>
[Amazon] アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役
アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役で自分のブログにレビューを書く

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役

おすすめ!3.3 [3.3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:34228位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4532312957(日本経済新聞社)
アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.3 [3.3]

著者が京セラ前身の会社を設立した際、 経営知識等がなかった為、 経営の原理原則として 「人間として何が正しいか?」 を置いた。 その考えは、 判断するには 物事を本質から見る、 単純ではあるが 売上を最大に… このレビューの続きを見る

 本書は京セラの社長、会長を務めた稲盛和夫さんが明かす、京セラを支えたアメーバ経営を紹介した本。今まで稲盛さんの著書を数冊読んできましたが、さすがに一時代を築いた方とあってしっかりとした経営理念をも… このレビューの続きを見る

京セラ名誉会長、稲盛和夫さんの著書です。 独自の経営論である、 アメーバ経営のことが詳細に書かれています。 部門別採算制度が、その中核をなしていますが、 それら諸制度の根底には、「人間として何が正しいのか」を 判断基準に置く”稲盛イズム”が行渡っていると思いました。 深く、揺り動かされた一冊です。

稲盛 和夫 の本は、会社の先輩に進められてから はまりぎみ。