DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 犬はどこだ - 米澤 穂信 のレビュー全18件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 犬はどこだ (創元推理文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

犬はどこだ (創元推理文庫)
犬はどこだ (創元推理文庫)で自分のブログにレビューを書く

犬はどこだ

おすすめ!3.7 [3.7](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:30926位
  • Amazon価格:¥ 799
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4488451047(東京創元社)
犬はどこだ (創元推理文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.7 [3.7]

 米澤穂信氏の『犬はどこだ』である。「なんというタイトルだ」「あおり文句もいまひちそそられないなあ」と読むのを後回しにしていて激しく後悔!傑作である。言葉を変えよう。大変にわたくしの好みだ!なぜ… このレビューの続きを見る

3.7

荒野の紺屋

14:12:By koopot

今日は代休でお休みコトラです、こんばんは。午前中はいろいろと用事を済ませ午後は引きこもりつつ野球見つつ読書。、、野球の結果?記憶にございませんが今日読んだ本は犬はどこだ/米澤穂信いやあおもしろかった… このレビューの続きを見る

雑記

22:51:By 電脳汁垂れ流し

「さよなら妖精」と「犬はどこだ」を友達に借りて読みました。 この著者、名前だけは聞いたことあったような、なかったような。 さよなら妖精の方のあらすじは、↓のような感じ。アマゾンからコピペ。 一九九一年… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 何か自営業をはじめようと思い立ち、「紺屋S&R」という迷い犬探し専門の業者を立ち上げた紺屋。しかし、そこにやってくるのは犬探しの依頼のお客ではなかった。なにがどう間違ったのか、行… このレビューの続きを見る

 古典部シリーズ、小市民シリーズ、そしてインシテミル以来に米澤さん作品を読みました。 やっぱり米澤さんの作品が好きです。そしてやっぱり私はミステリが好きなんだって感じました。 今月に入って2冊目のレビュー。読める時、書ける時にレビュー書いちゃいます!! えっ、あの「犬探し」が主でして……

金融マンとして働き始めたものの都会の空気が合わなかったのか、身体を壊し田舎に戻って探偵事務所を開いた男・紺屋。「紺屋S&R」は犬捜しが目的だったが、飛び込んできた依頼は、都会から同じように田舎へ帰ってい… このレビューの続きを見る

犬はどこだ

20:34:By ぶくわむ

犬捜し専門(希望)の私立探偵となった紺屋長一郎だが、紺屋のもとに集まるのは、犬ではなく失踪人捜しの依頼や探偵に憧れる後輩などなど。一体犬は…(笑)。 そんな話。 今まで読んだ米澤作品の中で一番好きか… このレビューの続きを見る

しばらく米澤さんの本を読もうかな。米澤さんとは同い年みたいです。自分と同い年の人の活躍がとても気になります。

   開業したばかりの犬探し専門(希望)私立探偵・紺屋に舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。 ふたつの事件はなぜか微妙にクロスして・・・事件の真相は? 読み慣れているつもりの米澤さんの文章がくどく感じて、どうも読みにくかった。 ラストはなかなかミステリアスだったけど、曖昧すぎることが多くてしっくりこなかった。 キャラが好きになれないと、しっくりこないのかも。

 「こっちの梓はヤンキーだ!!」 ・・・ 米澤穂信さんの作品では 「古典部シリーズ」 「小市民シリーズ」 を 読破しています 今までは シリーズものを 抑えていたので ちょっと シリーズ外も 読んでみよ… このレビューの続きを見る

3.7

嗜んでおります

21:38:By Living record

  探偵始めたけど、たいしたことはできないので犬探しをしようとした探偵になぜか失踪事件の依頼がきて調査・解決する話。 これは良いよー。面白いよー。

犬はどこだ

18:02:By 受賞本

 犬はどこだ  著者 : 米澤穂信  受賞歴 : 2006年このミステリーがすごい! 8位タイ

今日の1冊は、米澤穂信さんの 『犬は」どこだ』です。 都会での生活につまづいた紺屋(こうや)長一郎は田舎に帰り、 なぜか 犬探し専門の調査会社を開きます。 ところが舞い込んできた依頼は、人探しと古文… このレビューの続きを見る

このタイトルにして、犬がメインのハナシではないのだ。意表をつかれるストーリー。 犬探し専門の探偵事務所を立ち上げたはずが、舞い込んできた依頼は、犬探してではなく「人」探し、そして「古文書解読」。なん… このレビューの続きを見る

 なくして困って探すのも探し物なら、探したくても探しはじめることすら出来ないということもあるのだなと。探す、探るという行為。それそのものが目的な事も多々あるわけです。仕事で追い詰められて、欲しい… このレビューの続きを見る

軽妙な文章で事件に関わっていくさまが語られるので油断していたせいか、転職の経緯で泣いてしもたわ。おばーちゃんがステキだ。 そして大南さんに心の中で悪態ついてるくだりがすごい好きだ。腐れ縁万歳。ええ人… このレビューの続きを見る

開業にあたり調査事務所“紺屋S&R”が想定した業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。―それなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロスして…… このレビューの続きを見る

開業にあたり調査事務所が想定して業務内容は、ただ一種類。 犬だ。 犬捜しをするのだ。 ――それなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。 しかも調査の過程で、このふたつは何故か微妙にクロスして…… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品