DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed さよなら妖精 - 米澤 穂信 のレビュー全22件 JUGEMブログ

>
[Amazon] さよなら妖精 (創元推理文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

さよなら妖精 (創元推理文庫)
さよなら妖精 (創元推理文庫)で自分のブログにレビューを書く

さよなら妖精

おすすめ!3.5 [3.5](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:37553位
  • Amazon価格:¥ 802
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4488451039(東京創元社)
さよなら妖精 (創元推理文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.5 [3.5]

 立て続けに米澤穂信氏の作品を読んでいる。今回は出世作と謳われる 『さよなら妖精』。正直225ページくらいまで、どこが出世作かわからなかった。まして 「これはミステリーではないのでは?」 と。解… このレビューの続きを見る

さよなら妖精

23:08:By かきなぐりR

タイトルに惹かれて購入 帯の「不朽のボーイ・ミーツ・ガール・ミステリ」って書いてあったので、よっしゃ〜☆と思ったんだけどね 実際に読んでみたら、思っていたのと違っていた(苦笑) 米澤サンは小市民シリーズが良いよ… 以下、続きにて

   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐一九九一年四月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】時は1991年4月。ユーゴスラヴィアからマーヤという一人の少女が日本にやってきた。そんなマーヤと高校生の守谷はやがて親しくなるのであったが、事情もあり、やがてマーヤは祖国へと帰って… このレビューの続きを見る

雑記

22:51:By 電脳汁垂れ流し

「さよなら妖精」と「犬はどこだ」を友達に借りて読みました。 この著者、名前だけは聞いたことあったような、なかったような。 さよなら妖精の方のあらすじは、↓のような感じ。アマゾンからコピペ。 一九九一年… このレビューの続きを見る

さよなら妖精

21:15:By ぶくわむ

ユーゴスラヴィアからやってきた少女・マーヤが日本で興味を持つ謎に触れていく日常ミステリ。 それに「哲学的意味はありますか?」? そして本筋は、そのマーヤが実際ユーゴスラヴィアのどこから来たのかを、主… このレビューの続きを見る

 推理小説に出てくる謎が日常の中に溶け込んでいて、どのジャンルに属している本なのか分からなくなるような不思議な感じ 青春の甘酸っぱさとか、ほろ苦さとか、切なさとかが混ざり合って、こんな推理小説もあるのか・・・と自分の世界が広がった本

あの高校生の頃。ほろ苦く、苦い・・・ 1991年4月、雨宿りしていた少女マーヤとの出会いは、高校生だった僕らに忘れがたい余韻を残した・・・。 主人公は高校3年生の男子・守屋。ユーゴスラヴィアから来ていたマ… このレビューの続きを見る

ユーゴの紛争を絡めた設定。色々なことが盛り込まれていて、色々な読み込み方が出来そう。この作品でもやっぱり登場人物のキャラが特徴的で好きです。これで文庫化されたのは読み終わってしまったかな。残念。

   雨宿りをするひとりの少女・マーヤとの出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた・・・出会いと祈りの物語。 ちょっと難しく感じた。 日常にしては、非日常であって、日本人は島国育ちなんだなってしみじみ思った。 非日常に思えることが、現実に存在するってことも知らないといけない気がした。 何気に重い1冊。

紹介文を読んでもなかなか手が出しにくい、私の好みとはちょっと違いそうな作品だっただけに、読み始めるまでに時間がかかりました。面白そうなラインナップが積読本に揃ったので、万一ハズレな場合でもフォロー万… このレビューの続きを見る

3.5

さよなら妖精

09:40:By Rapunzel*

ずっと積読状態だった米澤本をようやく拝読。 随分と前に買っていたのに、シリーズ物の続きが気になり後回し状態になっていたもんで。 にしてもこの作品、中々ヘビーな内容だ。 半分は、古典部シリーズや小市民シリ… このレビューの続きを見る

 この本の感想・軽い文体と、現実の一般的読者とユーゴとの距離がリンクしている<非常に怖かった。・頑張る主人公へ感情移入して自分とリンクしたところへその駄目さ加減を認識させられる。・太刀洗さんがと… このレビューの続きを見る

『村田エフェンディ滞土録』を読んだときの気持ちを思い出しました。 対岸の火事だったできごとが、初めて現実味を持って迫ってくるときの恐怖。痛み。 新しい世界に触れて、自分(故郷)を知るよろこび。 自分… このレビューの続きを見る

1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれ… このレビューの続きを見る

導入部とても深刻に会話が進められていくので、いったいどんな重大事件が…とわくわく胸を踊らせて(←とてもダメ)読み進めたら、ごく普通の学生生活に飛び込んできたすごくかわいらしい異邦人の女の子との近づきたい… このレビューの続きを見る

さよなら妖精

22:16:By 陽だまり日記

米澤さんの作品は、「古典部シリーズ」などを読んでいましたが、文章に独特の空気感があって好きです。でも、この話は今までと異なる展開が結末にあり、強烈な余韻を残す内容でした。胸にじんわり痛みが広がってい… このレビューの続きを見る

途方に暮れた様子で雨宿りをする白人の少女。ユーゴスラヴィアから来た、日本語を少しおかしく、でも上手にあやつるマーヤとの出会いが、何気なく過ごしていた日常に意味をあたえる。「忘れ難い余韻をもたらす、出… このレビューの続きを見る

学校帰り、偶然であった異国の少女、マーヤ。ユーゴスラヴィアからやって来たマーヤは、日本の日常生活や文化に興味深々で、好奇心旺盛だった。けれど、どこか謎に満ちていて…。 マーヤと2ヶ月間を過ごした守屋、… このレビューの続きを見る

ふと気付けば思い返す本というのは限られていて、 たとえば泣いたり・感動したり、感銘を受けたりする本はたくさんあっても、 思い起こしてその時のことを深く考えるなんてする本や映画やすべてのフィクションで … このレビューの続きを見る

1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。 遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。 彼女と過ごす、謎に満ちた日常。 そして彼女が帰国した後… このレビューの続きを見る

作品紹介 1991年4月、雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。謎を解く鍵は記憶のなかに――。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。

関連する商品