>
[Amazon] 夢の終わりとそのつづき (創元推理文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夢の終わりとそのつづき (創元推理文庫)
夢の終わりとそのつづき (創元推理文庫)で自分のブログにレビューを書く

夢の終わりとそのつづき

3.2 [3.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:275608位
  • Amazon価格:¥ 814
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4488459072(東京創元社)
夢の終わりとそのつづき (創元推理文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.2 [3.2]

3.2

購入続き。

19:40:By knock ; lucK

+ 『刺青白書』はじめて、他者視線の柚木が見られる。なるほどこんな感じのひとだったのか。へえー。ミステリをミステリとして愉しむ、と云う趣味とは縁がないので、ミステリが云々はまるでわからないけれど、これ… このレビューの続きを見る

柚木草平 第二期シリーズ。 元は柚木草平シリーズとは別物だったそうですが、それを主人公を柚木に変えたものだそうです。 お話は、 ある日、柚木の事務所にやってきた美女が「ある家から出てくる男を1週… このレビューの続きを見る

柚木草平シリーズ第5弾の文庫が出ていたので買いました。 文章のテンポがすきで、出たシリーズは全部読んでいます。 今回は、ちょっと事件のストーリが無理やりっぽい感じはしましたが、 テンポよく最後まで読むことができました。 次は、9月に刊行予定みたいなので、楽しみに待っていたいと思います。

 警視庁の刑事を辞めて8ヶ月、雑文を書いてしのいでいた草平のもとに現れたのは絶世の美女だった。手付金の100万円を手に入れ、依頼されたとおり男を尾行し続けたのだが、男は毎日買い食いしながら歩くばかり。し… このレビューの続きを見る

刑事を辞めて八ヶ月。 雑誌への寄稿で食いつないでいた俺・柚木草平を、絶世の美女が訪ねてきた。 ある男を一週間尾行するだけの簡単な仕事に、二百万円もの報酬。 買い食いしながら一日歩き回るのを尾けていた… このレビューの続きを見る

関連する商品