>
[Amazon] 妙なる技の乙女たち

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

妙なる技の乙女たち
妙なる技の乙女たちで自分のブログにレビューを書く

妙なる技の乙女たち

おすすめ!3.5 [3.5](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1022985位
  • Amazon価格:¥ 6,278
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4591101843(ポプラ社)
妙なる技の乙女たちのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.5 [3.5]

最近読んだ本

21:15:By Personal Pulse

軌道エレベーターが建設されて 宇宙産業の中心地となったリンガ島で働く日本女性たち。 小さなデザイン会社で宇宙服のコンペに挑む歩の 「天井のデザイナー」 水上タクシーテンダーの数少ない女性艇長水央の 「湊の… このレビューの続きを見る

3.5

最近読んだ

06:31:By トブイヌログ

 未来、軌道エレベーターを中心とした商業都市。そこで働く女性にスポットをあてて描かれている。よい意味でライトで、読みやすい。注目すべきは仕事に対するリアリティではなく、その未来的な職の想像の部分かと。ユートピアではないかもしれないけれど、戦争がテーマではないSFは個人的には歓迎。この反映の裏で搾取される、、なんて話も作者は考えていると思われますが。楽しんで読めました。

宇宙が少しだけ身近になっている近未来的世界。宇宙ビジネスの集まるリンガ島で、それぞれ自分の仕事を持った、7人の女の子達の物語。 特に強調されてはいないけれど、たまに前に出てきた登場人物やそれを思わせる… このレビューの続きを見る

時は、2050年、東南アジアの海上都市、リンガ。 宇宙産業の拠点となったリンガには、額に汗して働くさまざまな女性たちがいた。 宇宙服デザインに挑む駆け出しデザイナー、港の小舟タクシーの「艇長」、機械の腕をもつ彫刻家、巨大企業の末端で不満を抱えるOL......自らの「技」を武器に、熱く働く女たちを描くオムニバスストーリー。

あらすじ 時は2050年、東南アジアの海上都市、リンガ。宇宙産業の拠点となったリンガには、額に汗して働くさまざまな女性たちがいた。宇宙服デザインに挑む駆け出しデザイナー、港の小舟タクシーの「艇長」、機械… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 時は2050年、東南アジアの海上都市、リンガ。宇宙産業の拠点となったリンガには、額に汗して働くさまざまな女性たちがいた。宇宙服デザインに挑む駆け出しデザイナー、港の小舟タクシーの「艇長… このレビューの続きを見る

赤道直下にある軌道エレベーターを抱く島で働く、手に職を持った女性達の物語です。 働く女性に主眼をおいているので、「近未来」や「軌道エレベーター」はあくまで舞台としての扱いです。 楽しく読めたんですが… このレビューの続きを見る