>
[Amazon] めぐらし屋

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

めぐらし屋
めぐらし屋で自分のブログにレビューを書く

めぐらし屋

おすすめ!3.5 [3.5](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:651733位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4620107115(毎日新聞社)
めぐらし屋のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.5 [3.5]

めぐらし屋

08:04:By nhosan's works

ごく普通な人達が送る日々の感じがしながら色々と起こる事、繋がる事は普通な感じがしない生きている人、亡くなった人自分の気持ちも考えさえも手のひらからこぼれてつかみきれないのに自分以外の人の事なんてじっさいまったくつかめないそれでもこの文章を読んでいるとおだやかな空気につつまれたそんな気持ちになってひととき自分もおだやかなのだと錯覚をもらえる

3.5

読んだ本

22:11:By Le jardin de vert

 本を借りたり、買ったりする際に参考にしているのが、 FM YokohamaのMORNING STEPS内の番組、Books AtoZ。 Fヨコアナウンサーの北村浩子さんがおススメの本を紹介する番組なのですが、 普段自分が踏み込めな… このレビューの続きを見る

 日曜日の午後、急ぎの郵便を出しに本局へいったついでに図書館に寄った。いつも満杯の駐車場が数台あいていたのだ。ラッキー。とりあえず数冊借りる。また堀江さんの本を借りちゃったなあ、と思いつつ戻った… このレビューの続きを見る

情念のない女性を男性作家が、ここまで書くことに敬服。 大きな物語があるわけでもないのに、主人公の蕗子さん(ネーミングもいいです!)が ぶつぶつ・・私の横で独り言をつぶやいているみたい。 はんなりとした 良いもの。 装丁のイメージ、ぴったりでございます。 堀江ファンではないと、話の展開も盛り上がりもないので、つまらなく思えるのかも? で、★みっつ。個人的には、4つ半。

−−−−−−−− わからないことはわからないままにしておくのがいちばんいい。 記憶と謎に導かれ、蕗子さんが向かった先は…。著者待望の最新小説。 −−−−−−−−

めぐらし屋

22:45:By 肉桂と薄荷

亡くなった父が借りていたアパート部屋の整理に出かけた娘、蕗子。 そこで蕗子は父のものらしいノートを発見した。「めぐらし屋」と書かれている。 不思議に思っていると部屋の電話が鳴った。父が亡くなったのを知… このレビューの続きを見る

3.5

めぐらし屋

23:08:By ほんのひとこと

亡くなった父の部屋を整理するために蕗子さんが ひょうたん池のくびれにあるアパートにいると 「めぐらし屋」宛てに電話がかかってきた。 亡くなる前の父のことを知らなかった蕗子さんは 「めぐらし屋」を紹介… このレビューの続きを見る

ほわほわとした雰囲気のちょっぴりなぞの・・・・ 書くのむずかしいですね〜 なんだかなーんにも考えたくないときとか読むといいかもです。(3/11読・45冊目)

3.5

めぐらし屋

00:20:By At the moment

淡々として繊細な、とても丁寧なものがたりでした。 父の死後、遺品整理に向かった「蕗子さん」(40代)が、「めぐらし屋」という生前の父の謎に出会うお話なのだけれど、だからといってそれは謎解きではなく、よ… このレビューの続きを見る

地方の町でひとり静かに暮らす蕗子さん。 大学卒業後、地方の中堅企業に勤めて20年ほどになる。 ある日、離れて暮らしていた父の遺品の中から「めぐらし屋」と題されたノートを見つけた時から、物語が始まる。

3.5

めぐらし屋

21:52:By ぼちぼち

とある地方の町にひとり静かに暮らす蕗子さん。 大学卒業後、地元の中堅企業に勤めて二十年ほどになる。 ある日、離れて暮らしていた父の遺品の中から 「めぐらし屋」と題したノートを見つけたときから、 物語… このレビューの続きを見る

就職してから、あっというまに20年が過ぎてしまった蕗子(ふきこ)さん。 虚弱体質で、ほわんとした雰囲気の蕗子さんの日常がやわらかく、どこか懐かしい風情で紡がれていく。 父は、近しい感じはするのに距離を… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品