DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed わすれられないおくりもの - スーザン・バーレイ のレビュー全17件 JUGEMブログ

>
[Amazon] わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)で自分のブログにレビューを書く

わすれられないおくりもの

おすすめ!4.1 [4.1](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:大型本
  • Amazonランキング:3887位
  • Amazon価格:¥ 1,296
  • ユーズド価格:¥ 510
  • ISBN/ASIN:4566002640(評論社)
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 4.1 [4.1]

おくりもの、気づかされたもの、こと、たくさんあるな〜 この3日間だけで、 家族でいっぱい話しました。 友だちが、仲間が、本当にあたたかい。 たくさん励ましてくれて、一緒に泣いてくれた。 久しぶり… このレビューの続きを見る

著者はスーザン・バーレイです。 この本は絵本ですが、 子供よりも大人方が感動するかもしれません。 絵がとてもきれいです。 動物たちの絵もきれいです。 主人公のアナグマは年をとってきたので、 死ぬ覚悟ができ… このレビューの続きを見る

書けるものから文章を書いているので、 今年読んだ本も書き進めているのだけど、 この二冊で、やっと、2012年に読んだ分ができあがる。 半月遅れでやっと年越し気分。 なんか、残してしまうとすっきりしないもので… このレビューの続きを見る

今朝、祖母が亡くなりました。高齢で何度も体調を崩し、しばらく前から入院していましたが、最近は体調も安定していると聞き安心していた矢先の訃報でした。TVドラマなどでは、容態急変の報せを受け、駆けつけた家… このレビューの続きを見る

ちょっと前、友だちが絵本をくれました。同じように、大切な友だちを失った経験のある友だち。ゆっくりゆっくり読みました。大切にしよう。======お友だちのとしえちゃんが亡くなってしまい大きななものを失いまし… このレビューの続きを見る

「大人のためのお話し会」に行ってきました。大人になってから読みたい絵本、大人に読んであげたい絵本がある。もしかしたら、大人も誰かにゆっくり絵本を読んでもらえる時間があったらいいんじゃないかな。プチうつの人や眠れない人のために優しい音楽と落ち着いた声に包まれた時間があれば癒されるかもしれない。贅沢なことじゃないような気がする。

JUGEMテーマ:日記・一般 

JUGEMテーマ:読書 くもんのすいせん図書A-50軽い気持ちで読み始めたんですが、心にしみました。生き方とか、死に方とか、考え込んでしまいました。いろんなこと、いろんなやり方を若い人たちに教えてあげたこ… このレビューの続きを見る

 おすすめの本を紹介しています。出版社/著者からの内容紹介内容(「BOOK」データベースより) アナグマは、もの知りでかしこく、みんなからとてもたよりにされていた。冬のはじめ、アナグマは死んだ。かけがえのない友を失った悲しみで、みんなはどう していいかわからない…。友だちの素晴しさ、生きるためのちえやくふうを伝えあっていくことの大切さを語り、心にしみる感動をのこす絵本です。

 静かな静かな土地で、静かに静かにアナグマが亡くなる話です。  追悼本のような感じがします。  作者のスーザン・バーレイさんが、身近で大切な人を失った時に描いた絵本なのかもしれません。  アナグマが、… このレビューの続きを見る

大切な人を失って哀しいのは当たり前だけど、最近はそれだけのお話が多すぎる。この絵本にはそれだけではなく、受け継ぐことの意味がしっかり描かれています。あなぐまのように、大切な人のために何か残してこの世を去ることができれば幸せだと思います。

一般的なことを綴るのは、意に反しますし、ここに載せても面白くないので、これからも独自の視点で、色々と地道にご紹介をさせて頂こうと思います。主にCD、動画、写真、絵本、詩などになるかと存じます。思わぬところに、リンクがあるやもしれません。ないやもしれません。さて、

☆しみじみ絵本☆ みんなから慕われていたアナグマが年をとって死んでしまいます。。。 残されたみんなの悲しみは大きく、なかなか消えませんでした。 寒い冬を越して春が来ると、少しずつアナグマとの思い… このレビューの続きを見る

「千の風になって」と同じく、誰の心にも響く優しい話。

「絵本」を侮る無かれ。 「死」と真正面から向き合った 珠玉の名作です。 主人公の「アナグマ」さんが 「拾八さん」とダブってきます。 本当に、みんなに愛された人でしたね・・・

「千の風になって」が人の心をうつのは、誰もが一度は 身近な人、大切な人を失った経験があるからだと思います。 このお話も、大切な人は心のなかに生きていると考えて、 悲しみを癒す大人のための童話です。 もちろん本来は子供のために書かれたものです。

関連する商品