>
[Amazon] おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)
おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)で自分のブログにレビューを書く

おにたのぼうし

おすすめ!3.9 [3.9](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:19251位
  • Amazon価格:¥ 1,080
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4591005291(ポプラ社)
おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.9 [3.9]

093/おにたのぼうし 節分をテーマにしたおはなし。 いわさきちひろさんの絵は、どうしてこんなにせつないのだろう。 鬼は外って言うのをためらいそうになる。 鬼はいつもわるものだけど、鬼って何をするんだっけ… このレビューの続きを見る

3.9

名作

12:18:By 心は丸く、

出版社/著者からの内容紹介 節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。 岩崎ちひろさんの絵が せつなさを更にそそります。 こんなにかわいい鬼さんがいたら ぜひ うちに いらして。 そして小さな幸せが毎日のように降ってきたら どんなに素晴らしいでしょう。 心の優しいおにた 黒い豆は最後に残したもの? それとも おにたなの?

JUGEMテーマ:読書くもんのすいせん図書C-20 

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪ 今日は節分ですね。 節分といえば、鬼。 うちにある鬼の絵本を紹介しますねー。 「まゆとおに」 2年程前、たまたま本屋に行った時に、息子が欲しい!と言った絵本でした。 鬼… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:絵本紹介  岩崎ちひろさんの絵は、大人の方が好きな人が多いような気がしますが、 子供ながらに、他の絵本とは違う感じのこの絵がとにかく印象に残りました。 お話自体は、ちょっと悲しいお話なのですが、 おにたの優しい心に泣けてしまします。 この絵本が大好きという方も多いようですね。

子供と一緒に読んだ絵本です。 節分の夜に、「鬼は外」と豆をまかれて、行き場のなくなる、気のいい、おにた。 女の子に親切にしたけれど、おかあさんの病気が悪くならないように、豆まきをしたいなと言われて、 … このレビューの続きを見る

3.9

おにたのぼうし

08:25:By 絵本大好き

(節分の頃に読んであげよう)と、思っていたこの絵本。 昨日の、小学1年生の読み聞かせで読みました。 シリアスなお話なので、一年生にはどうかな、と少々心配でしたが、クラスのみんながしっかりとこちらを… このレビューの続きを見る

関連する商品