>
[Amazon] 経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)で自分のブログにレビューを書く

経済ってそういうことだったのか会議

おすすめ!4.2 [4.2](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:5211位
  • Amazon価格:¥ 648
  • ユーズド価格:¥ 13
  • ISBN/ASIN:4532191424(日本経済新聞出版社)
経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 4.2 [4.2]

だんご  三兄弟 ♪ ということで、経済についての対談。 私でも知ってる竹中平蔵氏と、 だんご三兄弟とかポリンキーとかの佐藤雅彦氏。 感想は一言で言うなら、「面白かったー!」 経済、エコノミーの語源… このレビューの続きを見る

一部にプチ好評だった前回の記事。 今度は絵本じゃないっすw 「経済ってそういうことだったのか会議」 竹中平蔵と佐藤雅彦の対談集です。 出たのは2000年なので、竹中さんがまだ大臣をやる前ですね。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:気になること  第三の道が見つかったのかわかりませんが、菅直人副総理財政出動 財政出動と財政規律について考えている。私もデフレスパイラルに陥らないために財政の役割は重要と考えている… このレビューの続きを見る

◆読書レビュー 竹中平蔵氏に『ピタゴラスイッチ』などを手掛けるクリエイターの佐藤雅彦氏が、 経済の話を聞いた対談集。経済学は役に立つの?なぜお金はお金なの? 税金というシステムはだれがつくったの?といっ… このレビューの続きを見る

◆読書レビュー 竹中平蔵氏に『ピタゴラスイッチ』などを手掛けるクリエイターの佐藤雅彦氏が、 経済の話を聞いた対談集。経済学は役に立つの?なぜお金はお金なの? 税金というシステムはだれがつくったの?といっ… このレビューの続きを見る

 【政治】長妻厚労相「党職員を公務員に」…省内説明同席問題 長妻厚生労働相は25日の閣議後の記者会見で、 省内の担当部局から説明を聞く際に 守秘義務のない民主党政策調査会の職員を同席させている問題に… このレビューの続きを見る

 お盆は、両親もちょうどいたので相方と友人たちとバリにいってきました。はまさんは日本で半断食でしたし残念。でも、のんびりしてきました。(様子は相方のmixiをどうぞ)しかし、ネシアのオカマは危険で… このレビューの続きを見る

 こんなものが売れているみたいです。興味はありますね。

JUGEMテーマ:趣味 著者の佐藤さんが日々考えている経済の疑問に もう一人の著者である竹中さんが答えるという形式になっています。 佐藤さんの考え方、問題の切り口の鋭さに 思わず「そうそうそれ知り… このレビューの続きを見る

 ねんがん の えふえふしーしーを てにいれたぞってことで乙女家にて会合みんな50前後だったので適当にリバベルいったり、クエやったりわいわい11時までねばってもーたかえってメカハムと旧作ボスラッシュ… このレビューの続きを見る

出版社: 日本経済新聞社 (2002/09) ISBN-10: 4532191424 ISBN-13: 978-4532191429 発売日: 2002/09 商品の寸法: 15 x 11 x 2 cm

 我々が、個人としてだけではなく、みんなでどのように生きたらみんなで幸せになることができるのか?それを発端とする学問がオイコノミコス、つまり経済学の始まりだったのだ。第1章 お金の正体・・・貨幣と… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:Book review「これまで気になっていたことが解決されていく気持ちよさ」「経済」になじみがなかった人にとってはそんな気持ちよさをたくさん得られる本のように思います。そういう私自身は、例… このレビューの続きを見る

Nまから借りて読みました☆ もう読んでから何日か経つから頭の中から内容出ていっちゃってるかもしれないけど。 なかなかおもしろかった。経済学っておもしろいね。 てか高度。目に見えないものを扱うのって難… このレビューの続きを見る

やっと読めた〜〜 なんとなく手にとって立ち読みしてみたら、牛乳ビンのふたビジネス(小学生が必ずやるあれ)から経済のお話が展開されてて、とっかかりやすいと思って購入。 でも、途中でふぬ〜っとなった… このレビューの続きを見る

しまった。もっと早く読めばよかった。 時代が移ろう感覚を感じられる年齢になったらしい。 この本には8年前の空気が流れているのがわかる。9.11以前。 ここから今になって変わったものがあるね。 「後方… このレビューの続きを見る

元経済財政政策担当大臣の竹中平蔵氏と、元電通マンでピタゴラスイッチなどを手がけた佐藤雅彦氏の対談形式により綴られる本。 経済についてわかりやすく理解することができた。 経済用語解説もちゃんとついているので頷きながら軽く読み進めることができる。 経済や商学を勉強し始める大学一年生とかには特におススメかも。

経済だなんて、ぜんっぜんわからないし、イメージもわかなかったんですが、 とても身近で、人間的なもの(?)なんだなあ、と思いました。 ちょっと古いですが、かなりおもしろいです。 目からウロコボロボロ。