DB Error: connect failed ふたりはいつも - アーノルド・ローベル のレビュー全8件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ふたりはいつも (ミセスこどもの本)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)
ふたりはいつも (ミセスこどもの本)で自分のブログにレビューを書く

ふたりはいつも

おすすめ!3.5 [3.5](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:5821位
  • Amazon価格:¥ 1,026
  • ユーズド価格:¥ 590
  • ISBN/ASIN:4579400801(文化出版局)
ふたりはいつも (ミセスこどもの本)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.5 [3.5]

スエチビは、教科書で、『おてがみ』を習って、 家でも『ふたりはともだち』をよく読んでいる。 どの話も、ガマ君とカエル君の友情の深さが、 しんみりと伝わってくる、とてもいい話だ。 かといって、何かいい事を… このレビューの続きを見る

ほんとうにひさしぶりに、本の感想を書きます。 リハビリを兼ねて、絵本から。 アーノルド・ローベルは小学校の国語の教科書にも載っていて、こどもたちにとって すごく馴染み深い絵本なんだけど、 この内容… このレビューの続きを見る

家焼鳥 小学生の頃、国語の教科書で読んだ好きな話があって。 ずーーと頭の片隅にあって、また読みたいなと思っていたものの、誰が書いたのかも分からないし、大筋の話は覚えているもののディティールを忘れてい… このレビューの続きを見る

3.5

ふたりはいつも

23:39:By 『e-ehon』

 なかよしのがまくんとかえるくん。 ふたりはいつも一緒です。心があったかくなる物語。 読んだ人はがまくんとかえるくんを好きになること間違いなし!! ぜひ読んでみてください。

 【ふたりはともだち】小学校の教科書にも採用されているので、読んだことのある人も多いはず。仲良しのがまくんとかえるくんを主人公にしたユーモラスな友情物語です。なくしたボタンを探し回ったり、春にあいさつをしてみたり、手紙を待ってみたり。どんなときでもそばに居てくれる友だちっていいな、としみじみ思わせてくれる1冊です。「大人のための絵本の本 」よりJUGEMテーマ:育児

JUGEMテーマ:読書 くもんのすいせん図書B-7

ふたりは いつも

09:34:By 月文庫

1日1日春が近づいてきてる。 ぽかぽか陽気が嬉しいような。 でも、終わりを告げる冬が名残惜しいような、、、、、 ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・ そこ… このレビューの続きを見る

おなじみ、かえるくんがまくんのお話シリーズ。 「ふたりはいつも」の中のお話の一つ、「クリスマス・イブ」のご紹介。 がまくんは、かえるくんとクリスマス・イブを過ごすために家に招待しました。 まだかな… このレビューの続きを見る

関連する商品