>
[Amazon] 夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)で自分のブログにレビューを書く

夏期限定トロピカルパフェ事件

おすすめ!3.5 [3.5](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:55233位
  • Amazon価格:¥ 617
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4488451020(東京創元社)
夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.5 [3.5]

 米澤氏の「小市民シリーズ」第2弾。一昨日予言したとおり、一日一冊ペースで読了している。つまり、昨日読了していたのだが。毎日取り上げるのも何かと思い一日あけた。このシリーズはオススメだ。ほのぼのと… このレビューの続きを見る

以下、続きにて

 【感想】小市民を目指して、決して目立とうとはしない小鳩くんと小佐内さんのコンビが送る学園ミステリ第二弾ですね。前作は「春季限定」というタイトルの通り春に起こった事件の数々が収録されていたんです… このレビューの続きを見る

憫笑うサイレンス

15:38:By 3104.com

  昨日、密林さんで頼んだ三冊が手元に届きました。 今日の朝には櫻子さんの〜を読み始めたばかりです。 表紙を見る限りではじぶん好みの絵なので櫻子さんも美人だと思うし 正太郎くんも可愛くて早速ついった… このレビューの続きを見る

春期限定いちごタルト事件からおよそ一年の月日が流れた、夏。 探偵気取りで色々なことに口を挟んで他人に不快な思いをさせた小鳩常悟朗 復讐を何より愛する気質ゆえに多くのトラブルを巻き込んだ小山内ゆき … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。 賢しらに名探偵を気取るなどもって… このレビューの続きを見る

小説とかいろいろ

10:25:By g-syrup

そういえば小市民シリーズを2作目まで読みました米澤いいよ米澤2作目は特に小山内さんと小鳩くんの心理戦というか、そんなんがいいですね。緊張感があって。一作目はなんというか、ウォーミングアップですね。三作目が非常に楽しみ。最近アニメの感想さぼってますね忙しいですレポート書きたくないの一心でブログかいてます生きる・・・

新境地開拓、開拓! というか、弟の部屋に遊びに行ったときに米澤穂信の本がたくさんあって、「おもしろいの?」と聞いたら「おもしろい。良いよ。」と返事が返ってきたので、弟の言うことだからさぞおもしろいのだ… このレビューの続きを見る

3.5

小説とかいろいろ

00:48:By 5 SentiMetre

そういえば小市民シリーズを2作目まで読みました米澤いいよ米澤2作目は特に小山内さんと小鳩くんの心理戦というか、そんなんがいいですね。緊張感があって。一作目はなんというか、ウォーミングアップですね。三作目が非常に楽しみ。最近アニメの感想さぼってますね忙しいですレポート書きたくないの一心でブログかいてます生きる・・・

小鳩君と小佐内さんは高校二年生になりました。 季節は夏になりました。 二人はつましい『小市民』を目指していますが、この夏、小佐内さんは<小佐内スイーツセレクション・夏>に運命をかけていたのです。 … このレビューの続きを見る

春期限定いちごパッフェから続いて読了。高校生の男子と女子のホワーンとしたちょっとした事件解決物語かと思いきや。フィッシュストーリーじゃないですが、最後の伏線が解決するカタルシスたるや!ホワーンとして… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書小市民にしてはデカイ事件が起こったなあ、と思っていたら最後の最後にもひとひねり用意されていた。小説としてはよく考えられていて、前作より盛り上がってきたのはうまいつくりだなあと思う。 けど、小山内ゆきはなんという……(絶句) 春からこんなに印象が変わるとは……

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そ… このレビューの続きを見る

小山内さんと小鳩くんの、「小市民シリーズ」第2弾です。 前作は短篇集でしたが、今回は長編でした。 恋愛関係でも依存関係でもない、互恵関係にある二人は それぞれ過去に経験したことの反省から、日々を平穏に … このレビューの続きを見る

 小鳩常悟朗と小佐内ゆきは日々平穏に小市民として過ごすために恋愛関係でも依存関係でもなく、互恵関係を結ぶ間柄。小鳩はひょんなことから小佐内の夏休みを使ってスイーツを食べつくす計画に付き合わされる事に… このレビューの続きを見る

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そ… このレビューの続きを見る

 夏期限定トロピカルパフェ事件  著者 : 米澤穂信  受賞歴 : 2007年このミステリーがすごい! 10位タイ         2007年本格ミステリ・ベスト10 4位

