DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 戸村飯店青春100連発 - 瀬尾 まいこ のレビュー全32件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 戸村飯店青春100連発

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発で自分のブログにレビューを書く

戸村飯店青春100連発

おすすめ!4 [4](32件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:363951位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4652079249(理論社)
戸村飯店青春100連発のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(32件) 4 [4]

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学… このレビューの続きを見る

大阪コテコテの町にある戸村食堂の息子、ヘイスケとケイスケのお話です。 コテコテにちょっとついていけないヘイスケは高校卒業と同時に家を出て東京へ行き、こってこての大阪人のケイスケはなんとなくお店を継ぐ気持ちでいます。 そんな二人が、いろんな人や考え方に触れてちょっとだけ大人になって、今までとは違う自分のあり方みたいなものが見えてくるわけなのです。 これが、また、超青春!もちろんラブもあるんだぜー。

読書ブログで人気のある 瀬尾まいこさんを読んでみる。 『 図書館の神様』 やる気のない新任教師(しかも不倫中)の部分はリアル。 文芸部の生徒や弟のやわい所は非現実的。 『戸村飯店青春100連発』 この… このレビューの続きを見る

日付弄り再読。タイトルと表紙で損をしていると思う。ギャグっぽいのかと避けていたけど、全然違う、素敵な青春小説。兄と弟、それぞれの視点で書かれていて、わたし自身が姉だからか、兄の方の気持ちがよくわかって面白く読める。瀬尾まいこの作品の中でも特に好きなおはなし。

 おすすめの本を紹介しています。 出版社/著者からの内容紹介 切っても切れないくされ縁?さわやか爆笑コメディー。

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校… このレビューの続きを見る

 戸村飯店 青春100連発  受賞歴 : 瀬尾まいこ  受賞歴 : 第24回坪田譲治文学賞 受賞

4

戸村飯店青春100連発

17:41:By

JUGEMテーマ:読書 もう、大好きな本。 ってか、読んでいてあったかくなってじんわりとくる本。 始めは弟の目線からはじまるんだけど、その時はお兄ちゃんがかなり勝手な人間だなぁって思って、こんな人間いるのか… このレビューの続きを見る

「さわやか爆笑コメディー」って全然「コメディー」じゃないじゃん! 2、3回泣きそうになったよ! 人の温かさを感じられる小説。やっぱり瀬尾さんの書く話はいいなあ。 戸村兄、ヘイスケが好きだ。わたしも上の子なので、ヘイスケほど要領も見た目もよくないけれど、気持ちは分かる……

「戸村飯店青春100連発」瀬尾 まいこ 328p理論社 大阪の下町にある中華料理店の戸村飯店には、年子の二人の息子がいる。 長男・ヘイスケ、次男・コウスケ。 二人は 見かけも性格も 真反対だと 次男のコウスケは考えている。 とはいえ、親から 見れば きっと 同じだと思うわ。 どっちも いい子だよ。ウン。

<私が書店員なら間違いなく本屋大賞にこの作品を推すだろう!とにかくひとりでも多くの人に手に取ってほしい。> 大阪の下町(住之江あたり)で中華料理店“戸村飯店”を営む家に育った兄弟の成長物語。 兄の… このレビューの続きを見る

4

戸村飯店青春100連発

09:20:By 読書LOG

 

器用で顔もよく要領もいい長男ヘイスケと ごついこてこての関西人の次男コウスケ。 関西のノリについていけないヘイスケは 小説を書くことを理由に東京に出て 残されたコウスケは選択の余地もなく 店を継ぐも… このレビューの続きを見る

「戸村飯店青春100連発」(瀬尾まいこ) 要領がよくて自分勝手。いつもへらへらしているくせに、顔だけはいいから女の子にモテまくる。とにかくあいつはいけ好かない。 長男のくせに家を継がずにさっさと東京に… このレビューの続きを見る

コテコテの大阪の下町にある戸村飯店。 格好良く、何でも要領良くこなす兄のヘイスケと、お調子者で、みんなから好かれる弟のコウスケ。ヘイスケは関西のノリにどうしても馴染めず、高校卒業と共に関東に出て小説… このレビューの続きを見る

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校… このレビューの続きを見る

なんかタイトルはすごいけど(笑)。 ちょっぴり切ない青春物語、、かな。 笑えるところもあったりしておもしろかったけれど。 連作短篇で、最初のひとつは、 以前「Re:born」で読んでいました。 その… このレビューの続きを見る

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校… このレビューの続きを見る

大阪にある中華料理店、戸村飯店。 そこには、顔も頭もよくて、さらには要領もよくてモテまくりな高校3年生ヘイスケと 頭は良くないし、あまりモテないが、誰からも愛されるキャラの高校2年生のコウスケがいた… このレビューの続きを見る

内容紹介 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京… このレビューの続きを見る

「ごつい」なりで、どこまでもまっすぐな性格のコウスケ。「涼やかな」なりで、何事も要領よくこなすヘイスケ。大阪の下町にある中華料理店「戸村飯店」の兄弟二人は、見た目も似ていなければ、性格もまるで違う。… このレビューの続きを見る

人間がいかに他人の言動を勘違いして行動してるかということをすごく感じました。 でも最近こういう青春ものは壁一枚隔てた向こう側の話、という感じがして感動が薄いんですよね…。読めるときに読まないと読めなくなると凄く思いました。今は暗いというか無機質というかそんな気分なので推理小説(?)とか新しいところを開拓したいです。

なんか良かった。やっぱり瀬尾まいこは良いね。みんなが優しい。優しくなろうとしている。人に対して、きちんと相手の気持ちを思いやろう、そういう自分でいようとする事が優しさなのかも、ね。 物語はコウスケ… このレビューの続きを見る

 大阪にある戸村飯店には、正反対なタイプの兄弟がいる。器用で要領がよく、見た目もよくてモテるけれど、実は内心周囲と自分との違和感を感じ続けていた兄ヘイスケと、単純で短気だけれど、明るくて人当たりもよ… このレビューの続きを見る

瀬尾まいこさんの新刊が発売されていたので買っちゃいました。 タイトルが瀬尾さんのイメージではなかったのですが、読んでみたらやはり瀬尾さん。 関東育ちでいま関西住まいの私には「そうそう!その気持ちわか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/5/6 [理論社HPより] 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。一番大切なことは近すぎて見えないもの。単純でバカでかっこわるいけどかっこいい男子の姿を見事に描いた、瀬尾まいこ・渾身の一作。

内容紹介 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。一番大切なことは近すぎて見えな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  既刊2冊を積ん読にしている瀬尾さんですが、これはあっという間に 読んでしまいました。   腐れ縁の兄弟ものと聞いて、『間宮兄弟』みたいなのを想像していた のですが、ま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介 瀬尾さんの作品の温かさが満載の本でした。 兄弟っていいな。 自分が一人っ子なので特に思いますね。 近くにいるときは、余り言葉も交わさず仲が悪いのかと思えるのに、 本当はと… このレビューの続きを見る

4

戸村飯店青春100連発

04:16:By Buch

中華料理屋の年子兄弟を中心とした物語。 なんでもそつなくこなしてしまう兄をみつめる弟と、いつも話題の中心にいる弟をみつめていた兄。性格も外見も正反対、仲も良くない。そんな二人が繰りなすストーリー。 … このレビューの続きを見る

大阪、住ノ江にある中華料理店、戸村飯店の2人の息子は、見た目も性格もまるで正反対。 アホで不器用だけどまっすぐな兄弟を追いかける、さわやか爆笑コメディー。

関連する商品