DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ - リリー・フランキー のレビュー全72件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~で自分のブログにレビューを書く

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

おすすめ!3.8 [3.8](72件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:107264位
  • Amazon価格:¥ 1,413
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4594049664(扶桑社)
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(72件) 3.8 [3.8]

3.8

東京タワー

23:22:By M blog

 リリー・フランキーの自伝。【復習】p.89 結局、青い鳥は自分の家の鳥籠にいる。チルチルミチルが探し歩いた幸せの青い鳥がやっぱり我が家の鳥籠にいたように、「幸福」は「家庭」にある。 この法則から、… このレビューの続きを見る

久しぶりに読書した。 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』。 近所のサバスカフェで見つけて なんとな〜く手に取ってみたら50ページで号泣。 読了までに5回は涙が零れました。 21歳にもなると涙… このレビューの続きを見る

小説というよりは、エッセイに限りなく近いと思いました。 でも帯にことごとくかかれてあるように、泣きます。 内容は、主人公が生まれてからオカンが死ぬまでの約30年くらいを訥々と語ったもの。 あったかいオ… このレビューの続きを見る

あらすじ: 熱田家の母・乙美が亡くなった。気力を失った父・良平のもとを訪れたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。乙美の教え子だったという彼女は、生前の母に頼まれて、四十九日までのあいだ家事など… このレビューの続きを見る

 話題作ってあまり興味がないんだけど、コレは読んでみたいと思った本。なんでだろう?母親との時間が描かれているからかな?前半は強烈な環境で起こる出来事もりだくさんで笑えたけど後半はずーんと重くて濃… このレビューの続きを見る

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ [単行本] リリー・フランキー (著) 扶桑社 読了。 何年か前のベストセラーなんよな、これ? 最初のほうはおもしろかったんよ。 軽妙な語り口で。 でも最後… このレビューの続きを見る

右往左往

20:50:By

自己肯定と自己嫌悪の狭間の右往左往な精神状態で 迎えた三連休で、なんとなく外出する気分にもならず 文庫本になった「東京タワー」を読んで号泣する、と。 ハードカバーで読んでいたのですが、たまたま本屋… このレビューの続きを見る

3.8

いろいろ

02:16:By

気がつけば1月は電車移動ばかり。車も新しいの買ったわりに前の車の半分くらいのペースでしか乗ってませんね。いいんです、電車移動が増えたおかげで読書にあてれる時間もまた随分と増えてきました。 新旧問わ… このレビューの続きを見る

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 『en-taxi』連載、著者初の長編小説を単行本化。 読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 誰かと一緒にいたいと久しぶりに思ったよ。気持ちの良い感動は一人だと寂しいね。東京タワーは赤じゃなくってオレンジなんだって。そうなんだって。。。東京タワーは貴方から借りたんだよねぇ。

JUGEMテーマ:小説全般 泣けました。こんなに息子に想われて、周りの人に想われて、オカンは幸せ者だと思う。 まだ興奮冷めやらぬ感じで、うまくまとまられないや。 女手一つで息子を育て上げるのも、難しい人間… このレビューの続きを見る

言わずと知れた有名どころですね 全てが自分とかぶってホント泣きました  ティッシュBOX全部なくなりました 心いれかえて大学行こうと思った リリー、、あんなエロじじぃなのに やられたぜ!笑

 ある年の夏休みに読んだ。その時の感動が今でも残っているから、毎年夏休みになると読みたくなる。 読後には涙と鼻水で、とても人には顔見世できないようになる。でも母親には会いたくなる。

タイトルがタイトルなので読むのに躊躇したのだが、読んで、泣いた。 正直、この男はどうしようもない。悪いヤツではなかろうが、母子家庭で懸命に働く母親に金をねだって遊び呆けてからに、本人、罪悪感が云々云… このレビューの続きを見る

 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン  著者 : リリー・フランキー  受賞歴 : 2006年本屋大賞 大賞

  そして2006年はこちら。 うーん、こちらは確かに泣きましたがお母さんネタは泣き必死だから。 物語そのものとしてはあまり心に残らず。 本屋さん大賞とは合わないのか・・・ 2008年の話はまた後日。

 12時を過ぎると一回頭が働かなくなる時間が来るKeniです。しゃべったり、一眠りすれば大丈夫なのですが朝から頭を足りないながらも使うと一回止まってしまいますね。糖分とか足らないのかも。。。さて、東京… このレビューの続きを見る

