>
[Amazon] 猫鳴り (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

猫鳴り (双葉文庫)
猫鳴り (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

猫鳴り

おすすめ!3.8 [3.8](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:150782位
  • Amazon価格:¥ 566
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575513784(双葉社)
猫鳴り (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.8 [3.8]

*あらすじ* 流産した哀しみの中にいる夫婦が捨て猫を飼い始める。モンと名付けられた猫は、夫婦や思春期の闇にあがく少年の心に、不思議な存在感で寄り添ってゆく。まるで、すべてを見透かしているかのように。… このレビューの続きを見る

沼田まほかるさんの作品を初めて読みました。 第1部、流産してしまった妻と夫のもとに迷い込んできた猫を何度も捨てにいく話で、なんか重苦しい雰囲気だなー。 第2部、孤独な少年の心の闇を描いていて、かなり気… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文     心に闇を持った人に対して癒しの天使のように    静かに見守る猫。    子供ころは、じゃけんにされていたけど    猫の持つ… このレビューの続きを見る

本の厚みがなくて、読みやすそうだな〜と思って何気なく手に取りました。 主人公は、、、モンちゃん(猫)です、たぶん。 ようやく授かった子供を流産し、哀しみとともに暮らす中年夫婦のもとに一匹の仔猫が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:読書  捨て猫モンちゃんと、彼に関わった3人の人間のお話。 相変わらず沼田まほかるは、人の心のどろどろとした部分の描写が非常にうまい。 あああああもうそれ以上書… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】なかなか子供が授からず、やっとできた子供も流産してしまうという悲しみを抱えた中年夫婦の藤治と信枝。そんなふたりのもとに一匹の子猫が現れた。家の側に捨てられていたのだ。気の毒だとは思… このレビューの続きを見る

3.8

おもしろいー

19:17:By empty

うおー 半年振りくらいに 沼田まほかる、猫鳴り ヒットです 三浦しをん、有川浩あたりは 新刊おいかけてるけど グッとくるものがないというか。 メディアミックスしやすい題材っていうのを 意識… このレビューの続きを見る

ドひさしぶりのにゃほKです。昨年の5月以来のこのシリーズ。会社の昼休みに地下街をうろうろしておりましたら、平積みにこんな本が。立ち読みもせず、裏表紙の紹介文をさらっと読んだだけで、とりあえず買ってしまいました…

52歳の夫と40歳の信枝の間にできた子どもは流れてしまった。その事実ばかりが毎日押し寄せてくる日々の中で、猫の鳴き声を聞く。小さな仔猫。生まれるはずだった命のかわりか? しかし信枝はその猫を捨てに行く。… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品