>
[Amazon] この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)で自分のブログにレビューを書く

この世でいちばん大事な「カネ」の話

おすすめ!3.8 [3.8](39件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:20760位
  • Amazon価格:¥ 1,000
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4652078404(理論社)
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(39件) 3.8 [3.8]

 お金は大事だよね。もちろん命が一番大切だけど、命を維持するには金が必要。そこを理解しないで全てにおいて「金より大切なものがある」とか綺麗ごとぬかしてる人は客観性が無くて頭足りないと思う。なかなかの壮絶な人生を送ってきた西原さんだからこそ書けるカネの真実で、良作。子供が早いうちに読むといいと思う。

JUGEMテーマ:読書  どん底だった、あのころのこと。「貧乏」は、札束ほどにリアルだった。「働く」はもっと、「しあわせ」につながっていい。だから、歩いていこう。自分の 根っこを忘れないために。大切… このレビューの続きを見る

12:00起床。 録画していた仮面ライダーフォーゼを視聴。 最後、糞ワラタ。 昨日、知人と声優の話をしてスゲー盛り上がったんだけども ここ何年かで会社で話題の合う人間がひとりもいなくなってしまった。 知… このレビューの続きを見る

「崖っぷちのエリー」というドラマが今、TBS系列でやってますが、それの原作本。昔から西原理恵子が好きで、漫画の著作としては全て読んでる大好きな作家さん。今回のこの本については、実は読んだのは最近。漫… このレビューの続きを見る

BLC

16:50:By 犬に論語

 いまさらながら読んだよ、「この世でいちばん大事な「カネ」の話」。泣いた。この表紙って法律的にOK?「もしドラ」込みでのAKBブレイクか。。。

 西原理恵子さんが書いた「カネ」についての本音の話。  う〜ん、なんというか力強いというか、子ども向けとして書かれているのですが、誰もが手に取るべき内容だと思われます。キレイごとではないホントのお金の… このレビューの続きを見る

ネタが尽きてきたので、読み終わった本の感想でも(笑)。何かの雑誌のエッセイで知った西原さん。今の世の中、不安がいっぱい。安定しているようでも、どこで人生変わるか分からない。女性が自分で収入を得ること… このレビューの続きを見る

小さい頃から、「友だちとお金の貸し借りは、してはいけません」と育てられました。 そして、「お小遣いが足りなかったら、はっきり言いなさい」と育てられ、 「欲しいものがあったら、何でも言いなさい」と育てら… このレビューの続きを見る

 新聞に載っていて、気にはしていたのですが、 ブックオフに売っていたので 速攻で購入。 「毎日かあさん」のアニメの原作者というイメージしかなかったんですが、 物の見事に覆される内容でしたね。 想像を… このレビューの続きを見る

 お金の話かと思いきや、西原さんの自叙伝。自叙伝なのですが、西原さんがお金をどのように考えているのかを直球というか、体当たりで教えてくれる本です。最近読んだ本の中では、一番胸の奥に響いた本かも。 … このレビューの続きを見る

 サイバラの本はどれも好きで、よく読み返したりしているのですが、これは「カネ」を入り口に展開される人生論、サイバラ作品の集大成みたいだな。と感じました。 月並みな感想だけど、希望を見つけた。という… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 人気漫画家の「お金」にまつわる自伝。 実の父親はアル中、二人目の父親はギャンブル狂という環境の中で、小さい頃からお金に向き合わされてきた著者の、きれいごとなしのお話です。 読みなが… このレビューの続きを見る

 昨日の続きのノリで良かった本を紹介したくなったので、またまた。本日はこちらこの世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) 私はこの本が西原入門だったのですがコミカルな表紙と裏腹に読んでて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書最近ちょっと注目の西原理恵子さんの本です。 よりみちパン!セというヤングアダルト用新書なので、本当は 私みたいな大人が読む本ではないのかもしれないけど、本当の 大人が読んでもおもしろ… このレビューの続きを見る

幼い頃からの環境から抜け出したくて、必死にがんばってきた西原さんのエッセイ。親が貧乏だと、やっぱり子供も貧乏って確立、高いと思う。そこから、いかに抜け出すか。自分の子供をそんな環境におかないために、どう努力するか。がんばる事をやめて、今ある環境に身を任せてしまうことは簡単なことだけれどそれじゃいつまでたっても抜け出すことは出来ない。お金は人の人生を狂わせてしまうんだと感じさせてくれる一冊でした。

   つい先日読んだもの。  親が子どもに教えづらいこととして、「性教育」と「カネの話」である、とかかれてましたが、まさしくその通りだと思う。  前者はおいといて、我が家でカネに関する教育といえば… このレビューの続きを見る

 むさぼるように、一気に読んだ。 大学の就職課は、くだらない自己分析なんてやらせてないで、 学生全員にこの本を配れ。 西原理恵子と言えば、ギャンブル&大負けという漫画を思い出すが、 この本は射幸性… このレビューの続きを見る

火鍋

16:58:By 欲望トラッカー

昨年の頭から会社の人とほぼ月イチで食事をしている。 そもそも知己の2人に交ぜてもらう形だが いつも私までごちそうになってしまう。 金払いがキレイなのって美徳ね。 お金に使われちゃダメだ。使わなきゃ。 四… このレビューの続きを見る