 日本でものすごく話題になって、映画化だかドラマ化だかそのどっちも化だかした本だと思う。本交換会のときにも既に読んでいる人が何人かいて、みんな口をそろえて「泣いた。」「良かった。」と言っていた。… このレビューの続きを見る

 リリー・フランキーはテレビで初めて観たときは「ちゃらちゃらしたおっちゃんやなあ」と思ってた。映画『ぐるりのこと。』を観て、リリーさんが好きになった(ミーハーですが)。ひょうひょうとしてるけど、… このレビューの続きを見る

最近意識したわけじゃないのに、涙腺警報発令系の本を選び過ぎました(笑) おもしろかったな〜特に子供の頃の話! ドラマをちらちらっと観たことしかないんですが、何となく趣旨が違うような気がする……? 詩的な感じもする言葉回しで、おもしろかったです。途中ダメ人間街道まっしぐらな時はしっかりせえ!!と言いたくなりましたが(笑)

3.8

「東京タワー」

08:25:By Book Cafe

ボク(著者)が、幼い頃からの思い出を語るように書かれた自伝的小説。 ボクとオカンの生活、そこに時々ふらりと現れるオトンとの関係。 リリー・フランキーさん。。テレビで拝見している飄々とした雰囲気とは 違い、とても真面目に真正面から母親のことを語っています。 母の偉大さ、自分と母との関係、そんなことを考えさせられました。

これから東京へ出て行こう、どこに住もうと悩んでる最中にこの本を読みました。 私はボクのように複雑な夫婦関係に成り立つ家庭に生まれたわけではありません。 でも、このオカンのように私の母もガンで入院して… このレビューの続きを見る

命の大切さ 母親の大きさ 家族の絆 本当に色々と考えさせられる作品です。 母親とは? 家族とは? 普遍的なテーマを熱くリアルに語る小説です。 この作品を見るまでは、不思… このレビューの続きを見る

20代女、おススメの本を読みました。 「泣けるよ。」 という事で読み始めたのです。 出だしから、面白くて、一気に読めました。 本当に、後半は、ティッシュが離せなかった。 リリー・フランキーという… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐ… このレビューの続きを見る

そうですね、こちらも「ようやく」読みました。 先日図書館に行ったら、本棚に普通に並んでたんです。 「おぉ、もうみんな読み終わったのかな」 って感じでしたね(笑) みんなが読んでからでいいですわ。ワタ… このレビューの続きを見る

映画化等で盛り上がっていたときに、うちのオカンが 「読みたい」 と言っていたのを 思い出して図書館から借りてきたのですが 「忙しいから読めない」 というので 代わりに自分で読んでみた (ぇ ぃゃー、これ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに… このレビューの続きを見る

 泣いた。 泣きながら読んだ。 以前に、泣きながら読んだ本は山田詠美の何かであとがきだったと記憶している。  別に、この本自体が悲しかったから泣いたのではなくて身近な人に置き換えたらなんか悲しくて泣いた。 直前まで、キミキスをやっていたわけだが。

今になってやっと少しずつ読み始めました。今のお前は読まない方がいいかもしれん、と言われたんですが、友達に借りました(かなり前に)。やっぱり自分で買わないと、借りた本っていうのはなかなか読まないですね… このレビューの続きを見る

頑張って読みました。 何故ならましゃが帯かいてるから笑 いやぶっちゃけこーゆー話は好きじゃないです← でもいいお母さんだったんだなあと。 うちもこんな風に親をリスペクト出来たら幸せなんだろうなと。 ま… このレビューの続きを見る

「泣ける本」として各所で評判になっており、私の知人も「これは泣ける。1人で部屋で読まないと」と言っていました。だから私も、泣けるのを楽しみに読んだのですが・・・。どこが泣けるポイントなのか最後までよ… このレビューの続きを見る

よく売れている本はそんなに読まないのですが、 これはやっぱり読んでよかったですね。 ここにでてくる『オカン』いいな〜すごいな〜 私もこんなオカンになりたいけれど、 実は先日外食に言った時、主人と… このレビューの続きを見る

これ、いいよ。 リリー・フランキー、賢いと思う。 流行りすぎてしまったわけだけど、 セカチューよりは うんとうんと納得できるヒットだったと、 あたしは思う。 長い話は基本苦手なの。 でも、これなら読む。 だって、 おかんが、ほんとにおかんなの。 すごく素敵な人。 そういう人間にならなきゃって思う。

遅ればせながら、今日やっと読み終えました。 2年前からこの本の存在は知っていました。しかし、母親が肺がん手術から1年以内ということもあって、購入には踏み切れませんでした。 そして今年6月上旬〜暇を見つけて読み始めました。 やっぱり泣けたな。 私の父も母も共に60代ですが…健在です。

