DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed “文学少女”と穢名の天使 - 野村 美月 のレビュー全16件 JUGEMブログ

>
[Amazon] “文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)で自分のブログにレビューを書く

“文学少女”と穢名の天使

おすすめ!4.2 [4.2](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:263496位
  • Amazon価格:¥ 648
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4757735065(エンターブレイン)
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 4.2 [4.2]

JUGEMテーマ:読書  うまいなあ。相変わらず。 どろどろを描いているんだけど、何せ、文学少女があんなキャラだから、そうそうどろどろにならずに済んでいるというか。 取り敢えず、オペラ座の怪人とトゥーランドットの舞台は見てみたいなと思う所存。

野村 美月著(挿絵:竹岡美穂)、ファミ通文庫 ”文学少女”シリーズ第4弾。すっかりハマっています。 今回は、心葉君に恋するツンデレ娘、ななせちゃんがメインのエピソード。 ガストン=ルルーの「オペラ座の怪人」… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ライトノベル 「それは、『オペラ座の怪人』を最後まで読まなければ、わからないのよっ!」 「(前略)自分から、水戸さんとの思い出を穢さないでっ!」 それは憎しみでも、怒りでも、呪詛でもな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書去年に続き今年度もラノベ大賞一位となった文学少女シリーズ第4作目。 瞳子さんが受験シーズンに入り影薄くなるんじゃ?と危惧してましたが、重要な場面ではこれまで通り大活躍してくれました。 … このレビューの続きを見る

唐突に4作目を読んでしまいました。 ご近所の図書館で借りられる中で一番古いのがこれしかなかったんですよ。 本当におもしろい本は、シリーズの途中を読んでもおもしろいはず、という理屈で読んでみました。 う… このレビューの続きを見る

じわじわ集めている本のうちのひとつ、”文学少女”シリーズ。 夏ごろに完結したらしいですね。はやく追いつきたいものだわ。 ・・・・やっと買いました。シリーズの中では4冊目ですね。 ”文学少女”シリーズは、… このレビューの続きを見る

「才能なんて、とてもあやふやなもので、それを測る明確な方法なんて、これまでもこれからもないのに……。才能という幻想は、ときに凶器となり、人を傷つける。」(三章「天使は闇から見つめている」より)  “文学… このレビューの続きを見る

先日古本屋で半額で発見しました 丁度読んだことないのがあって本当に嬉しい ずっと疑問だった琴吹さんと心葉の関係もようやく納得がいきました 今回のテーマは「オペラ座の怪人」 これは図書館の展示をやる… このレビューの続きを見る

何か中古の値段が凄いコトになってますな文学少女4巻。 今回は久々にめさ面白かったです。 やっぱりキーパーソンがこれまでに出ていない第3者でなくとっても身近な子だったツンデレ娘・ななせちゃんだったからで… このレビューの続きを見る

文芸部部長、天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛している この“文学少女”が、何と突然の休部宣言!?その理由に呆れ返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。 一方では、音楽教師の毬谷の手伝いで、ななせと一緒に放… このレビューの続きを見る

 前巻が怒涛の引きだったので、ドキドキしながら続きを待っていたのだけど、残念ながら美羽の件は今回はお預け。でもそんな肩すかしも気にならないくらい今回も読み応えあったなあ。というわけで今巻のモチーフ… このレビューの続きを見る

4.2

穢名

08:58:By TROUBLE MAKER

文学少女シリーズ4作目、琴吹さん大活躍の巻でした 前3作と微妙に違って、ヒロインの文学少女が前半 ほとんど出てきませんでした。ちょっと残念。 その分主人公が頑張るのですが微妙に役に立ってるんだか 立ってないんだか・・・いえ、そもそもそういうキャラなんですけど。 今気づいたんですけど文学少女シリーズって 出版エンターブレインなんですね。

何をどう読めばいいのかイマイチ理解できない変な本でした。 石田敦子さんの漫画のような怨念をまるで見出せないのに、女子はみんな酷い目にあうという。

GWも中盤戦、いかがお過ごしでしょうクドリャフカです。 5/1、2と有給取得の私めは高速飛ばして横浜へ買い物へ行ってきました。JRで行くよか断然早いっす。でもってクイーンズスクエアの駐車場にピットイン。ここ… このレビューの続きを見る

7章ラストで号泣してるので、次のページはまだめくっていません。 夢の世界に浸るために、物語というのはとても便利な通行手段です。 しかしそれは麻薬の様に、溺れてしまってはもう二度と抜け出せないのです… このレビューの続きを見る

毎回、むかつきながらも最後に持っていかれる最高傑作。 今回の文学は、オペラ座の怪人でした。 今回は文学少女より、琴吹ななせが大活躍? 2人の距離が急接近!? 心葉君は、心を打ち砕かれ、いつも以上に… このレビューの続きを見る

関連する商品