>
[Amazon] 困ってるひと

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

困ってるひと
困ってるひとで自分のブログにレビューを書く

困ってるひと

おすすめ!3.9 [3.9](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:254451位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4591124762(ポプラ社)
困ってるひとのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.9 [3.9]

 【感想】若くして難病を患うことになってしまった人の闘病エッセイですね。病気をネタにできるくらいだから、そこまで酷い病気じゃないんじゃないの?なんて偏見が読む前にはあったりしたんですが…読んでみた… このレビューの続きを見る

めも

19:38:By 中二階を仰ぐ

読了 「続 自閉っ子、こういう風にできてます!」岩永竜一郎×藤家寛子×ニキ・リンコ 「ホテルローヤル」桜木紫乃 読んでる 「困ってるひと」大野更紗

3.9

困ってるひと

18:13:By ひとりごと

困っている・・ なんて軽い感じではなく 大野さんは、凄く凄〜く困っている人でした  今まで病気を乗り越えてきた方の本や 家族が本人に代わって病気の事を書かれた本は 読んだことがありましたが・・ こ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 難病女子による、画期的エンタメ闘病記! ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日とつぜん原因不明の難病を発症。自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。 知性とユーモアがほとばしる、命がけエッセイ!!

仙台からの帰りのバス内で読破。15万部ですか!羨ましいですね〜。読んでいて、大学時代に2週間ばかり入院していた時のことを思い出しました。病院、本当に、足元もおぼつかないような状態にもかかわらず、いきなり… このレビューの続きを見る

ああ私たちは社会という「システム」と常に対峙しているのだな…と思える一冊。著者の難病難民大野さんの置かれた状況と比べたらそれはもう「甘ったれてすみません!」と土下座するしかない。とは思いつつも、結婚/… このレビューの続きを見る

  資本主義の魔の手から隔絶された福島の田舎町「ムーミン谷」でのんびりしたムーミンパパとムーミンママに育てられた町一番の優等生の筆者が、フランスに憧れて上智大学に入学、入学後、ミャンマー難民問題… このレビューの続きを見る

難病女子による、画期的エンタメ闘病記!ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日とつぜん原因不明の難病を発症。自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。知性とユーモアがほとばしる、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ビルマの難民問題に関わってばりばり活躍していた大学院生が、ある日難病を発病。 日本人でも、日本でも、難民になる可能性はあったのだ!(医療の)  というご自身の満身創痍な手記。 ウ… このレビューの続きを見る

いろんなところで話題のこの本。私も読んでみました。 うん、評判になるのもよくわかる!これはよい本だ! ていうか初のノンフィクションによる本屋大賞最終ノミネート&本屋大賞受賞とかそういうのがボンヤリ見え… このレビューの続きを見る

最近読んだ本から、健康ってなんだろう、と考えさせられるもの2冊。 ばななさんの「Q健康って?」はタイトル通り、真の健康とは?をテーマとした、 様々な身体方面のプロフェッショナルとの対談+ご友人のるなさん… このレビューの続きを見る

3.9

文学なエンタメ。

12:12:By memo life

 ノンフィクションで泣いた! 私小説というかこれは限りなく文学に近いと思うのです。 難病で大変そうだけど、絶望はしてない。 でも楽観もしてなくていい距離感で自分を傍観して 自分にとって一番いい生き… このレビューの続きを見る

ずいぶん前の話になりますが、母の熱心な勧めもあり知多までブーンとみかん狩りにいってきた旨を報告したら、母はただ一言「あはは。ほんとに行ったんだ〜」私「……???( 'Θ' )?????」???? 久々に会いに行った時にはヤ… このレビューの続きを見る

大野更紗さんの『困ってるひと』を読みました。 ストーリーはビルマ難民を研究していた大学院生女子が、 ある日原因不明の難病を発症。 自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめに という闘病記。 … このレビューの続きを見る

3.9

読了

23:23:By はみ出たあんこ

 ポプラ社大プッシュのこの1冊。 読んでみました。 新刊で出た時パラッと中を流し見した感じと、実際に読んで見ての印象が全然違いました。 もっと気軽な本だと思ってたんですけど…。 気軽っていうか、むしろ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文  「筋膜炎脂肪織炎症候群」――分かります? ちなみにこれ、「きんまくえんしぼうしきえんしょうこうぐん」と読むそうな。 「症候群」って”響き”だけは馴染みがありますが、それ以外は… このレビューの続きを見る

 ハロー!ハロー!調子はどうだい? なに?最近は仕事のストレスで胃が荒れていて、 テンションがあがらずに困っている? そうか、それはシンドイよね。 僕たちの世代はちょうど上と下に挟まれるポジションに… このレビューの続きを見る

困っているといえば困ってるし、そうでないといえば・・・ 困ってない人なんていないと思うのだが?   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 ビルマ難民を研究していた大学院生… このレビューの続きを見る

ハロー!ハロー!調子はどうだい? なに?最近は仕事のストレスで胃が荒れていて、テンションがあがらずに困っている? そうか、それはシンドイよね。僕たちの世代は ちょうど上と下に挟まれるポジションになるこ… このレビューの続きを見る

皮膚筋炎、筋膜炎脂肪織炎症候群という日本でほとんど前例がない自己免疫疾患系の難病を患った大野更紗さんの闘病記です。闘病記や医学書って、自分自身や近しいがその病気になったり、その病気の可能性があったり… このレビューの続きを見る

困っている人。

18:46:By Oportunidade*

「ある日、原因不明の難病を発症した、大学院生女子の冒険、恋、闘いの、命がけの記録」前に「王様のブランチ」で紹介して気になっていた本。大野更紗さんという方の↑と言う内容の、エッセイ。もともとネット掲載エ… このレビューの続きを見る

生きる気力って…

16:02:By markunashi

完全なる難病ルポ。 難病患者をとりまく現状と、難病と向き合う彼女の人間的内面がうまく織り合わされている。 私と同世代なんである。なんかもう凄まじいんだけども、 横で笑ったり、泣いたり、憤ったりしたい気… このレビューの続きを見る

3.9

困っている人

13:54:By くねくね式

あちこちで取り上げられていて気になったので・・・。 難病女子の闘病記があっけらかんとした口調で語られていきます。 症状的には想像を絶します。えー!人間の体ってそんなになるの?? 病気に苦しみ制度に苦し… このレビューの続きを見る

最近の仕事

13:42:By イシイチコ日録

 福岡のフリーペーパー「WJC」で『困ってるひと』を紹介しています。webや無料アプリでも読めます。北海道新聞(8/28)で『ジュージュー』を書評しました。これも、しばらくしたらwebにアップされると思います。

私が動向をチェックしている人たちがこぞって激賞していて気になっていた。Amazonで買っていないのにAmazonにリンクが貼られてしまうが、レビュー。面白くて一気に読んだ。寝食を忘れるんじゃなくて、敢えて読書に… このレビューの続きを見る

本屋でササッと立ち読み 難病にかかって、今も治療中の女性 病の内容というか症状を読んでると、いったいどういうことなの?と。 インパクトが強かったのはおしりが溶けるという症状。 いろんな病気を併発し、現在も治療を続けてらっしゃる。 まだ若いのに、とも思うけど、若いからこそ!のバイタリティーで 前向きに治療に専念していただきたいです。

 「ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日とつぜん原因不明の難病を発症。自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。 知性とユーモアがほとばしる、命がけエッセイ!!」 まさし… このレビューの続きを見る

関連する商品