好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

生かされて。
生かされて。で自分のブログにレビューを書く

生かされて。

おすすめ!4.1 [4.1](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:309342位
  • Amazon価格:¥ 1,471
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4569656552(PHP研究所)
生かされて。のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 4.1 [4.1]

4.1

生かされて。

05:28:By ぽれぽれ日和

 なんでこの本を読もうとしたんだっけな。ウガンダに行くって決まって、ルワンダにも行こうかって話が出たときに見つけたんだっけな。amazonで。あんまり一日で本を読み切らない私が一日で読み切った本。実話… このレビューの続きを見る

それはルワンダ大虐殺を生き残った一人の若い女性の自伝だった。 1994年、つい最近のの出来事だ。文明は進化しても人の理性に進化は期待できないのだろうかと考えてしまう。 せまいトイレの中で3ヶ月もの間7人の女… このレビューの続きを見る

 ルワンダの民族紛争を生き延びたツチ族の女性イマキュレーが書いた自伝です。「ルワンダの涙」「ホテル・ルワンダ」なども観ましたが、体験が文章になったものは、また別のリアリティーがあります。1994年、決し… このレビューの続きを見る

ルワンダ

22:43:By icono pic

CBSドキュメントにてインタビュー。

(以下、去年の春に読み、あまりに感動して友人に薦めまくった一冊について)1994年、ルワンダで起きた大量虐殺で、彼女の家族も惨殺されました。昨日まで隣人、友人だったフツ族が100日間で100万人ものツチ族を虐… このレビューの続きを見る

1994年、ルワンダ。隣人が、友人が、殺戮者と化し大鉈・ナイフを手に、「皆殺し」を叫ぶ!小さなトイレに身を隠し神との対話だけを力に、奇跡的に生き抜いたツチ族女性の世界を震撼させる恐怖と感動の手記。

ルワンダ大虐殺の体験記。 フツ族によるツチ族の殺戮を逃れるために、 小さなトイレにかくまってもらい逃げ切った女性の話。 6人いた家族も国外に留学していた兄しか 残らなかった。 彼女は敬虔なカトリック教徒で、その信仰に よって救われていた。そして怒りのあとの許し。 読んでいてあまりにも辛くなる話。 すぐ上のお兄さんとの話は悲しすぎます。

ルワンダでの大量虐殺の中生き抜いた女性の実話です。 人を殺すことを痛みに感じない人達。 昨日までの友達が殺人者になる。 目の前で家族や知り合いが無残に殺される。 こんなに激しく哀しい人種間の争いがあ… このレビューの続きを見る

4.1

生かされて。

21:40:By Mariko Best!

100日間で100万人のツチ族が虐殺された。 小さなトイレに身を隠し真実を伝えるために奇跡的に生かされたツチ族女性の恐 怖と感動の手記。 物語の冒頭1ページをまず読んでみて下さい。 つらくて、涙があふれ… このレビューの続きを見る

『生かされて。』

02:44:By Feed-over

2ヶ月ほど前に買っていたこの本。 ルワンダで発生した歴史的な大虐殺における実体験を、 数少ない生き残りの1人として、 イマキュレー・イリバギザという女性が綴っている。 アマゾンで買ったものの、他の… このレビューの続きを見る

この本は読んでて辛かった場面も沢山出てくるし・・・凄かった! 1994年のルワンダ・・・ツチ族とフツ族の対立。大虐殺の嵐・・・人々の心が狂い始めて歯止めが利かなくなる群集心理の恐ろしさ・・・。世界中の皆が知っていた… このレビューの続きを見る