DB Error: connect failed やんごとなき読者 - アラン ベネット のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] やんごとなき読者

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

やんごとなき読者
やんごとなき読者で自分のブログにレビューを書く

やんごとなき読者

おすすめ!3.4 [3.4](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:229210位
  • Amazon価格:¥ 2,052
  • ユーズド価格:¥ 230
  • ISBN/ASIN:4560092257(白水社)
やんごとなき読者のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.4 [3.4]

やんごとなき読者

21:50:By in a closet

   誰に対しても、何に対しても平等なイギリスのエリザベス女王が、80歳近くになって「読書」に出会い、人が変わったかのように生き生きと、より人間らしい女性に変わっていく…という遊び心に満ち… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 飼い犬が縁で(もちろんコーギー)、読書に目覚めた現女王エリザベス二世。次第に読書が彼女を変えていきます。喜びや疑問、そして自分の人生とは何なのか。 英国でベストセラーになるという… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これは、女王エリザベス?世がもし読書に夢中になったら…という仮定に基づく架空の物語。 女王が読書に夢中になるくらい別にいいんじゃない?と思うし、女王たるもの本はある程度読むべきで… このレビューの続きを見る

 今年初の、というより久しぶりの翻訳本。何ヶ月ぶり? 海外のものはどうにも苦手。例外もあるけれど、敬遠しがち。食わず嫌い感たっぷり。面白い物がたくさんあるらしいけど、表現というか文化?みたいなも… このレビューの続きを見る

22:09:By earlybird

 おもしろい本に出会いました。 読書習慣の無かった現エリザベス女王が読書に目覚めてしまう話です。 実在のやんごとなき人物を品を落とさずにちゃかしているのか、風刺しているのか。 ノーブルなユーモアがあ… このレビューの続きを見る

amazonの「●●さんへのおすすめ」とか「関連商品」って、うざー(-_-)と思うことが多いんですが。余計なお世話だよとか。でもたまにはいうことを聞いてみるものだなー(笑)。ヴィクトリア女王の本を買った後、トップペ… このレビューの続きを見る

やんごとなき読者

21:45:By MINUS

   主人公は現女王エリザベス二世。それまで本にはほとんど興味がなかったのに、ある日飼い犬が縁で、すっかり読書の面白さにはまってしまう。カンニング する学生のように公務中に本を読みふけるわ、誰彼か… このレビューの続きを見る

英国女王エリザベス二世、読書にハマる。おかげで公務はうわの空、側近たちは大あわて。「本は想像力の起爆装置です」イギリスで30万部のベストセラー小説。(「BOOK」データベースより) もしエリザベス女王… このレビューの続きを見る

評価:★★★★★ 【あらすじ】 女王はちょっとしたきっかけで読書を始める。 今まで読書習慣のなかった女王は、いつの間にかどんどんのめり込んでしまう。しかし周りの従者たちは、それを良しとはしなかった。。。… このレビューの続きを見る

 <本好きにとっては必読の一冊。 ひょんなことから読書に耽るようになったエリザベス2世。 イギリス的滑稽さとユーモアに溢れているところも楽しい。 何より読書という行為を擁護しているところが全体に滲み… このレビューの続きを見る

ある日、エリザベス二世は愛犬を追いかけて移動図書館に入りこむ。兎を追って穴に落ちたアリスのように、その時から不思議の国への冒険が始まった。書記に抜擢した若者の助力で次々と小説や詩集にのめりこみ、公務… このレビューの続きを見る

翻訳は市川恵理氏。久しぶりに手にする白水社の本、縁の草模様がシックです。金の箔押しで表されるのは、どう見ても、あの「やんごとなき」お方の横顔ですね。「 英国女王エリザベス二世、読書にハマる。おかげで公… このレビューの続きを見る

関連する商品