マザコンがなんだ。男ならみんな泣くさ。 泣くぞ、さあ泣くぞ、と強制されている作品はあまり好きではないので、小説は読まなかったし、ドラマも見なかったのだが、出張で隣の席になった見知らぬカナダ人女… このレビューの続きを見る

3.8

時々

22:10:By らんちゅう

んんんんん、こりゃあ自慢話の本だぞなぁ。ごめん苦手

女手一つで息子を育てた母と、 親不孝な自分と、 親らしいことをほとんどしてくれなかった父と。 3人のちぐはぐな関係を、息子の一人語りで描く長編小説。 いわゆる「私小説」の類なのではないかと思い… このレビューの続きを見る

東京タワー

20:14:By ぶくわむ

とりあえず、一番最近読んだものから。 職場の人に貸していただいて今更読んだのですが、思っていたより面白かったです。 前評判をさんざん聞いていたので逆に「けっ!」って思っていたのと(ヲイ)何度か連続ドラ… このレビューの続きを見る

還有兩個月不到,便正式和10字頭的人生說さいようなら。我照舊地安慰自已:"不用感慨啦,反正就不像是會懷念過去的生活的人。" 二十歲這年紀說大又不是很大,說年幼又覺得很不好… このレビューの続きを見る

だいぶ前、発売してちょっとしたころに読みました…。 すごい勢いで出世した作品。スペシャルドラマになり、連ドラになり、映画になり。 フランス書院のインタビューで淡々とエロについて語るこの色男は、年少… このレビューの続きを見る

ドラマ、映画、舞台にされるほど、日本人なら誰もが知るほどになったこの一冊。 今さら改めてオススメするまでもないやろうが、やっぱ、この本は好きやわ〜 いくら芸達者な役者さんが演じているといっても、原作… このレビューの続きを見る

なんだか途中が読んでて辛くなっちゃって度々休んじゃった。 泣けます。後半ウルウルきてしまった… ノンフィクションだからか、楽しいこと悲しいことうまくいかないこと、 全部ひっくるめて淡々と時が流れて… このレビューの続きを見る

今さらですが、最近読みました。 この話題作、いいっす。 今さらですが、ドラマやら映画やらになる理由が分かりました。 こりゃ売れるよ(笑)。 ふふふっ。 「今さらすぎる」という苦情は受け付けませんよ?(笑) 以下は感想です。 ↓↓↓

よよよよよよよかったああーーーーー!!! もう涙涙涙で文字読めなかったよ・・・! リリーさんは、自分がこんなにすごくなったというところはあまり書かずに、僕はこんなに駄目な時期があったという風に書くと… このレビューの続きを見る

やっぱり文体の特徴を映像化するってのは難しいね。映像でどんな風にリリー・フランキー文体の雰囲気を表現するのかってところなんだろうけど,松尾スズキの脚本は完全に失敗。 まず,一つひとつの場面に「タメ」が無い。ものすごく希薄な映像表現だな。あれだけの長編を凝縮させ,かつポイントを絞って濃縮させる手腕は無かったということだろう。淡々と撮ればいいってもんじゃない。

親子っていいなとも思ったけど それよりも リリーさんの文章が好きだと思った

言わずもがな、200万部のベストセラーとなったリリー・フランキーの自伝的小説であり「オカン」へのレクイエム。そして、誰にでも1つくらいあるであろうありふれた物語。舞台、ドラマ、映画へとさまざまなメ… このレビューの続きを見る

本を読んでから映画館に足を運びました。 家族全員で観ました。 映画としては、はなまるとはいきませんでしたが 良かったです。 私からの「ありがとう」は伝わったようです。 一番気持ちが伝わるのは本、次が大泉洋さんのドラマ。 その次が、映画かな? リリーさんは、ただの変態じゃないようです(笑) ↑ごめんなさい。。。

今日は映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」を観に行きました。しかしレディースデイだったので多かった。今までのテレビドラマと比べたらキャスティングが好きだったので楽しみにしていました。やっ… このレビューの続きを見る

用事を済ませてちょうど時間があったので映画をみた。 本も読んでない。テレビはちょっとだけ見てガッカリ〜の私が映画「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」をみた。 "オカン"にも"ボク"にもかなり… このレビューの続きを見る

リリー・フランキーさんのベストセラー小説の 映画「東京タワー」がオダギリジョー主演で公開されてますね オダギリジョーは、ここでもまた存在感あり で、サイトから映画「東京タワー」公式ブログに行って… このレビューの続きを見る

映画が始まったので、見る前に読んでおこうと思いました。 リリー・フランキーさんの『おでん君』大好きです。 東京タワーって東京の象徴なのだな〜。 色々なことがあって面白かったです。 オダギリジョーも好きだから、映画も見に行こう!!

