DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed パラドックス13 - 東野 圭吾 のレビュー全38件 JUGEMブログ

>
[Amazon] パラドックス13

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

パラドックス13
パラドックス13で自分のブログにレビューを書く

パラドックス13

おすすめ!3.4 [3.4](38件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:362231位
  • Amazon価格:¥ 1,836
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4620107395(毎日新聞社)
パラドックス13のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(38件) 3.4 [3.4]

パラドックス13

13:52:By 読書家宣言

    

JUGEMテーマ:読書  東野圭吾の“パラドックス13”を読みました。 日本時間で3月13日の午後1時13分13秒、それから13秒間が地球にとって運命の時間となる…。 警察官の冬樹は命令を破って犯人の車に飛びついた。 … このレビューの続きを見る

久々東野圭吾さん。 ものすごい数の著書があるはずなのに、図書館にはほとんどおいてない(借りられてる) 相変わらずすごい人気。 でも、私は正直言ってあまり好みではない。 この作品は特に東野さんらしく… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  なーんかねぇ。 設定がすっごく面白くて、引き込まれて最後まで一気に読んじゃったんですけれども。 引っ張って引っ張って引っ張って最後「あ、そんな感じっすか」みたいな。 「使命と魂のタイムリミット」と似たようなニオイでした。 デブが犠牲になるっていうのがデブには辛いの。(笑)

3.4

パラドックス13

14:22:By kira* kira*

引っ越ししてから二ヶ月。 まだ毎日何かしら忙しく、この本も読めないまま返却か と諦めかけていたけれどなんとか読了。 手紙とトキオを足して映画化を意識したような作品。 作品の中に電波時計についての件が… このレビューの続きを見る

パラドックス13/東野圭吾

16:16:By

  図書館に置いてあったから借りてみた。 ミステリーじゃなくてSF? なぜ地球がこうなるかという読解はなく、 こうなった地球で暮らしていくこと、 元に戻ること を人間的に見ていく漂流教室やドラゴンヘッドみたいな感じにみえた。 漫画化されたらいいかも。

3.4

パラドックス13

08:54:By 白い本棚

東野圭吾の小説のファンです。 この人のたくさんの小説を読みましたが、 がっかりした本はないです。 パラドックスってどんな意味?と息子に聞いたら、 「矛盾」と教えてくれました。 3月13日午後1時13分1… このレビューの続きを見る

図書館の貸し出しではかなり人気のあるほうです。 と言うことで、私も思わず借りてしまいました。 時空のゆがみから  突然、人が消えて、東京に残された人は13人 大雨や洪水そして度重なる地震で東京は崩壊寸前… このレビューの続きを見る

昨年発売された東野圭吾さんの作品です。 図書館で順番がやっとまわってきました。 『13時13分からの13秒間、地球は“P-13現象”に襲われるという。 何が起こるか、論理数学的に予測不可能』 という設定で始まるお話… このレビューの続きを見る

3.4

パラドックス13

16:57:By 雑記

ああ、東野圭吾週間。 実母が東野圭吾に嵌り中につき、がんがん貸してもらえます。 母がこれはスゴイ、映画2012のCMの映像を思い出すよコレは、早く読め、等々言っていて期待して読み出した。 東野圭吾こん… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】警察官である久我冬樹は、宝石店襲撃事件を担当し、その犯人の追跡を行っていたのだったが、突如彼に襲い掛かった事態に彼は驚愕する。なんと、周りにいたはずの人々が忽然と姿を消してしまって… このレビューの続きを見る

3.4

パラドックス13

21:45:By くねくね式

地球規模で起きた超常現象のために、パラドックスの世界に飛ばされた13人の人間達。 彼等は生き残るべく、力をあわせる・・・ 分厚い割りに読ませます。 ただ、意外性はないかなぁ。 現象そのものの不思議より、生き残るための人間模様がメインですね。

P−13現象が起こって。。。ちょっとしたSFっぽい世界が舞台起きる現象が何かというよりはそれによって起こった世界で人はどう考えて生き延びるか文字にしてしまうとけっこうありきたりパターンっぽい感じになっちゃいますね(^^;個人的にはちょっと内容にものたりなさを感じましたでもこれくらいの方が読んで人の気持ちや状況に自分も色々反応できるのかもしれませんもう少し短かったら読書初心者でも入りやすいかなあ

JUGEMテーマ:読書  13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界 が出現した。なぜ我々だけがここにいるの… このレビューの続きを見る

パラドックス13

23:41:By

3月13日午後1時13分13秒、それから13秒間が地球にとって運命の時間になる。 しかし、何が起こるかは論理数学的に予測不可能。 そして、次の瞬間、想像を絶する過酷な世界が出現する。 この世界に生存するのは13人… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般   ● パラドックス13 / 東野圭吾  ● 毎日新聞社  ● 1785円  ● 評価 ☆☆☆ 一般市民には知らされていないが、 3月13日、13時13分からの13秒間は地球にとって運命の時間になるという… このレビューの続きを見る

