>
[Amazon] ユリゴコロ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ユリゴコロ
ユリゴコロで自分のブログにレビューを書く

ユリゴコロ

おすすめ!3.8 [3.8](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:363011位
  • Amazon価格:¥ 1,540
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575237191(双葉社)
ユリゴコロのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.8 [3.8]

沼田まほかる著「ユリゴコロ」双葉社昨日借りて昨日のうちに読んでしまった。誰かの手記を読むというのは「小さなお家」に似ている。劇中劇のように小説の二重構造というのは時空が少し歪んでいておもしろい。更に… このレビューの続きを見る

今日久しぶりに図書館へ。冷房弱目。ネットで予約していた本を借りる。由良秀之「司法記者」(講談社) 今WOWOWでやっているドラマ「トクソウ」の原作本。 ドラマがおっそろしいので読んでみたくなった。 早く読… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 ユリゴコロ / 沼田まほかる(双葉社) 評価 ☆☆☆亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あ… このレビューの続きを見る

 すっかりご無沙汰しておりました。 最近主に仕事に忙殺されておりますが、何とか生きてます。 仕事は主にデスクワークで一日中PCばかり見て、通勤中もスマートフォンばかり見る中。 「これじゃいかん!」と… このレビューの続きを見る

さすが、うまいなあ。 どんどん引き込まれて最後まで一気に読み進めてしまう。 ドッグランを兼ね備えた喫茶店の店長をしている主人公。 先のながくない病を患った父。 その病気の発覚後、母がまさかの事故死… このレビューの続きを見る

3.8

ユリゴコロ

23:36:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書  

一昨年あたりにブームになってて、読んでみたいなーと思っていた作家さん。 「イヤミス」って紹介されてたけど、読後感は別に悪くない。 嫌な感じはないな。ただ、何ていうか、もやもやする感じ。 「ユリゴコ… このレビューの続きを見る

暗黒の欲望にとり憑かれ、さまよう魂。運命は、たったひとつの愛と出会わせた。沼田まほかるの小説は、身も心もからめとる―。おそるべき筆力で描ききった衝撃の恋愛ミステリー。 「BOOK」データデータベースより初… このレビューの続きを見る

8冊目

21:29:By あ・ら・mode

ミステリーっぽい感じで読んでいたら、最後には 「あれ?恋愛ものだったの?」となる不思議な作品でした。  

ひきこまれて一気に読んだ。すっごいよかった! comment  trackback

3.8

ユリゴコロ

20:25:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書  亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは… このレビューの続きを見る

 実家で見つけた四冊のノート。そこに書かれていたのは、生々しい殺人の記録だった。創作か事実か。末期癌の父の目を盗み、亮はノートを読み進めるが……。  ユリゴコロを得るため、呼吸するように人を殺してい… このレビューの続きを見る

 2011年ももうすぐ終わるということで、今年読んだ本を振り返ってみたいと思います。ちなみに、今年読んだ本は190冊らしいです。去年は201冊だったので...残念ながら前年超えならず...(^_^;)まぁ今… このレビューの続きを見る

 いよいよ明日は大晦日。2011年も終わっちゃいますねー。今年は色々お世話になった皆様。来年も宜しくお願い致します。ちなみに、12月はあと1日残ってますが、明日は年間ランキングの方を発表したいと… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】父を末期がんだと宣告され、母を交通事故で亡くし、最愛の彼女は謎の失踪を遂げるという、不幸のトリプルパンチを食らった亮介。そんな彼に、さらなる悲劇が襲った。父か母が書いたと思われる、… このレビューの続きを見る

*あらすじ*亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎の… このレビューの続きを見る

いつも夜に読んでいたのだが、途中で家族が留守することになってどうしようかと思った。続きは読みたいし、でも1人だと恐いし…。 こう云うじんわりしたタイプの恐い話は、女性作家の方が上手いと思う。じんわりとく… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品