Tokyo Tower

06:04:By Tsurezure-Naru-mamani

読んだ多くの人が涙し、ベストセラーになり、ドラマになり、映画になったこの本を読みました。 リリーフランキー自体にも興味はなかったし、ベストセラーにも興味はなかったんですが・・・難しい言葉ではなく、淡… このレビューの続きを見る

最近すっかり活字離れしている私。。。。 今更って言えば今更なんですが「東京タワー」を読んでみることに。 正直に言って、リリーさんにはまったく興味が無かったんです。 でも、ドラマ版「東京タワー」を… このレビューの続きを見る

読もう・読もうと思っててようやく読んだ本。 文庫本になるまで待てなかった・・・!笑 ノンフィクションなリリーさんも素敵☆ 本屋で平積みされているのを横目で見ながらじっと我慢していたのですが、 ついに… このレビューの続きを見る

昨日の夜にひーちゃんに借りた東京タワーを読みました。最近話題のあの本ですね。 私は宣伝などで「泣ける!」と言われるものって大抵泣くのですが この本も例に漏れず。でも泣くの中身が違う。 涙腺崩壊どころ… このレビューの続きを見る

210万部を売り上げた、人気小説ということで、 読んだ方も多いのではないでしょうか? もしくは、もこみち主演ドラマをご覧になったとか 私は、本を読んだのですが、 じんわりと、独特の雰囲気が心地よく、 … このレビューの続きを見る

東京タワー、高校の宿題で読まなきゃいけなくて(課題図書)、いい時期にお母さんが予約してたのがきたので読みました。 読む予定は全くなかったんだけど、読んでよかったです。 最後の方ちょっと泣けた。すてきなオカンだった。

ドラマを最終回までちゃんと見たのって、この東京タワーと 華麗なる一族だけだったなぁ、今回の冬クール。 この「東京タワー」はドラマが凄く個人的に染みてきちゃって、 それで原作を探しにいって手に取った。 … このレビューの続きを見る

最初の辺りは 普通に読んでたんですけど 中間のあたりで どんどん引き込まれていくのが解って クライマックスのあたりなんか 抜け出せなくなってました(笑 おかんの大切さだとか 人間の死だとか 色… このレビューの続きを見る

リリーさんが最愛の母・オカンについて語る自伝的小説。 これほどまっすぐ母への思いを綴った本に、はじめて出逢った気がします。 これは大都会東京に惹かれ焦がれて、なにかをめざすために上京し、はじきとばされ… このレビューの続きを見る

読み終えました。 話に聞いていたとおり、不思議なくらいに、 終盤涙が止まらない。 ほとんどの人に当てはまる親子関係を題材にするってちょっとずるいよなーとも思うけど、 それにしても理屈なしに泣ける泣け… このレビューの続きを見る

リリー・フランキーってこんなの書く人だったのか。 平凡ということ、コモンセンスというものについて改めて考えさせられる。 子供に対するオカンの愛情の深さ。 ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる。

あたりまえの出来事がこんなに幸せだったなんて。 まっすぐな親子の愛がこの本には詰まっています。

1ヶ月もかけて読む本ではないんですけど。。。 遅くなりましたが、昨夜読み終えました! 後半は特にあっという間で、昨日帰りの電車で読んでいて「これはあとは家で一人で読まないと」ってとこまで来たんですね。… このレビューの続きを見る

2007.02.18

14:56:By

今更ながら読み、泣いた。(先月の話)

ドラマを見て、原作を読んでみたいと思い、読んでみました。 母親と子供との間の愛情が、とても良く書かれた小説でした。 小説を読んで、自分の母親のことを考えさせられました。 母親からの愛情に対して、感… このレビューの続きを見る

母と子とは、家族とは。リリー・フランキーの自伝的小説。 テレビドラマをみて、原作を読んでみたくなって読みました。 うまい、といわざるを得ない。 一般的なベストセラーというものを特に信奉しておら… このレビューの続きを見る

東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン すごく泣けて面白い! 出張途中の新幹線の中で人目も気にも止めずに… また…本を開いて読んでました これだけの愛情を築ける家族とは、家族の形とは… オカンとボクと、オトンが見つめる三様の東京タワー  親と家族を思いながらひとりでも多くの方に読んで頂きたい

関連する商品