DB Error: connect failed 朝がまたくるから - 羅川 真里茂 のレビュー全8件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)
朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)で自分のブログにレビューを書く

朝がまたくるから

おすすめ!4.1 [4.1](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:80386位
  • Amazon価格:¥ 669
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4592198166(白泉社)
朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 4.1 [4.1]

3作品収録。 どの話も好きだわ〜 泣けたのは1作目だけだったけどね。 2作目、3作目は続きが読みたい。 1作目はあそこで終わるのが正解だと思う。 被害者と加害者は紙一重な事件だと思った1作目。 正義の線引きが、ほんのちょっとのズレで変わってしまい 社会的な善悪もそれで判断されてしまいがち。 しかし、1作目は本当にせつなかったな。 2人とも小さくてもいいので幸せを見つけてほしい。

コミック感想メモ。 ◆朝がまたくるから 評判がいいのは知っていたけれど、なんとなく意欲がわかず放置していた本。 面白かった。 短編集なので個別の感想も少しだけ。 ・葦の穂綿 訳あって人と関わろうとしない… このレビューの続きを見る

「葦の穂綿」「半夏生」「冬霞」の3編。 罪をテーマに描かれたというのもあり、どの話も暗いかな。出てくる人物には後ろめたい事が多い。 でも救いがない訳でもないので、読み終わった後ほっとする気持ちになるのもあった。「半夏生」とか「冬霞」のラストは好きだった。今後が確実に明るいって分かる話は良い。

4.1

おすすめ!

22:02:By ぽっぽっぽ

 羅川先生の短編が詰まった本です。この本を見るたび泣いてしまったり胸がぎゅうってなったりします。羅川先生の描かれる人の心の動きは凄く刺さってきます。悲しいのも嬉しいのも辛いのも全てです。どうした… このレビューの続きを見る

内容紹介、 闇の中で、ただ震えることしかできなかった幼い双子・リキとチカ。二人を外に連れ出したのは、ある日家に入ってきた知らない「おにいさん」だった……。罪をテーマに描いた感動のシリーズ3編を収録!  … このレビューの続きを見る

なんかこう、銀魂で熱くなりすぎて、オタク丸出しになってしまって、今更まあ、隠す必要もなくなっただろうと(まあ、あんま隠れてなかっただろうけど)思うようになったので、好きな漫画とか、語ってみます。 レ… このレビューの続きを見る

漫画紹介     作者 羅川 まりも     白泉社の『別冊花とゆめ』掲載。     収録作         ⇒ 『葦の穂綿』 『半夏生』 『冬霞』 正直、羅川作品の代表作、『赤ちゃんと僕』が私は好… このレビューの続きを見る

闇の中で、ただ震えることしかできなかった幼い双子・リキとチカ。二人を外に連れ出したのは、ある日家に入ってきた知らない「おにいさん」だった…。罪をテーマに描いた感動のシリーズ3編を収録。ストレスたまったら羅川さんの本を読みます。遠慮なくボロボロと泣けるので。

関連する商品