、当時ならもっと面白く感じたかもしれません。 2つのストーリーが交互に出てきて、最後にその2つの話が繋がり『えーっ』という展開で終わります。 初めて読んだ作家さんでしたが、ほかの作品も読んでみようかなと思いました。

慟哭

14:26:By いろいろおぼえとく。

貫井徳郎

ジャケ&タイトル買い。古本屋にて。 連続幼女誘拐事件を追う刑事佐伯と、娘を亡くした悲しみに耐え切れなくなった松本が 宗教に依存し、やがて娘を復活すべく黒魔術に手を出していくさまの 二つが交差しながら… このレビューの続きを見る

■No.20 貫井 徳郎/『慟哭』 連続幼女誘拐事件が続発。それを追う警察達。 宗教にのめり込んでいく男。 一見無関係に見えるこの2つの視点から、この物語は進んでいく。 犯人を推理するとか、そういうのが… このレビューの続きを見る

慟哭

15:30:By ENTRTNMNT

ついに読みました。 そこそこおもしろかったです。 少しだけ感想を言うと、 意識して難しい言葉を使ってる感がでていたのがちょっとなあ、、、でした。 例えば、三和土(たたき)という単語は3回くらい出てた気… このレビューの続きを見る

思い出した

18:06:By saisolog

これ読まないといけないんだった! 作者の名前ってほんと覚えられないからいつも本屋で見つけられない! 音楽も曲名とかアルバム名覚えないからいつもCD屋で見つけられない! 今から買ってきます!

3.4

慟哭

21:01:By Cool Air Style BLOG

ストーリー構成がとてもよろしかったです。 最後でこれかって感じがまたグッド! しかし、衝撃はあまり受けませんでした。

慟哭

19:10:By windfall

連続幼女誘拐事件を扱う、捜査一課長・佐伯。一向に進まない捜査と佐伯の私生活に関心を寄せるマスコミ。一方娘を失い、新興宗教に救いを求めていく松本。日々増してゆく事件の緊張感の中で迎える結末とは。 い… このレビューの続きを見る

連続する幼女誘事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが・・・。 人は耐えがたい悲しみに慟哭する――新興宗教や現代の家族愛を題材に内奥の痛切な叫びを描破した、鮮烈デビュー作。

3.4

慟哭

07:53:By ★chocolate

「慟哭」で思い出すといえば、工藤静香の「慟哭」w これからは貫井さんの「慟哭」も思い出しそうです。 ラストの結末に思わず「え?」と声が。 確かに途中「もしかしたら」という思いも湧きます。 それでも… このレビューの続きを見る

3.4

慟哭

09:51:By RED HILL

慟哭 著者: 貫井 徳郎 あらすじ: 連続する幼女誘拐事件の捜査は行き詰まり、操作一課長は、 世論と警察内部の批判を受けて懊悩する。 異例の昇進をした若手キャリアの課長をめぐり、警察内の不協和音が漂… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品