 「エチカの鏡」で西原理恵子さん特集してましたね。 ちょうど最近この本を読んだところでした。 すごい良かったです。 私もいろいろ人生について考えているときなので、 西原さんの一生懸命な生き方には 勇気をもらいましたー。 行っていたジムが同じだったのですが、 そのジムがつぶれちゃってからは お見かけしてないです。 西原さんの漫画、いろいろ読んでみたいです。

◆お金を稼ぐということ◆ mixi某コミュ某トピでちょっと紹介してしまったので、レビュします。 とはいえ、サイバラせんせの自叙伝であり、せんせの凄さはあちこちで語りつくされてるからなあ。 ただ最近の活動… このレビューの続きを見る

YA向け読み物レーベル「よりみちパン!セ」から刊行の西原理恵子の「お金」を書いた自叙伝と人生訓です。西原さんがお金のことを書くって時点でこれは読まねば、と。 最近厚くてムズカシイ本ばかり読んでいた気… このレビューの続きを見る

休日の過ごし方にあれこれと悩んだけど 結局一番好きなことをする方針に決定。 図書館➔音楽聴きながらお散歩➔本屋さんで本購入 ➔買った本を読みながら、まったり昼食付き たいやきを… このレビューの続きを見る

この本、面白いです。面白いといっては失礼かもしれませんが。。 それだけ、僕からしてみると、過酷な子供時代を著者は送っているんですね。 「銭ゲバ」というドラマがテレビでやっていますが、いつも見るた… このレビューの続きを見る

久々に買った西原さんの本。 目次を見た時はなかなか面白かったから買いました。 まだ読んでいないので評価ままだ先。 送り仮名ふっているから年代関係なく読めるのかな? ちゃんと読みます。

 なんだかちょっとやる気でた。

JUGEMテーマ:趣味 西原理恵子さんの半生を、実体験をベースに 「毎日かあさん」のようなあったかい話ではなくて お金にまつわるリアルで生臭い経験を赤裸々に書かれています。 貧困・暴力・仕事・自由・ギ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review 久々に現実的かつためになる本を読んだ気がする。 理想や夢なんて浮ついたものはいっさいなし。怒涛なまでの「カネ」の話。 今読んでおいてよかった! 心のバイブルが増えました。  

JUGEMテーマ:読書 西原理恵子さんによる、   活字一本勝負の画期的な一冊 なぜわれわれは、子どもに「金」の教育ができないのだろう!? カネがなければ一家離散、カネがなければ一家心中。カネがなければ… このレビューの続きを見る

週末は借りた銭ゲバを読みました。 ケンイチスキーですが、怖いのでドラマは見ておらず。 銭ゲバ、絵がかわいいしデフォルメされてるからあまりドカンとはこなかったけどグロい。小畑健氏で描かれたらゾッとする。そして最初に死んだ兄ちゃんはいったい。あの人いい人だったじゃないか。回想しなよ>< さて、サイバラさんです。漫画じゃなくてエッセイっぽいのかな。

「毎日かあさん」とあわせて読むといいですよ。 なんというか、いろいろと。内容的には「毎日かあさん」が本当に好きなんですけどね!

 売れっ子漫画家である著者が自伝的内容をからめつつ 「カネ」についての哲学を真面目に語った本です。 著者の放つ独特の筆致・強烈な画風のギャグマンガの裏に こめられた思いや計算、貧乏に苦労してきたからこそ… このレビューの続きを見る

以前にも、西原理恵子のマンガが「タダモノではない」領域において 書かれてある、ということは話しました。西原さんのマンガは、軽い 気持ちで、「単なるヘタウマ絵の体当たりルポルタージュ」として笑い 飛ば… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これは、凄い。思わず、銭出して買った。 名言がいっぱいある。ガキ向けにしとくのは惜しい。読め、オトナが。 どこかに、自分にしっくりくる世界がきっとある。 もし、ないとしたら、自分で… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 西原にカネ。微妙ですよね。私もそう思った、買って読むまでは。

自分の中の「ダメなところ」を、 そんなに恥じることはないんだよ。 肝心なのは、だめになったら、 そこからどう切り返すかなんだから。 どうやったらそこで「自分なりの次の一手」を打てるかなんだからさ。 … このレビューの続きを見る

たまにはレビューとか書いてみる。 西原理恵子がカネについて語っている本。 どうやら高校生あたりをターゲットにしたシリーズのうちの1冊のようなんだけども。 このシリーズ、他にも玉袋筋太郎の著作もあった… このレビューの続きを見る

よりみちパン!セなんでお子さま向けです。 漢字にはいっぱいルビが打ってあります。 話は、あの西原さんです。 思った通りの話でしたが、「白馬に乗った王子が実はヒキガエルになる」ってこともあるから、… このレビューの続きを見る

「金融」とか「経済」とか、 そんなややこしい単語なんか必要ない。 この世で一番大事な「カネ」を知る。 そんな本。 最後には、なぜか泣けた。 第1章 どん底で息をし、どん底で眠っていた。     「カネ」がな… このレビューの続きを見る

関連する商品