>
[Amazon] ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)
ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)で自分のブログにレビューを書く

ゴールデン・デイズ 第7巻

おすすめ!4.6 [4.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:265787位
  • Amazon価格:¥ 432
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4592182103(白泉社)
ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4.6 [4.6]

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 先日、無事完結しました。 高尾滋作品は全巻もっているほど大好きなのですが、一押しの作品です。 切ない友情モノに弱いのか? そして7巻チョイスなのはお気に入りの表紙だから。なのに、家に7巻だけ不在。どこやったんだろ?探します。

ちょっと今更だけど感想を書いてみる。 待ちに待った第7巻でした。話が核心に近づくにつれて、雰囲気も段々暗い感じに……でも前巻ほどではなかったかな。互いを気づかう仁と光也の会話、笑顔に癒されます。 次の第8巻が最終巻だそうで。楽しみなような、寂しいような。まあ気長に待ちます。

ゴールデン・デイズ 7巻 高尾 滋著、花とゆめコミックス/白泉社 「”何かのため”でなくては 人は生きてはいけないの?」 高尾さんの作品は伏線がさり気なさ過ぎるので、雑誌で追うのには不向きですが、 単… このレビューの続きを見る

異様に過保護な母親に反発しながら暮らす、高校1年の相馬光也。そんな彼の心の拠り所は、バイオリンと、入院中の祖父だけだった。しかし、その祖父の容態が急変し、病院へ駆けつけた光也は突然の地震に襲われて…!? … このレビューの続きを見る

どうやら連載は終わってしまったのですね! なんというかいろいろもどかしいかんじの でもそこがいいようなー。 高尾さんのたまにうっとかきてしまうような台詞がいい。 不意打ちに吃驚してしまう。 今回のMVP… このレビューの続きを見る

関連する商品