 『春期限定・・・』とはうってかわってずっしりした感じ。小佐内さんの過去やキャラが明らかになってきて、さらに『終期限定・・・』が楽しみになりました。

 『春期限定いちごタルト事件』の続編。相変わらずサクサクと読めるお手軽さと、冒頭からイキナリ小佐内さんに手を出そうと悶々としている小鳩くんが気になって、気付いたら一気に読みきってしまっておりましたとさ(^ω^;)

  小鳩くんと小佐内さんの小市民シリーズ第2弾! 春期が連続短編なら、夏期は長編仕立て!(でも、短編のような読みやすさ!) 読み出すと止まらないー!面白いっ!!! 衝撃のラストに切ない気持ちになった。 最近、出版されたばかりの「秋期限定・・・」が早く読みたいっ!!! フミオ、早く読み終わってくれ!!!(注:春期も夏期もフミオから借りた本だったりします・笑)  

 春季限定の続編です。今度はひと夏の間に二人はたくさんデートします。いろんなスイーツ(笑いごとではない)を食べてまわるのです。甘いものマップまで作って。二人の関係、とくにパワーバランスに注目です。その確かめ方に僕はちょっとぞくっとしました。理由はきかないでください。かわいらしい女子というのは絶対に最強であるべきですし、いわずもがな最強なのだなと、それがいいなあと思います。

ポップな言葉がタイトルに並んでいるのになんだか事件はヤヌスの鏡チック(わかる人だけわかってくだされ)で泥臭くてなんだか物悲しい気分になりました。ああいうのいつの時代でも同じなのかもしれないけど…純然たる… このレビューの続きを見る

を、読みました。 自分が米澤穂信さんを、意外とスキであることに 気がついた管理人です◇ 「春期限定いちごタルト事件」の方は二人の序章ですね。 小鳩くんの「狐」…、うっとおしいですが可愛いです。 「小市民」… このレビューの続きを見る

小市民シリーズ2ですシャルロットのお話は、小鳩くんなんだか可愛かったですねそんな一面も・・・みたいなお菓子の描写というか、食べ物の描写がすごく素敵だと綿菓子のような甘い前半と打って変わって、後半は、とっても苦い小佐内さんと小鳩くんの関係は、さらに、ちくちく・・・・関係性は、なくなってしまうのでしょうか。

小市民シリーズ夏仕様。 こ、怖い!表紙や前半のイメージと後半が違いすぎ! 確かに思いっきり次作の匂いを匂わせてるんですが、コレ発行から2年、 まだなんですよね; 春→夏も2年あいていたようなのでそろそろ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 <小市民シリーズ>二作目です。連作短編。 小鳩君は小佐内さんに負けて、<小佐内スイーツセレクション・夏>に付き合わされることになる。一方で、友人の健吾は、一歳年下の彼女のために… このレビューの続きを見る

小市民シリーズ第2弾です。 このシリーズは、表紙が可愛くて可愛くて。 で、そのイラストに違わず可愛い主人公の二人。 特に、「シャルロットだけはぼくのもの」は、何だか可愛かったぞジョータロー! で、その… このレビューの続きを見る

第二段!! 今回も前回以上にケーキやパフェが食べたくなる一冊でした 甘いものを制覇して今回は終わりかと思いきや、最初から全て計画の中…… というミステリーらしい展開がものすごく素敵でした 出てくる甘… このレビューの続きを見る

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そ… このレビューの続きを見る

創元推理文庫 / 2006年4月14日初版 / 571円 小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。 賢しらに名探偵を気取るなど… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念… このレビューの続きを見る

 「小市民シリーズ」第2弾。今回は、ちょっとした賭けに負けて、小鳩君が 夏休みの間、小佐内さんの市内スイーツめぐりにつきあわされるところから、 始まります。そして、ものすご〜く苦い結末が待ってい… このレビューの続きを見る

なんていいますか。 読み終わった直後、作者の方に「ごめんなさい」と謝りたくなった一品でした。 前作の 春季限定イチゴタルト事件 を読んだとき、正直あまり面白くなく(むしろあらすじのほうが、本編より… このレビューの続きを見る

 それはまるで、綿菓子のよう。甘い嘘を膨らませたのは、ほんの一つまみの砂糖。(本文より)  『春期限定いちごタルト事件』に続く、小市民シリーズ第二作目。あちらでは高校に入学した時点から話が始まってい… このレビューの続きを見る

前作から一年が経過した「小市民」を目指すふたりの話。小山内さんとのカケに敗れて「夏・スイートセレクション」に参加する羽目になった小鳩くん。ふたりの関係も新しい局面を迎える。 小市民シリーズ第二段で… このレビューの続きを見る

関連する商品