>
[Amazon] 誘拐ラプソディー (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

誘拐ラプソディー (双葉文庫)
誘拐ラプソディー (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

誘拐ラプソディー

おすすめ!3.8 [3.8](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:131456位
  • Amazon価格:¥ 3,461
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575509701(双葉社)
誘拐ラプソディー (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.8 [3.8]

荻原浩2作

10:56:By beyond my wish

■誘拐ラプソディーお金もない、家もない、女もいない、あるのは借金と前科だけのダメ人間の主人公伊達秀吉。38歳にもなっていい加減で行き当たりばったりのどうしようもない男だ。だいたい名前からしてふざけてる。… このレビューの続きを見る

とてもホンワカした。やっぱりキャラクターが素敵。どうしようもない甲斐性なしの秀吉も憎めない。ヤクザ達も憎めない。伝助は否応なしに可愛い。人間は完璧ではないし誰にだって欠点はあるけど、でもそれぞれに好… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  何をやってもダメな男がたまたま出会った「家出志望」の6才児を誘拐したら、その子は暴力団組長の一人息子だった・・・というのが始まり。それから先はドタバタ展開になり、しかも「そ… このレビューの続きを見る

3.8

誘拐ラプソディー

23:37:By OT18-33

久しぶりに読書ネタ。 この本、図書館になくて、読みたいなぁってずっと思ってたら、この前ブックオフで発見。即購入。 何やってもダメな、前科者の伊達秀吉(この名前がすごいわな)が、自殺しようとして訪れた公園で出会った少年、伝助(小学1年生になる男の子)を誘拐(?)しかし伝助のパパさんが・・・。というような出だし。

あれ、私の持ってる表紙の画像がないw  ずっと欲しかったものの、なかなか踏ん切りがつかず・・・。 しかし、映画の予告をちょろっと見てものすごくおもしろそうだったので即購入。 初荻原浩さんでした。 … このレビューの続きを見る

伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイ… このレビューの続きを見る

『誘拐ラプソディー』 荻原浩

伊達秀吉は、金ない家ない女いない、 あるのは借金と前科だけのダメ人間。 金持ちのガキ・伝助との出会いを 「人生一発逆転のチャンス?」 とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。 警察はおろか、 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 伝助、かわいすぎ。 最初はなんて甲斐性なしの男かと思っていたけど、 やっぱりそこは荻原浩。おもしろかった。 ただなんつーか、神様から一言、とかより、「粗い」感じはあったかも。 伊坂幸太郎と並んで、結構気になる作家のひとりです。 この本も、映画化したらおもしろそうだな。

暴力団の息子だとは知らずに子供を誘拐してしまった男の物語。 「誘拐」モノなこの作品ですが、犯人側から描かれていて、 しかもかなり運の悪い男が主人公なので、 ドタバタコメディ系のノリになってます。 ただ、なんかちょっとよくあるパターンな気がするので、 もうちょっと捻りがあってもよかったかなーと思います。

誘拐ものミステリー話はたくさんあるけれど、 これほど楽しい誘拐ストーリーはないでしょうね〜 思ってもみない展開に笑ってしまいました。 伊達秀吉って主人公の名前からして、ちょっとふざけた感じがまた。 … このレビューの続きを見る

3.8

誘拐ラプソディー

01:53:By tidamusica

最近荻原さんの作品にはまってます。 といってもユーモア作品を4冊ほど立て続けに読んだだけですが。 私の中での4作品目がこの「誘拐〜」 金なし、職なし、女なし、 そんなダメダメ主人公がふと思い立っ… このレビューの続きを見る

とびっきりキュートな誘拐小説。なにをやってもうまくいかない前科者のダメダメ男が、たまたま出逢った6歳の男の子を思いつきから誘拐するお話です。 ダメ男の名は伊達秀吉。男の子の名は伝助。秀吉は伝助… このレビューの続きを見る

関連する商品