>
[Amazon] 道具としてのファイナンス

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンスで自分のブログにレビューを書く

道具としてのファイナンス

おすすめ!4.1 [4.1](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:1149位
  • Amazon価格:¥ 2,592
  • ユーズド価格:¥ 2,142
  • ISBN/ASIN:4534039484(日本実業出版社)
道具としてのファイナンスのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 4.1 [4.1]

 道具としてのファイナンス

証アナ試験では、協会テキストを熟読して 試験に臨む方法もありますが、私自身は 協会テキストを一切使用しませんでした。 理由として、内容が高度過ぎるため。 お勧め勉強方法は、 「道具としてのファイナンス」をまずは読んで ファイナンス基礎知識を蓄え、過去問題に あたっても証アナ1次は行けると思いますよ。

企業価値を最大化にするにはどうすれば良いか? 損益計算書では債権者に支払うコストしか出てこない。 もう一方の投資家である株主に払うコストは? 経常利益が黒字でも、更に株主にコストを払い 赤字になるのであ… このレビューの続きを見る

先日、マルチプル法を紹介しましたが、 本書では詳細にマルチプルの計算方法が紹介されています。 本当に本書、お勧めですよ。 自社の企業価値、事業価値をモニタリングする場合、 簡単に出来る方法はないでしょ… このレビューの続きを見る

企業価値とは何でしょうか? 結構、混同します。 ここらで本書を使って頭の整理。 企業価値の算定=バリュエーション(valuation) 企業価値(Enterprise Value: EV)=株式時価総額+ネット・デット 企業価値と… このレビューの続きを見る

ファイナンスの公式って 小難しく、分かりにくいですよね。 公式を理解しても、計算できなければ 意味もなく、それらの公式は徐々に忘却の彼方。。。 それがエクセルで考えることなく 計算できればどうでしょうか… このレビューの続きを見る

日産で大活躍された道具としてのファイナンスの石野師匠が9月12日(土曜)大阪にてセミナーを開催されます。多分、ファイナンスのセミナーです。申し込みはこちら東京まで行くのはちょっと・・・、私S(主婦やし)… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 図書館で借りてきて2週間で読み切れる本ではない。 それだけ中身が充実している、お勧めの1冊である。 私が受講した「ファイナンス基礎」@グロービスを、 手軽に自習できる本だと実感できる位、 しっかりとした構成と中身になっている。 これからファイナンスを勉強する諸氏へ、 ぜひこの1冊を手元に置くことをお勧めする。

関連する商品