>
[Amazon] 逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)
逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)で自分のブログにレビューを書く

逝きし世の面影

おすすめ!3.6 [3.6](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:1437位
  • Amazon価格:¥ 2,052
  • ユーズド価格:¥ 1,534
  • ISBN/ASIN:4582765521(平凡社)
逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.6 [3.6]

近代化とは、西欧文明の背景にある一神教的な世界観を受け入れ、文化を全体として男性原理的なものに作り替えていくことだだともいえる。近代文明を享受する国々では、一神教的=男性原理的なシステムの下に、農耕… このレビューの続きを見る

芸術新聞社より刊行となった『JAPAN ロバート・ブルーム画集』を読んでみました。 『JAPAN ロバート・ブルーム画集』 Robert Frederick Blum (著), 岡部昌幸 (監修) アメリカ人画家、ロバート・ブルー… このレビューの続きを見る

雪、降りましたね〜。 わが家では初雪。 コタロウがね、窓越しにチラチラと舞う白い雪を ちゃいちゃいしてました。 洗濯物を取り込むにも カラダが凍るかと思うほどの寒さ。 真夏のあっつい夜に 何もかけずにベ… このレビューの続きを見る

「いまや私がいとしさを覚えはじめている国よ。この進歩はほんとうにお前のための文明なのか。この国の人々の質樸な習俗とともに、その飾りけのなさを私は賛美する。この国土のゆたかさを見、いたるところに満ちて… このレビューの続きを見る

日本という国は長い歴史があり文化は伝承されるが、文明は滅びたと渡辺京二は哀悼しこの作品を産み出した。現代の日本に贈られた素晴らしい一冊だと思う。世界3大美港のリオデジャネイロ、リスボン、コンスタンチ … このレビューの続きを見る

Macの居場所がなくなって最近リビングに置きっぱなし。家族が勝手に使うので、私専用ではなくなってしまった今日この頃。一人一台ほしいんだけどね。昨日は、朝から小学校で笑福亭竹林師匠の「子育て」に関する講演… このレビューの続きを見る

関連する商品