>
[Amazon] アーキテクチャの生態系

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アーキテクチャの生態系
アーキテクチャの生態系で自分のブログにレビューを書く

アーキテクチャの生態系

3 [3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:33245位
  • Amazon価格:¥ 2,052
  • ユーズド価格:¥ 30
  • ISBN/ASIN:4757102453(NTT出版)
アーキテクチャの生態系のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3 [3]

興味深い本でした。後半どうかと思いましたが、前半はおもしろく読めました。著者はアーキテクチャ→環境管理型権力と記していますが、簡単に言えば、我々が意識せずとも、機能、システムから物理的に規制され、働き… このレビューの続きを見る

 「アーキテクチャの生態系」 なんとも小難しいタイトルですが、読んでみると、「なるほど!」と何か謎がとかれていくというか、視界が開けていく感じで、とても面白い本です。 扱っているのは、ここ最近、… このレビューの続きを見る

 学環生なら読まねばなるまいよ。 さらっと読めます。ちょっと頭に残りづらいけど。 下の書評がぐだってるのは、疲れのせいです。多分。-- 以下のようなものが前提となる論点。  ?物による規制の内面化  ?… このレビューの続きを見る

これは読んでてまじ面白かった!!!!ネット好きな人は読んだらなるほどな〜と発見が多いと思う。ただこれ、私の母のようなネットをほぼ利用しない人がネットって何だろうと思って導入編で読むとわけが分からなく… このレビューの続きを見る

以前薦められた本。「仕組み」とか「構造」というものが琴線に触れることを再確認できた。まずアーキテクチャとはなんなのかという話。1.任意の行為の可能性を「物理的」に封じてしまうため、ルールや価値観を被… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書昨日のつづきです。メモです。意図せずに公共的なものをつくってしまった場合はどうなるのか?そもそも、数十年前はこんな心配は滅多におこらなかった。だって、テレビが中間層と大衆をつく… このレビューの続きを見る

このなかで紹介されている 「真性同期」「選択同期」「擬似同期」 という考え方がおもしろかった。 以下、おおざっぱにまとめると、 セカンドライフは「真性同期」。 ユーザが本当に同じ時間を共有するから。 … このレビューの続きを見る