>
[Amazon] 狐火ノ杜 ─ 居眠り磐音江戸双紙 7 (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

狐火ノ杜 ─ 居眠り磐音江戸双紙 7 (双葉文庫)
狐火ノ杜 ─ 居眠り磐音江戸双紙 7 (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

狐火ノ杜 ─ 居眠り磐音江戸双紙 7

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:130908位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575661562(双葉社)
狐火ノ杜 ─ 居眠り磐音江戸双紙 7 (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

 居眠磐音江戸双紙7狐火ノ杜竹村武左衛門・・・ダメ過ぎる・・・仕事がツライ(肉体的に)からって昼餉に酒を飲んではいけませぬぞ。この巻の見どころはおこんさんの告白シーン。爽やかで可愛くていいなぁ・・… このレビューの続きを見る

どんどん読了本が増えてきています。これは、佐伯氏のせいです(笑)。一通り、佐伯氏のシリーズものを読破しないと気がすまない状態になってきてます(笑)。そして、DVD。本とあわせてみると、原作通りだったり、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ★★★☆(3.5/5) あらすじ 晩秋の風情が江戸を包む頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は相も変らぬ浪々の日々を送っていた。 そんな折り、両替商・今津屋の心遣いもあり、働き… このレビューの続きを見る

晩秋の風情が江戸を包む頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は相も変らぬ浪々の日々を送っていた。そんな折り、両替商・今津屋の心遣いもあり、働きづめのおこんの慰労を兼ねて、品川柳次郎らと紅葉狩りにで… このレビューの続きを見る

時効警察、ついに終わってしまいました 感想を一度も書かずじまいでしたが、今期唯一観てるドラマだったのに! 最後話が一番好きだったなぁ〜。 なんだか大好きだった前のシリーズとは違うような気がして、観る… このレビューの続きを見る

(シリーズ途中巻の感想なので既刊ぶんの内容に触れてしまっているかもしれません)  冒頭、海晏寺の紅葉はなかなかに鮮やかで、切れ者与力笹塚と、品川の母上のやりとりが何とも楽しいのだが、それでもコトは起… このレビューの続きを見る

関連する商品