DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 朝虹ノ島 ─ 居眠り磐音江戸双紙 10 - 佐伯 泰英 のレビュー全7件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 朝虹ノ島 ─ 居眠り磐音江戸双紙 10 (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

朝虹ノ島 ─ 居眠り磐音江戸双紙 10 (双葉文庫)
朝虹ノ島 ─ 居眠り磐音江戸双紙 10 (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

朝虹ノ島 ─ 居眠り磐音江戸双紙 10

おすすめ!3.4 [3.4](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:68329位
  • Amazon価格:¥ 650
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575661791(双葉社)
朝虹ノ島 ─ 居眠り磐音江戸双紙 10 (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.4 [3.4]

ザ・ 女難。その一言。力自慢の女芸人がね、悪い男に騙されてかどわかされたんですよ。磐音たちはそれを助けに行ったはず。でもほら、騙されてることに気づいていない恋する乙女の馬鹿力がさ(何かがおかしい)火鉢… このレビューの続きを見る

この感想を書いている時点(8/20)で、すでに、「密命」シリーズと「鎌倉河岸捕物控」シリーズに手をだしていたりする。今までの感想の記録をみると栗本薫の50冊が一番多かったのだが、作者が亡くなったこともあ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ 炎暑がつづき、江戸が夏の盛りを迎える頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は、相も変わらぬ浪々の日々を送っていた。 そんな折り、楊弓場「金的銀的」の… このレビューの続きを見る

炎暑がつづき、江戸が夏の盛りを迎える頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は、相も変わらぬ浪々の日々を送っていた。そんな折り、楊弓場「金的銀的」の朝次の口利きで行方知れずの娘芸人探しをすることに…。… このレビューの続きを見る

今日は磐音さんにやられました いつもの様に通学電車の中で読んでたんです。 そんでいつの間にか夢中になっちゃってたんです!! ふと気づくとそこは降りるはずの駅の一つ先の駅・・。 もうびっくりですよ〜 … このレビューの続きを見る

  熱海なのだ。安永年間なのでお宮の松は無い。<それしか覚えていない。 しかし既に温泉はあり、初島に神社もある。例によって用心棒として磐音は出張るのだが、今回は今津屋からの依頼、しかも御用がらみ… このレビューの続きを見る

もともと知っている人たちにとっては、いまさらなのかもしれないが、 最近、佐伯泰英の時代小説にはまっている。 彼の居眠り岩根シリーズ第10弾を今日読んだ。 他の2シリーズも同時に読み進めているので、気… このレビューの続きを見る

関連する商品