  途中、なんでだかわからないけれど 恩田陸っぽい……と思っていたのだけど オチが恩田さんの作品よりすかっとした感じ。 ほかのSF?的のものを 読んだことがないので、そう思うのかも。 えーっと東野圭吾じ… このレビューの続きを見る

3.4

しあわせー♪

11:56:By ランデヴー

  2009年4月以来まったく長編小説が読めてなく やっとこさ読むことができました! しかも東野氏の最新作2作を。 この先はネタバレ含みます・・・・。

やっぱりすごいな〜東野圭吾。何がすごいって、読ませる読ませる。結構厚い本だけど、本当に一気に読んだ上に、あっという間に読んでしまいました。13という数字は存在に怪しさがありますよね。P−13現象という… このレビューの続きを見る

13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらい… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。

3.4

帯にそそられて

01:24:By TUGU

 東野圭吾 まったく興味がなかったのですが、完全に帯にそそられて買いました。 イメージとしては謎解きミステリー作家と思っていたのですが 超SF。 映画化しそうな匂いがプンプンと でも好きな内容です

3.4

パラドックス13

14:25:By

来ました東野圭吾。売れに売れている東野圭吾。この本は、極上のノンストップパニックエンターテインメントです。SFを下地にしてますが、話の舞台作りとその切っ掛けにSFテイストが使われているだけで純粋なSFでは… このレビューの続きを見る

ブログサボり中でした。 ここ最近は、いろいろとリズムが良くない。 体調を崩したり、公私共にスケジュールに無理を重ねて 集中力をきらしたからか、仕事でもミスが出たり。 自己管理というか、そろそろ無理がき… このレビューの続きを見る

忘れた頃に図書館から届きました。 いわゆるパニック本。"P-13"現象によって突然人間が消えてしまう。残された数人の男女が集まって、地震や大雨などの災害に見舞われる東京で生き残りをかけて行動する、と云う粗筋… このレビューの続きを見る

どんな題材でも、そこそこ面白くなるというのは、東野さんのすごいところかな〜と思いつつ……。 でもまあ、今回は、そこそこ止まりでした。 普通に面白くは読めたけど、最初から最後まで、特に意外性がないというか… このレビューの続きを見る

「運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。“奇跡”のラス… このレビューの続きを見る

パラドックス13

15:38:By T_plus!

最初の入りで出来事の描写があんまりなく、起きた出来事の現実感みたいなのがあんまり無かったんですが、水溢れて来た辺りでようやくなにかが迫ってきました(遅!) 基本的にはおもしろいんですが、何か色々思うと… このレビューの続きを見る

ひょっとしたら、彼らには月が2つ見えてたのかもしれない… でも、ずっと雨だったから、月は見えなかったかもしれない 【あらすじ】 13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”… このレビューの続きを見る

13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われた。 人は一瞬にして消失。残された人間はのはわずか13人。 生きようとする13人。 それを拒むかのように繰り返される過酷な自然現象。 論理と倫理。 謎の現象が生… このレビューの続きを見る

夏は読書

02:47:By 浮草な日々

と言いつつも、年中読書してるんだけど。 ナツイチとか始まると夏だなーと思います。 ハードカバーのほうが好きだから、あまり文庫は買わないんだけども。 毎年似たようなのだから大体は読んでるはずなのに、フェ… このレビューの続きを見る

paradox.

12:45:By

ぱらどっくす。 読みました。 自分の考えがまとまらなかったので・・・、 Amazonでみんなの感想も見てみました。 カンニングだ。笑 話はおもしろく、一気に読めてしまう勢いがあった。 後半もうもどかしくなっち… このレビューの続きを見る

★★★☆☆ *あらすじ*(BOOKデーターベースより引用) 「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」東野圭吾 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想… このレビューの続きを見る

13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13現象… このレビューの続きを見る

東野圭吾さんの最新作「パラドックス13」を読みました!

JUGEMテーマ:オススメの本 久しぶりに衝動買いしてしまったハードカバー。 衝動買いにふさわしく、一気に読んでしまう1冊となりました。 ネタバレ含みます。 東野圭吾作品のネタばれはかなり致命的なので気をつけ… このレビューの続きを見る

 世界が変われば善悪も変わる 人殺しが善になることもある これはそういうお話です  と東野圭吾さんの言葉が載っていました 運命の13秒 人々はどこへ消えたのか このパラドックス13 という本は とてもインパクトのある興味深い文ですね これからの話題作になりそうですね!!

 「世界が変われば善悪も変わる。  人殺しが善になることもある。  これはそういうお話です」東野圭吾  運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?  13時13分、突如、想像を絶する過酷な… このレビューの続きを見る

関連する商品