>
[Amazon] ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)で自分のブログにレビューを書く

ろくべえまってろよ

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:大型本
  • Amazonランキング:85076位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 699
  • ISBN/ASIN:4580813936(文研出版)
ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

068/西風号の遭難 タイトルだけでは、 こんなファンタジー(?)だとは思わず。 絵のタッチもあってか、難しい話かと思っていた。 遭難ってタイトルがかたくるしいのかな。字面も…。 舟が遭難する。でも遭難した… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 くもんのすいせん図書B-8穴に落ちてしまった間抜けな犬ろくべえ。それを子供たちが何とかして助けようとするお話。ろくべえも滑稽ならば、子供たちの突飛な救出策も面白い。今ならば、警察… このレビューの続きを見る

小学校1年生の息子の教科書に、「ろくべえまってろよ」が載っていて、今学校でやってるようなので、絵本も借りてみました。  ■■■こんなおはなし あなにおちてしまったろくべえを、小学生1年生の子どもたちが… このレビューの続きを見る

 今日は昼から就学児検診なので短縮授業。 45分が40分になるだけでも、かなり短くなった感じ。1年生に読むのも、いつもなら2冊くらい読めそうなのに、今日は1冊、今月のテーマにあわせて『ろくべえまっ… このレビューの続きを見る

なんとなく、題名をきいたことがあって私が選んできた本です。 灰谷健次郎さんが好きでした。 独身の頃から、結構読んでました。 子どもたちをとらえる視点が斬新だと思いました。 灰谷さんはたしか淡路の… このレビューの続きを見る

私が小学2年生のときに教科書に載ってました。 灰谷健次郎さんのおはなし。初めの件を今でも覚えています。 きょゆーん わんわん きょゆーん わんわん 耳から離れない台詞です。 何かがきっかけで(な… このレビューの続きを見る

関連する商品