DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ピエタ - 大島 真寿美 のレビュー全14件 JUGEMブログ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ピエタ
ピエタで自分のブログにレビューを書く

ピエタ

おすすめ!3.4 [3.4](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:360681位
  • Amazon価格:¥ 500
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4591122670(ポプラ社)
ピエタのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.4 [3.4]

18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩… このレビューの続きを見る

「ピエタ」

18:45:By moji*lib

2012年本屋大賞(第9回)で三位に紹介されていた作品。一位は『舟を編む』でした。この作品も名作でしたが、壮大さでいえば断然「ピエタ」のほうが勝っていると思いました。舞台は爛熟期のヴェネチアです。 ヴィ… このレビューの続きを見る

著者の代表作と言える2012年度本屋大賞3位作品。まさに読書をするよろこびはここにある美しい作品です。『三月』に続いて2作品目の著者の作品であるが、繊細な中にも慈愛に満ちた内容は他の作家では味わえない領… このレビューの続きを見る

3.4

ピエタ

20:51:By BOOK chan

うーん・・・! なんか全体的に、ボンヤリとした印象。 散漫、というか・・・。 でもまあ、ひと言で言うなら、美しい・・・、小説・・・? 「女の友情を描いた作品」・・・、 女性による、女性のための、ファンタジー・・・、 そんな、感じかな。

 【あらすじ】偉大な音楽家、ヴィヴァルディ先生が亡くなった。かつてピエタ慈善院で彼に音楽を教えてもらっていたエミーリアやアンナ・マリーアにとってそは、それはそれは受け入れがたい衝撃であったのだっ… このレビューの続きを見る

3.4

ピエタ

21:27:By てふてふ 雑言

JUGEMテーマ:読書    「四季」で有名なイタリアの作曲家アントニオ・ヴィヴァルディは、ヴェネツィアのピエタ慈善院付属音楽院でヴァイオリンの指導に当たっていて、彼に才能を見出された孤児の女の子、… このレビューの続きを見る

3位!

11:36:By アイマイモコ

 桜の花びらが地面に積もって、雪と見間違えてしまいました。緑の新芽も出始めましたね。そんななか、うれしいお知らせです。昨年2月に出版された、大島真寿美さん著『ピエタ』(ポプラ社)が2012年の本屋大… このレビューの続きを見る

3.4

ピエタ

12:29:By 読書三昧

とにかく評判が良さそうなので読んでみようかと思ったんだけど、 なんだかアタシにはしっくりこない一冊でした。 18世紀のヴェネツィアを舞台にした物語。 ここにあるピエタと呼ばれる施設で育った女性エミー… このレビューの続きを見る

この作者の本を少し読んだことがあるのだけれど今回の作品は中でもよかったです。失礼で申し訳ないけれども、よくありすぎたというか、丹念に書かれているけれども、展開がありきたりで、あまり心に残る本ではなか… このレビューの続きを見る

ピエタ

22:04:By Comfortable Space

ひさびさにのめりこんで読んだ。 普段であれば手にしないテーマの本ではあるのだけれど、書評家さんたちの 評判がどれも素晴しいので手に取ってみた。 作家の大島真寿美さんは結構読んでいたけれど、この『ピエタ… このレビューの続きを見る

あらすじ: 18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の… このレビューの続きを見る

 ごぶさたでした。3月の大震災のあとは、ほんとうに何も書けなくなってしまって。お亡くなりになった方々や、被災された方、原発の事故で、今も苦難をしいられている方々のことを祈りつづけています。娘が福… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。 ある日、教え子のエミーリアの… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品