DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed “文学少女”と慟哭の巡礼者 - 野村 美月 のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] “文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)
“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)で自分のブログにレビューを書く

“文学少女”と慟哭の巡礼者

おすすめ!4 [4](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:369312位
  • Amazon価格:¥ 670
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4757736851(エンターブレイン)
“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 4 [4]

JUGEMテーマ:読書  これは、痛い!痛いぞ、思い切り! 記憶の中の、愛らしい彼女が、実は、というか。 そして、文学少女の無敵っぷり。安心出来るけど、何だかなあ。 それにしても、彼女が成長したなあ。

JUGEMテーマ:ライトノベル 「(前略)賢治の物語は、敗北と慟哭の物語なのか?」 「そうじゃない……わね?」 「(前略)いつの日か、自分が心に描いたような、そんな自分になりたいって。  美羽ちゃん、あなた… このレビューの続きを見る

野村 美月著(挿絵:竹岡 美穂)、ファミ通文庫 ”文学少女”シリーズ5作目。 今回のモチーフは誰もが知っている名作、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」です。 アニメにもなっているので、もしかしたら1作目の「人間失格… このレビューの続きを見る

以上3作。 「きみの友だち」は時系列を無視したオムニバス短編集とでも言えばいいんだろうか。 最後の最後は個人的にはいらなかったと思うけど、キャラクターは一貫していて安定感があった。 「文学少女」シリー… このレビューの続きを見る

実にいい最終回でした…… え、まだ続くの?!(笑)って、あ、遠子先輩の問題が残っていたか。 いい話だったんだが、前々回のななせちゃん以上に、気の毒だったよ!芥川君の不憫ぷりったらなかったよ!悲しみを通… このレビューの続きを見る

文学少女シリーズ、真打ちの前哨戦。遂に本物の"美羽"登場です。 ネタバレ全開でいきます。 やはり、今までの心葉君が見ていた彼女は幻想… というよりは彼女の1面に過ぎなかった。 美羽ちゃんは心の底から心… このレビューの続きを見る

ゴメン!これ第一作を越えたよ! 美羽の謎を、回収します・・・この本で。 そして最終章に向かう最大の謎を残して、終わります。 心葉くんは、ようやく、「美羽」と言う籠から一歩足を出した。 今回のモチー… このレビューの続きを見る

本当の幸いとはなんだろう。 少なくとも、お金をたくさん持っていたり、会社で出世したり、 そんな男の人と結婚したりすることではないはずだ。 だって、うちの人たちは、いつも不平を言ったり、 怒ったり… このレビューの続きを見る

賢治は、農学校の先生をしていたとき、生徒に尋ねたそうよ。 『人間は何故この世に生まれたか?』って。 賢治自身は、こう答えているわ。 『人間は何故生まれてきたか、  ということを知らなければな… このレビューの続きを見る

たまにはラノベレビュー。 ここ最近読んだ中で、一番よかったのが文学少女シリーズ。 ミステリーと文学作品を絡ませて、主人公とその周辺の人々の成長とか信念とか苦悩が上手に描かれてて、台詞も素敵すぎてたま… このレビューの続きを見る

ビター&スイートな物語、衝撃と感動の第5弾! 遠子の受験・卒業を目前にし、寂しい思いにとらわれながらも、 ななせと初詣に行ったりして、和やかなお正月を迎える心葉。 だが、ななせがケガをし、入院先に見舞… このレビューの続きを見る

 相変わらずすこぶる付きの面白さ。切なくも穏やかな読み口なのに、不意に揺り落とされそうな激しさを含んだこの独特の雰囲気は、やっぱり何者にも代えがたいこの作品の魅力だなと改めて思えるなあ。物語最大のト… このレビューの続きを見る

清く正しく美しく実にベタなメンヘル/サイ子さん萌え小説。面白すぎて涙が出ちゃう。おなかが捩れそうだわわ!! 作者さん絶対ここの常連だと思う、まず間違いなく。

「(略)本の表紙を開ければ、そこで、誰かの想像に出会うことができるわ。そうやって、ページをめくって、少しずつ……心の中に想像を蓄えてゆくの。一人で、寂しいと感じたら、本を読んでみて。誰かの心にふれてみ… このレビューの続きを見る

昨日(?)まで今月刊なことすら知らなかったへたれですいません。 早速読みました泣きました(3回)元気でました。 ぼろぼろ泣いちゃうんだけど、 今回は悲しいとかとは全然ちがったなぁよくわからなかったや。 … このレビューの続きを見る

関連する商品