DB Error: connect failed 晩夏に捧ぐ) - 大崎 梢 のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)
晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)で自分のブログにレビューを書く

晩夏に捧ぐ)

おすすめ!3.3 [3.3](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:53411位
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4488487025(東京創元社)
晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.3 [3.3]

読んだの結構前だから感想忘れちゃった。 面白かったよ。 長編だから長かったけど、ほとんど聞き込みって感じの印象。 ミステリってそうなのかもしれないけど。 謎がいろいろあって登場人物が多くて、面白かった! シリーズもう一作あるみたいだから今度読もうかな。

本屋さんに勤める女性2人が探偵になって、本にかかわる謎を解く。場合によっては、殺人事件まで解決しちゃう。なかなか、面白かったでござんす。 ただ、もうちょっとキャラクターが濃いといいのになあ。あんまり… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 本屋スタッフが、本屋でおこった事件を 解決していくってゆう、推理物。 本屋スタッフの気持ちとか、棚への愛情とか 本屋好きにはたまらない内容でした。 テンポもよくて、本屋スタ… このレビューの続きを見る

シリーズ二作目。長編です。 何というか、人物の書き方に嫌味がない作家さんだなあ、と再認識。 男女を問わずで、何とも人物にいい味があるんですよね。 ミステリものに限らず、シリーズものの主人公は極端という… このレビューの続きを見る

シリーズものの第1弾を読まずに2弾目を先によんでしまた。

JUGEMテーマ:読書  本屋に勤める杏子とアルバイト多恵が事件を解決する「成風堂書店事件メモ」シリーズ第2弾出張編。(・・・といいつつ、一冊目を読んでいません)事件の内容も、謎解きも、本格サスペンスにはちょっと遠い、ゆるい推理物といった感じですが本屋さんの視点に立ったことがないのでなかなか好奇心をくすぐられる一冊でした。頭は切れるのに、不器用な多恵ちゃんがかわいいです。

少し物悲しい。 本格書店ミステリ「配達あかずきん」2作目。杏子のもとに、昔ながらの地元書店に働いている友人から手紙が届く。いわく、お店に幽霊が出るらしい。しかもそれは27年前にあった殺人事件に関係する… このレビューの続きを見る

駅ビルの書店で働く杏子のもとに、長野に住む元同僚・美保から手紙が届いた。 彼女の勤める地元の老舗書店に幽霊が出るようになり、おかげで店が存亡の危機にあると知らされた杏子は、アルバイトの多絵と共に信州… このレビューの続きを見る

やったー。年を越せたー(笑)。どうにも、読後の感想を書く本ばかりがたまってきてまして(苦笑)。言うほどでもないですが。つい、図書館で借りた本なんていうのもあったりすると、当然返却日もあるわけです。メ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ということで、久々のカテゴリですな今日この頃です。シーズンオフ入りが早かったとはいえ、何かと話題のつきない日々で今日まで。あとは本を買ってはみるもののなかなか進まなくて、積まれ… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】本屋さんで働く杏子のもとに、友人で地方の本屋さんで働く美保から連絡が入った。彼女が言うには、なにやら職場にお化けが出るようになり困っているのだという。数々の謎を解いてきたアルバイト… このレビューの続きを見る

晩夏に捧ぐ

02:37:By 机上のアンセム

成風堂書店シリーズの2冊目。杏子さんも多絵ちゃんも、いかにも本屋さんにいそうな感じで、いいんだなー。多絵ちゃんの不器用さは他人事とは思えない。この手の品のいいミステリはやはり創元が粒揃い、基本ハズレな… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品